睡眠ダイエットの効果を上げる痩せるホルモンをどんどん出そう

睡眠ダイエットってご存知でしょうか。

いわゆるオーバーナイトダイエットのことです。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

睡眠中には痩せるホルモンが分泌されているため、良質な睡眠をとると痩せやすい体質になると言われています。

やり方を注意点をご紹介しますね。

そもそも睡眠ダイエットって何?

寝ているだけで痩せるなんて、信じられないとおもうかもしれませんが、実際にアメリカのコロンビア大学の研究で明らかになったそうです。

睡眠時間が5.5時間以下だと、太りやすくなってしまうんだとか。

一週間で4kgの減量も可能

睡眠ダイエット、いわゆるオーバーナイトダイエットは、ボストン医療センターのアポヴィアン博士が考えたダイエット方法です。

なんと1週間で4kgの減量に成功した人もいるそうです。

高タンパクのスムージーがポイント

睡眠ダイエットは、1週間のサイクルを繰り返す方法です。

まず1日目には高タンパクのスムージーだけを飲みます。

「スムージーだけなんて、結局ふつうのダイエットと同じじゃない?」

 

と思うかもしれませんが、ただのスムージーではありません。

高タンパクですから、豆腐や豆乳、プロテインなどをスムージーに入れるのです。

スムージーの作り方のポイントは3つ!

①プロテイン30gもしくは無脂肪のヨーグルトを入れる

②牛乳か豆乳を入れる

③フルーツ2種類、野菜3種類までを入れる

 

美味しそうなスムージーレシピがあったのでご紹介します。

 
Cpicon 健康的!ラズベリー高タンパクスムージー★ by ElisabethF” target=”_blank”>

睡眠中には痩せるホルモンが分泌される

睡眠中には痩せるホルモン(成長ホルモン)が分泌されると言われています。

筋肉量をアップして、脂肪が蓄積しにくくなる効果が期待できるのです。

美肌のためには22~2時のゴールデンタイムに眠っていると良いと言われていますが、この効果の源が、まさに成長ホルモンなのです。

 

ただし、良質な睡眠を取っていないと、残念ながら成長ホルモンは分泌されません。

そのため安眠効果を高めるために、寝る前の過ごし方が睡眠ダイエットでは非常に重要になってくるでしょう。

オーバーナイトダイエットのやり方とは?

オーバーナイトダイエットのやり方を間違えると、結果が出ないことがあります。

正しい睡眠ダイエットのやり方をチェックしてみてください。

1週間のうち1日は高タンパクのスムージーを飲む

1週間の1日目は、高タンパクのスムージーをだけを飲みます。

スムージー以外は食べてはいけない決まりになっています。

この1日を乗り越えれば、あとの6日間は比較的すきな食べ物を食べることができます。

6日間は高タンパク質の食事をとる

睡眠ダイエットのやり方で、残りの6日間は高タンパク質の食事をとることです。

タンパク質は筋肉量を増やし、脂肪の蓄積を抑えるはたらきがありますよね。

ダイエット中の食事では、お肉などを控えがちですが、タンパク質を多めに食べましょう。

 

脂身の少ない豚ロースやたまご、チキンや魚などがおすすめです。

そして寝る3時間前には夕食を食べ終わることが大切です。

眠るときに胃が空っぽになっていると、安眠効果がアップすると言われています。

寝る前のハチミツで安眠効果アップ

睡眠ダイエットの効果を高めるには、寝る一時間前にハチミツをスプーン1杯程度飲むと良いと言われています。

成長ホルモンの分泌が活発になり、睡眠ダイエットの効果がアップするということです。

睡眠で痩せるために注意すること

睡眠ダイエットでは、痩せる効果を発揮させるために気をつけることがあります。

注意点を守って1ヶ月以上続ければ、効果を感じられることでしょう。

睡眠の質を上げるため夕方以降はカフェインを摂らない

カフェインには目覚まし効果がありますので、安眠の妨げになるのはご存知ですよね。

そのため少なくとも夕方以降には、カフェインの摂取を控えた方が良いでしょう。

コーヒー、紅茶、緑茶などは控え、ハーブティーやノンカフェインの健康茶が良いですね。

 

とくに睡眠の前には、カモミールティーやラベンダーティーなどを飲むとリラックスできるでしょう。

ハチミツを入れて飲めば、ちょうど良いですね。

寝る3時間前からアルコールは飲まない

睡眠ダイエットの注意点は、寝る3時間前からアルコールは飲まないことです。

お酒を飲むと良く眠れると勘違いしている人がいますが、じつは安眠を妨げているんです。

アルコールを飲むと麻痺して眠くなるような錯覚を起こすのです。

 

そのため3時間前には飲酒を控えましょう。

ただワインにはリラックス効果もあるようなので、グラスに1杯程度を3時間前に飲むと良いかもしれません。

午前3時までに寝て7~9時間の睡眠をとる

睡眠ダイエットのいちばん重要なポイントは、7~9時間の睡眠をとるということです。

とくに成長ホルモンの分泌が活発になる22~3時までの間に眠っていることが望ましいです。

 
[char no=1 char=”みちこ”]理想的な睡眠時間は22~5時の7時間です[/char]  

もしどうしても無理なら、どんなに遅くとも2時までには布団に入りたいですね。

そこから7~9時間の睡眠をとることで、痩せるホルモンが分泌されます。

眠りについてから3時間が、いちばん成長ホルモンの分泌が活発になるそうです。

免疫力アップで健康的にダイエットが可能

睡眠ダイエットは、痩せる効果だけでなく、健康維持にも大いに役立ちます。

成長ホルモン、いわゆる痩せるホルモンは、病気予防などの作用もあると言われています。

そのため免疫力をアップして、健康を維持することができるのです。

 

お肌の調子を整えて、美肌に導くはたらきもあります。

ストレスの緩和など、精神的な疲労も回復してくれることでしょう。

睡眠は、人間の健康になくてはならないものなのです。

スポンサーリンク