チョコレートダイエットはミルクチョコレートでもOKって本当?

みんな大好きなチョコレートでダイエットできると話題になりましたね。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

チョコレートでダイエットできるなんて、嘘のような本当の話。

わりと成功している人も多いようです。

 

「でも、どうせカカオ70%以上のチョコレートでしょ」

と思っているあなたに朗報です。

甘くて美味しいミルクチョコレートでもOKだという情報があるんです。

チョコレートダイエットのやり方を再確認

まずは「チョコレートダイエット」のやり方を再確認してみましょう。

失敗したという口コミを見て、挑戦すらしなかった人もいるかもしれません。

1日3食、栄養バランスの良い食事をする

チョコレートダイエットのやり方は、チョコレートを食べるだけではありません。

栄養バランスの良い食事を1日3食しっかり食べることが推奨されています。

 

なぜなら栄養バランスが悪いと、痩せにくい体質になってしまうからです。

ただし食事の量は、いつもより少なめにしましょうね。

食前に16g、1日に50gのチョコレートを食べる

1日50g(板チョコ半分程度)を目安に、カカオ含有量が多いチョコレートを食べるダイエット方法です。

ただし食事の量を減らすためにチョコレートを食べているわけですから、食事を食べ過ぎないようにしましょうね。

 

チョコレートを食べるタイミングですが、食事との間隔が10~20分ほど空くと良いと言われています。

3食前に食べるので、1回につき16g程度。

ただし、間食を防ぐために食べたいなら、さらに小分けにするよう調整してください。

カカオ含有量が多いチョコレートを選ぶ

チョコレートダイエットでは、カカオ含有量が70%以上の物を選ぶように推奨されています。

空腹時に一片のチョコレートを食べることによって、間食を防げるでしょう。

 

チョコレートはカカオ豆からできていますが、カカオ豆をつぶしてカカオマスができます。

その中には糖分と脂肪分が含まれていて、その脂肪分を「カカオバター」と呼びます。

だから血糖値が上昇するんですね。

ミルクチョコレートでもダイエットで成功する理由

ミルクチョコレートとカカオ含有量が多いチョコレートの違いを確認してみましょう。

そこに理由が隠されているはずです。

ミルクチョコレートの方が低カロリー

カカオ含有量が多いチョコレートには、カカオマスから採れる「カカオバター」が含まれています。

実はこのカカオバターのカロリーが高かったんです。

ふつうの甘いミルクチョコレートよりも、カカオ含有量が多いチョコレートの方がカロリーは高いんですね。

 

でもカカオバターは脂肪になりにくく、悪玉コレステロール値を下げるはたらきがあるため、ダイエット効果が期待できるのです。

 

そう考えると、どちらが良いのか迷うところです。

補足をすると、ふつうのミルクチョコレートでも、カカオ含有量は35~40%くらいは含まれているそうです。

食前に血糖値を上げることが目的

そもそもチョコレートダイエットは、食前に血糖値を上げて、食べ過ぎを防ぐという方法です。

ふつうのミルクチョコレートは甘いですから、もちろん血糖値は上がります。

 

そう考えると、やはりミルクチョコレートでもOKのような気がしますよね。

実際バレリーナが食べ過ぎを防ぎ、エネルギーを補給するためにふつうのミルクチョコレートを食べているらしいですよ。

 
参考:mam’s up 掲載記事

何だかミルクチョコレートでもOKのような期待が高まってきましたね。

カカオ含有量が多いチョコレートでしか得られない効果

ダイエット効果に関しては、ミルクチョコレートでもOKと考えて良さそうですね。

ただカカオ含有量が多いチョコレートは、ダイエット効果以外にもたくさんの効果が得られるんです。

美肌効果・ニキビ予防

カカオ含有量が多いチョコレートには、抗酸化作用が高いポリフェノールが豊富に含まれています。

そのためアンチエイジング効果が得られるので、美肌効果やニキビ予防にも役立ちます。

女性には嬉しい成分ですよね。

病気予防・冷え性改善

カカオ含有量が多いチョコレートなら、冷え性を改善する効果が期待できます。

また、さまざまな病気予防の効果や悪玉コレステロール値を下げる効果も、カカオ含有量が多いチョコレートの方が良いでしょう。

チョコレートに含まれる「フラボノール」が、その効果を発揮してくるからです。

ストレス解消・リラックス効果

高濃度のカカオには、ストレスを解消してリラックスできる効果が期待できます。

ストレスを感じたときにチョコレートを一片食べると、何だかホッとした経験はありませんか。

それはカカオによる効果だったんですね。

【結論】目的によってチョコレートを変えよう

チョコレートダイエットで食べるチョコレートの種類についてご紹介しました。

結局どちらのチョコレートを食べれば良いのでしょうか。

 

美智
ダイエット効果だけならミルクチョコレートでもOK!

という結論です。

もし抗酸化作用の高いポリフェノールを摂取したいなら、カカオ含有量が多いチョコレートをおすすめします。

 

チョコレートに含まれるポリフェノールは、赤ワインよりも多いと考えられます。

「美肌効果やリラックス効果なども欲しい!」

という人は、迷わずカカオ含有量が多いチョコレートを買いに行きましょう。

スポンサーリンク