今日から実践!簡単にできる痩せてる人の10の習慣とは? 

痩せてる人って、何か特別なことをしているのかな? と思いますよね。
でも実は、簡単にできる習慣を実践しているだけなんです。

これからご紹介する10個の習慣をあなたが生活に取り入れるだけで、あなたも今日から痩せてる人の仲間入りです。
今もし自分が太っていると思うなら、太っているのではなく、痩せる途中だと認識することも必要です。

太っていると思うと、自信がなくなり、投げやりな気持ちになったりするからです。
マイナス感情をすべて排除しろというわけではありません。

必要以上に自分を卑下する必要はないということです。
そして、この10項目をクリアできたら、あなたはきっとすぐに痩せてる人になれますよ。

①カーテンを開けて朝日を浴びる

痩せてる人の習慣は、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びることです。
朝日を浴びると、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されます。
朝から気分よく過ごすことができる最高の瞬間です。

そして朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。
体内時計がリセットされると、休息モードだった体が、活動モードに切り替わります。
つまり朝からパワー全開で行動することができるのです。

②朝起きたら白湯を飲む

痩せてる人の習慣は、朝起きたら白湯を飲むことです。
寝起きの体は、水分不足の状態です。そこで水分補給することが大事なんです。
でも冷たい水では、胃腸に負担がかかります。

そのため白湯がベスト。
でも便秘気味の人は、冷たい水のほうが腸が活発になると言われています。
自分に合っているほうを選んで飲みましょう。

③ストレッチをしてから準備をはじめる

朝は血行が悪くなっていますので、痩せてる人の習慣はストレッチから始まります。
白湯を飲んで水分補給してからでないと、血液がドロドロ状態なので意味がありません。
まずは水分補給することを忘れないでくださいね。

そしてストレッチに決まりはありません。自分の体が気持ち良く伸びるストレッチをすれば良いでしょう。
とくに下半身の血行を良くしておくことは大切です。下半身は血行が悪くなりやすいからです。
さらに伸びをして、全身を伸ばすことも大切ですよ。

④朝食は食べるけど1日3食にこだわらない

痩せてる人の習慣は、朝食を食べることです。朝食を抜くとエネルギー不足で、集中力に欠けます。
それでは勉強も仕事も充分にできませんよね。
だから朝食は食べたほうが良いでしょう。

そして痩せてる人は、1日3食たべることにこだわりません。
時間が来たから食べるとか、もったいないから食べるという気持ちがありません。
あくまでも自分がお腹空いているから食べるというスタンスを守っています。

つまり無駄に食べ過ぎることがないということですね。
一番むずかしいのが仕事中の昼食ですが、お腹が空いていないなら15時の休憩で軽食を食べても良いでしょう。
すると夕食を少なくする効果も期待できますよね。

⑤空腹感がなくなったら食べるのをやめる

痩せてる人の習慣は、空腹感がなくなったら食べるのをやめることです。
お腹が空いたら食べる。お腹が空いてなかったら食べない。
空腹感がなくなったら食べるのをやめる。

すっごくシンプルですよね。
自分の正しい欲望にしたがって行動することで、人生で進むべき道が見えてくるような気がします。

⑥ノンカロリーの飲み物を飲む

痩せてる人の習慣は、食べ物だけではありません。
飲み物を飲む時は、なるべくノンカロリーのものを飲むようにしています。
たとえば水やお茶がメインで、一息つく時にはブラックコーヒーなどを飲むこともあるでしょう。

でも絶対にノンカロリーと決めているわけではありません。
カフェラテが飲みたい時は飲みますし、ジュースが飲みたくなったら飲みます。
でも日常的には飲まないということです。

⑦会社帰りは遠回りして歩く

仕事が終わったら、緊張が解けてリラックスタイムに突入です。
痩せてる人は、オンとオフの切り替えも上手です。
そして会社帰りには、遠回りして歩くことを習慣にすることも多いです。

余裕があれば運動靴を持って行けば、歩いても足が痛くなりませんよね。
痩せてる人は「ダイエットするぞ!」と意気込まず、毎日の生活にちょっとした運動を組み込んでいるのです。
たったそれだけで、消費カロリーも大幅にアップしますよね。賢いやり方です。

⑧靴下を履く

痩せてる人は、体を冷やさないようにしています。
オフィスでも寒いと感じたら靴下を履いたり、ブランケットをかけたりしています。
とくに下半身の血行が悪くなりがちですから、下半身を冷やさないようにしていることが多いです。

また寒い時は首がつく場所を温めます。足首、手首、首などを温めると、全身がポカポカしますよ。
家にいる時は、なるべく靴下を履いて足を冷やしません。
それは夏でも冬でも変わらないでしょう。

⑨ゆっくりお風呂に浸かる

痩せてる人は体を温める一環として、シャワーではなく、お風呂に浸かる習慣があります。
お風呂に入ると体温が上がります。すると免疫力もアップするんですね。
血行も良くなりますから、健康と美容の両面で効果アリです。

またゆっくりとお風呂に浸かることで、1日でたまった疲れを解消することもできます。
お風呂はリラックスタイムに最適なんです。
何もしないで、ボーっと考え事をすると良いでしょう。

良いアイデアが浮かぶのは、たいてい一人の時間が多いのです。
バスタイムは、一人になるのに最適な時間です。

⑩好きな物は我慢せず、たまには食べる

痩せてる人の習慣は、好きな物は我慢せずに、たまには食べることです。
芸能人やモデルならともかく、ふつうの人はそこまでストイックになる必要はありません。
むしろ芸能人やモデルでも、好きな物を食べる日があったりします。

高カロリーな揚げ物や、砂糖たっぷりのケーキなど、食べたい時は食べましょう。
そのほうがメンタル的にも良い効果があります。
大切なのは、ストレスをため過ぎないこと。適度なストレスは緊張感になりますが、多すぎるストレスは不要です。

【まとめ】痩せてる人の習慣は人生を豊かにする

痩せてる人の習慣をご紹介しました。どれも簡単にできることばかりですよね。
「よし、やるぞ!」と意気込まずに、できることから生活に取り入れていきましょう。

痩せてる人の習慣を実践することで、人生が豊かになっていくと感じられるはずです。
ぜひ、あなたも痩せてる人の習慣を取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク