形のいいお尻になる美尻エクササイズ!

日本人と欧米人ではお尻のカタチがちがうと言われています。
そのため欧米人が考案したエクササイズなどを日本人が実践すると、思ったようなボディメイクができない場合が多いのだそう。

それじゃ、一生懸命がんばった意味がありませんよね。
日本人には、日本人に合ったエクササイズが必要なんです。

では、どんな方法で美尻をつくれるのか、くわしく見ていきましょう。

残念なお尻のカタチって、どんなの?

日本人のお尻の特徴は、骨盤が後傾していることが多いです。それは歩き方や立ち方を見ればすぐにわかります。
外国人から見ても、歩き方で日本人だとわかるそうです。では、どんな残念なお尻のカタチがあるのか見ていきましょう。

垂れ尻は脂肪が原因

加齢や運動不足などにより、脂肪がつきやすくなりますよね。
するとお尻にも脂肪がついて、重力によって下に垂れてきます。これが垂れ尻です。
お尻が大きくて悩んでいる人は、垂れ尻の可能性が高いでしょう。

扁平尻は骨盤の後傾が原因

お尻の凹凸がなく平らなお尻は、残念ながら魅力的なお尻ではありません。
これを扁平尻と言います。日本人に多いお尻の形と言えるでしょう。

また骨盤が後傾していることが原因でも、扁平尻になる可能性が高いです。
とくに加齢とともに骨盤が後傾してくることも考えられます。

出っ尻は反り腰が原因

出っ尻は、一見ほかのお尻の形よりも良い気がしますが、これも魅力的なお尻ではありません。
お尻そのものがプリっと上向きなら良いのですが、反り腰が原因で出っ尻になっている可能性が高いです。

魅力的なお尻は、小さくて出っ張っている上向きのお尻です。
お尻そのものをヒップアップできるようにしましょう。

四角尻は日本人に多い別名「ピーマン尻」

日本人に多いと言われている四角尻、別名「ピーマン尻」は、いくつかの原因がからみ合っています。
筋力不足、脂肪、骨盤の後傾など、悪い要素のオンパレードですね。

日本人女性はお尻が出っ張っていないほうが良いと考えることも多く、お尻を小さくしようとする傾向があります。
しかし男性から見ると、やはりお尻のふくらみがあるほうが魅力的に見えるのです。
では、どんな方法で美尻をつくれるのでしょうか?

お尻の形が悪くなる原因

お尻の形が悪くなる原因は、どんなことが考えられるのでしょうか。

筋力がおとろえて脂肪が多い

お尻の形が悪くなる原因は、お尻の筋力がおとろえて、さらに脂肪も多いことが考えられます。
それは運動不足や加齢が原因だと言えるでしょう。

毎日少しずつでもエクササイズをすることで、ヒップアップすることができますよ。

座っている時間が長すぎる

お尻の形が悪くなる原因は、座っている時間が長すぎるのかもしれません。
デスクワークの人は、長時間ずっと座りっぱなしですよね。

それは仕方のないことですが、小まめにトイレに行ったり、飲み物を取りに行ったりなど、イスから立つことが大切です。
ずっとお尻をつぶしっぱなしにならないように、何か工夫しましょうね。
座り方については、これからご紹介します。

形のいいお尻になる方法

形のいいお尻になる方法は、ふだんの生活の中で改善できることが多いです。それでは、どんな方法があるのか見ていきましょう。

座り方に気をつける

形のいいお尻になる方法は、座り方に気をつけることです。
座り方によっては、お尻をつぶしている可能性があります。

イスに座る時は、お尻ではなく太ももの付け根をイスに当てるように座ると良いでしょう。
お尻をつぶさないように気をつけて座りましょう。

歩く時に力を入れる

形のいいお尻になる方法は、歩く時にお尻に力を入れることです。立っている時も同じですね。
女性のお尻を魅力的にするには、ハードな筋トレは必要ありません。

ふだんのちょっとした心がけで、上向きお尻をつくることができるでしょう。
何気なく立っている時や歩いている時に、意識的にお尻を締めるように心がけましょう。

下着えらびも大切

形のいいお尻になる方法は、下着えらびも大切です。
とくにお尻が全部入るような大きな下着をえらぶと良いでしょう。

カッコ悪いと思うかもしれませんが、ここぞという時以外は人に見られることはありませんよね。
普段づかいの下着は、可愛さよりも機能性でえらびましょう。

ウエスト・お尻・骨盤・太ももの血行促進

形のいいお尻になる方法は、お尻まわりの血行を良くすることが大切です。
ウエスト・お尻・骨盤・太ももの血行を良くするように、ストレッチなどをすると効果的です。

いちばん簡単な方法は、股関節を開くストレッチです。

床に座り、足裏同士をくっつけます。
手を太ももの上に置いて、そのまま上体を前に倒します。
顔が足に着くくらいまでストレッチしましょう。

たったこれだけで、股関節ストレッチ・骨盤矯正ができます。
では、骨盤の歪みだけでなく、開きも改善できるエクササイズをご紹介します。

美尻になるエクササイズの準備

美尻になるエクササイズをする前に、まずは骨盤の歪みと開きを矯正しましょう。

骨盤の歪みと開きを矯正する

仰向けに寝て、膝を立てます。足をお尻に引き寄せて、かかとをお尻にくっつけるようにします。
持てれば足首をつかんで、片方ずつ足を内側に倒します。膝を床につけるようなイメージでおこないましょう。交互に20回くらい繰り返します。
次に両膝を同時に床につけます。できれば膝をくっつけて、無理ならこぶし1個分開いてOKです。
そのまま数十秒間キープします。膝の高さが同じになるようにして、上下に軽く揺らします。
足裏同士をくっつけて、股関節を開きます。かかとがお尻につくようにして、リラックス。

美尻になるには、骨盤の歪みと開きを矯正すると同時に、股関節もストレッチすることが大切です。
これを毎日やることで、骨盤矯正にもなり、美尻をつくることもできるでしょう。

日本人に合った美尻になるエクササイズ

美尻になるエクササイズは、欧米人のようなハードな筋トレは必要ありません。
日本人に合った美尻になるエクササイズをご紹介します。

ハート尻になる簡単ヒップアップエクササイズ

ボディワークプロデューサー直伝の簡単ヒップアップエクササイズです。

仰向けに寝て、手は体の横で床につきます。
両足を上に上げて、膝から下を脱力しながら、かかとでお尻を叩きます。
1日200回くらいが目安です。お尻をしっかりとほぐしてください。

うつ伏せになり、肘を肩の真下につきます。手のひらを床につけて、足を肩幅に開きます。
お腹を引っ込めて、両足を床から少し持ち上げます。そのまま3秒間キープします。これを5回くり返します。

お尻に力が集中していることを感じながら、やるのがポイントですよ。
これであこがれのハート尻が近づいてきましたね。

マシュマロ美尻になるヒップアップエクササイズ

次は、マシュマロ美尻になるヒップアップエクササイズです。きれいなお尻には、いろいろな形容があるのですね。

仰向けに寝て、両膝を立てます。
片足をななめ上に伸ばして、お尻を床からゆっくりと持ち上げます。
腰と上体が真っすぐになるように数秒間キープします。
これを8回くり返して、反対の足も同様におこないます。2~3セットを目指しましょう。

このヒップアップエクササイズは、骨盤まわりの血行を良くする効果があります。
骨盤まわりの血行が良くなると、お尻に老廃物がたまりにくくなりますね。

美尻になるには日々の努力を心がけが大事

形のいいお尻になる方法と、美尻になるエクササイズをご紹介しました。
美尻になるエクササイズは、つらいエクササイズではありませんが、毎日続けることが大切です。

どうしても毎日エクササイズをやらなければいけないわけではなく、座り方や歩き方など、トータルで習慣づけることが大切です。

日々のちょっとした努力で、きれいな美尻を手に入れることができますよ。

スポンサーリンク