内ももの間に隙間をつくる簡単エクササイズで美脚になる

内ももの間に隙間ができたら、スラっとした美脚になれるのに~っ!
と思っていませんか?

そうなんですよね。
太ももがピッタリくっついてると、何だか脚が太く見えてしまいます。

「この肉さえなければ」といくら睨みつけても、脚は細くなってくれません。
そこで今回は、内ものの間に隙間をつくる簡単エクササイズをご紹介したいと思います。

「えー、エクササイズとか苦手~」というあなたでも、簡単にできちゃいます。
安心してくださいね。

ではでは、さっそく内もも痩せの方法をご紹介しちゃいましょう。
と、その前に太ももの間に隙間ができない理由から見ていきますね。

なぜ太ももの間に隙間ができないの?

太ももの間に隙間がある美脚には憧れるけど、なぜ自分にはないのだろう?と思っていませんか。
太ももの間に隙間ができない理由をご紹介します。

脚がむくんでいるから

太ももの間に隙間ができない理由は、脚がむくんでいるからです。
脚って、体の中でもむくみやすい場所。

その理由は、地球の重力のせいなんです。
重力に負けて、血液が下にたまってしまうんですね。

筋肉がポンプの役割をして心臓まで血流を戻すのですが、脚の筋肉量が少ないと血流を押し上げる力が足りません。
そのため脚に血液がたまってしまいます。

血液とは別にリンパも全身に張りめぐらされているのですが、リンパは筋肉がポンプの役割をしてくれません。
そのため、とくにリンパの流れが脚でとどこおってしまうんです。後ほどリンパマッサージの方法もご紹介しますね。

X脚だから

太ももの間に隙間ができない理由は、X脚だからです。
O脚の人も太ももの間に隙間ができない人がいますが、それはむくみやすいことが原因です。

でもX脚の人は、脚が内側に曲がっているため太ももがくっついてしまうんですね。
ワタシもじつはX脚で、ずっとこれが悩みの種でした。

だから内ももの間に隙間をつくりたくて、内ももエクササイズを一生懸命やりました。
そして隙間ができるようになったんです。そのエクササイズ方法も、後ほどご紹介します。

脂肪が多いから

太ももの間に隙間ができない理由は、単純に脂肪が多いからです。
脂肪が多いということは、筋肉量も足りないことを意味しています。

そのため内ももエクササイズがおすすめですよ。
内ももエクササイズで筋肉量がアップすれば、血流も改善されてむくみも冷え性も解消されます。

しかも代謝がアップして、痩せやすい体質になれます。
太ももの筋肉は大きいですよね。大きな筋肉をきたえると代謝がアップすると言われています。

内ももの間に隙間をつくる簡単エクササイズ

内ももの間に隙間ができないのは、脂肪が多く筋肉が少ないことも原因でしたよね。
そこで内もも痩せができる簡単エクササイズをご紹介したいと思います。

【体験済み】内もも痩せに効果抜群エクササイズ

内もも痩せをしたいなら、効果抜群のエクササイズのご紹介です。
先ほどお話したエクササイズがこれです。効果が期待できることは、ワタシが実証済みです。

どうしても内ももがくっついてイヤだったんですが、このエクササイズをやったら隙間ができたんです!

とくにX脚のワタシは大変でした。
毎日片足100回ずつを3ヶ月つづけました。すると、いつの間にか隙間ができてたんです。

  • 右を下にして床に寝ころびます。
  • 右肘を肩の真下に着き、左足の膝を立てます。
  • 右足を上に上げます。上げ下げをくり返しましょう。
  • 反対側も同じようにやります。

体が後ろに傾かないように注意して、ひたすらテレビを観ながらくり返しましょう。
回数なんて数えなくてもOKです。ただひたすら続けます。
でも左右なるべく同じ回数がのぞましいです。

ジャンプスクワット

太ももを全体的に引き締めるには、ジャンプスクワットが効果的です。
でも膝に負担がかかりますので、着地したときに膝はしっかりと曲げましょう。

スクワットはやりすぎると筋肉がつきますが、脂肪が多かったり、むくみやすい人は心配いりません。
とくに女性は、そんなに簡単にムキムキにはならないので安心してください。

片足ヒップリフト

ヒップリフトは、ヒップアップ効果によって脚を長く見せる効果が期待できます。
またウエストや太ももにも効果が期待できるので、太もも痩せも期待できるでしょう。

両足をついた状態でやるのが通常のヒップリフトですが、内ももに効かせるには片足を上げた状態でやります。
片足上げることで、内ももに負荷がかかるのがわかりますよ。

脚やせエクササイズ:脚パカエクササイズもアリ

これは脚やせエクササイズのフルコースですね。
この動画の中で、内もも痩せに効果のある、通称「足パカエクササイズ」も収録されています。(13:56あたりが、ちょうど足パカです)

ワタシがやった脚やせエクササイズと、結構かぶってます。
その頃のワタシは、脚やせしたい症候群で、いろいろと考えてやってました。
効果はありましたよ。

続けることが大切です。
短期間で細くしようと頑張りすぎずに、長期戦で頑張ってみてください。
どれも簡単なエクササイズですし、脚からヒップアップまで幅広く効果が期待できます。

美脚が手に入るリンパマッサージ

次にご紹介するのが、先ほどお話したリンパマッサージです。
ワタシはこれを毎朝おこなっています。
テレビを観ながらできるので、おすすめですよ。ワタシは基本的に、テレビを観ながらできることしか長続きしません(笑)

モデルさんがやっているリンパマッサージなので、説得力がありますよね。
ワタシが独自にやっているリンパマッサージと、ほぼ同じです。
これプラス、ワタシは足裏もおこなっています。

足裏には全身の反射区があります。反射区とは、そこをツボ押しすることで、内臓や全身の調子をととのえることができるツボのことです。
またリンパマッサージは、あまり力を入れ過ぎないことがポイントです。

ワタシも力を入れ過ぎて、内出血したことがあります。あなたも気をつけてくださいね。
アザみたいになって、悲惨です。
リンパは皮膚のすぐ下にありますから、力を入れなくても充分に流れを良くすることができますよ。

美脚になりたいなら努力次第で確実に効果が出ます

内もも痩せに効くエクササイズやマッサージなどをご紹介しました。
美脚になりたいなら、毎日継続することで確実に効果が実感できます。

あきらめないで続けることが大切です。
むくみタイプの人は、1週間くらいで効果を感じられるでしょう。

でも脂肪タイプの人は、1ヶ月以上は継続が必要になるでしょう。
内ももの間に隙間をつくるためにも、ぜひ実践してみてください。

本当に効果を感じたエクササイズのみをご紹介したので、決して後悔はさせません!

スポンサーリンク