医師も勧めるキャベツダイエット!美味しい食べ方で効果的に痩せる

キャベツダイエットの効果がスゴイということで、人気が出ているようなんです。
昔からあるダイエット方法ですが、それは「キャベツのみ食べる」という方法でした。

でも今回ご紹介するのは、食事制限はほとんどありません。
しかも肥満外来のドクターもおすすめしているダイエット方法だそうです。

そんなキャベツダイエットについて、ご紹介していきます。

キャベツダイエットのメリットとは?

キャベツダイエットのメリットとは、どんなことがあるのでしょうか。

外食でもやりやすい

キャベツダイエットは、外食でもやりやすいのがメリットです。
定食の付け合わせや、揚げ物に添えてあることも多いです。

また洋食でもサラダセットにすれば食べられます。
絶対にキャベツだけというわけでもありませんから、外食の場合はレタスや他の葉物野菜でもOKです。

簡単で経済的なので続けられる

キャベツダイエットは、何といっても簡単で経済的なのがうれしいポイントです。
キャベツの値段は変動しますが、そこまで高価な野菜ではありませんよね。

しかもどこにでも売っていますから、簡単に続けることができます。
続けることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

食事制限をしなくて良い

キャベツダイエットの最大のメリットは、食事制限をほとんどしなくて良いということ。
何を食べてはいけないというルールがないのです。

あくまでも、キャベツを食べることだけがルールです。
もちろん、ほかの食べ物を食べすぎると太りますのでご注意を。

キャベツダイエットの効果とは?

キャベツダイエットの効果は、どんなことがあるのでしょうか。

よく噛むので満腹感を得られる

キャベツダイエットの最大の効果は、満腹感があることです。
生のキャベツを食べるとき、よく噛まないと飲み込めないですよね。

よく噛むことで満腹感が得られますので、ダイエット効果が高いと言えるのです。
ゆっくり食べるのも効果的です。

食物繊維が豊富で便秘解消効果

キャベツダイエットの効果は、食物繊維が豊富で便秘解消の効果があることです。
ダイエット中は便秘になりやすいと言われていますが、キャベツダイエットならその心配は減りますね。

キャベツにはカリウムも含まれていますので、体内の毒素を排出するデトックス効果も期待できます。
余計な水分や塩分も排出してくれることでしょう。

低カロリーでたくさん食べられる

キャベツダイエットの効果は、低カロリーだからたくさん食べられることです。
食べる量は決まっていますが、お腹が空いたら間食の代わりに食べることもできます。

キャベツ1/6個で約39キロカロリーしかありません。
キャベツ丸1個食べても、235キロカロリー程度にしかなりません。
そのためダイエットに最適な食材なんです。

キャベツダイエットのやり方

キャベツダイエットのやり方をご紹介しましょう。

1/6個の生キャベツを食前に食べる

キャベツダイエットのやり方は、1日3食の食の食前に食べることです。
もし3食はきついという場合には、夕食前だけでもダイエット効果が期待できます。

そして1回で食べる量は、1/6個です。
少ない量ではありませんが、これくらいなら何とか食べられそうです。

10分間かけてよく噛んで食べる

キャベツダイエットのやり方は、10分間かけてゆっくりとよく噛んで食べることです。
よく噛んで、しかもゆっくり食べると満腹中枢が刺激されます。

食事をはじめて20分後に満腹中枢がはたらくと言われているため、なるべくゆっくり食べるようにしましょう。
そうすれば食事をはじめてすぐに満腹感がおとずれると考えられます。

5センチのざく切りにして食べる

キャベツダイエットのやり方は、千切りではなく、5センチくらいのざく切りにすることです。
千切りだと噛みごたえがなく、ダイエット効果が半減してしまいます。

しかし外食などではキャベツを食べないよりも、千切りでも食べたほうが良いでしょう。
家で食べるときは、ざく切りがおすすめです。

タンパク質をしっかり食べる

キャベツダイエットのやり方は、タンパク質をしっかりと食べることです。
ダイエット中はお肉などをひかえがちですが、タンパク質が不足すると代謝が低下します。

それは筋肉量が減ってしまうからなんですね。
筋肉量を保つためにも、タンパク質は欠かせません。

キャベツダイエットでは、1日あたり70gのタンパク質を摂るように言われています。
豚もも肉なら350gくらい、鶏ささみ肉なら300gくらいがタンパク質量75gの目安です。
この量を3等分して、1食で食べればOKです。

キャベツダイエットの食べ方

キャベツダイエットのやり方をご紹介しましたが、どんな食べ方があるのでしょうか。
毎回おなじでは、飽きてしまい続けられなくなってしまいます。

ノンオイルドレッシングをかける

いちばんオーソドックスな食べ方は、ノンオイルドレッシングをかけて食べる方法です。
いろいろなノンオイルドレッシングを買っておいて、気分によって変えてみるのも良いでしょう。
時間がない時でも、簡単にダイエットを続けることができます。

塩こんぶで漬け物にする

生のキャベツを食べるキャベツダイエットですが、そのままだと食べづらい人もいるかもしれません。
そんな人におすすめの食べ方は、塩もみすることです。

塩こんぶで塩もみすれば、キャベツの漬け物の完成です。
味に飽きたときなどにチャレンジしてみてくださいね。

生がベストだけど茹でてもOK

どうしても生のキャベツに飽きたという場合には、茹でてもOKです。
ダイエット効果を高めるには、もちろん生で食べるのがオススメです。

しかし茹でてもダイエット効果がなくなるわけではありません。
ただビタミンCが失われたり、食べごたえがなくなるくらいです。

食物繊維はこわれませんから、満腹感はそれなりにあると思いますよ。

キャベツダイエットは長期的におこなってみましょう

キャベツダイエットの効果ややり方をご紹介しました。
簡単で続けやすいのがポイントです。

キャベツダイエットの効果は高いと評判ですが、短期間で痩せられる方法ではありません。
なるべく長期的に痩せることを目標にしたほうが良いでしょう。

そのほうがリバウンドもなく、健康的に美しく痩せられますよ。

スポンサーリンク