MCTオイルは、なぜダイエット効果があるのでしょうか。

メディカルフード・コーディネーターの壇条美智子です。

 

MCTオイルダイエットのやり方や飲み方、摂取量目安をご説明していきますね。

MCTオイルの注意点もあわせてご紹介します。

MCTオイルダイエットって何?

MCTオイルダイエットって、そんなに効果あるのでしょうか。

「そもそもMCTオイルって何?」と思っている人のために、ご説明します。

中鎖脂肪酸100%のMCTオイルで痩せる

ダイエットには脂肪になりにくい中鎖脂肪酸を取ると良いと言われていますよね。

ココナッツオイルで話題になりました。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が約60%なのに対し、MCTオイルは中鎖脂肪酸100%です。

ちなみにMCTとは、Medium Chain Triglyceridesの略で、中鎖脂肪酸のことです。

MCTオイルはココナッツオイルが元になっているので、ココナッツオイルとも呼べますね。

加熱すると150℃くらいで煙が出る

MCTオイルは、加熱調理には向いていないオイルです。

加熱すると150℃くらいから煙が発生するようです。

 

だから、くれぐれも揚げ油などには使わないようにしましょう。危険です

加熱調理ではなく、でき上がった料理にかけるという利用方法にしてくださいね。

スポンサーリンク


MCTオイルのカロリーは高い?

MCTオイルはダイエット効果があるのに、じつは意外とカロリーが高いんです。

大さじ1杯あたり135キロカロリーもあるんだとか。

それなのに痩せる効果が期待できるというのは、やはり中鎖脂肪酸だからなんですね。

 

中鎖脂肪酸はエネルギー代謝が早いので、体脂肪になる前に消費されていくという性質があります。

そのため体に脂肪がたまりにくいと言われているのです。

MCTオイルダイエットのやり方と飲み方

MCTオイルダイエットは、食事や飲み物にかけるだけなので簡単です。

では、どれくらいの量で、どんな風に飲めば良いのでしょうか。

スプーン1杯(小さじ2杯程度)を摂取する

MCTオイルダイエットのやり方は、スプーン1杯程度を摂取するだけの簡単な方法です。

1日の摂取量目安は30g程度なので、3回に分けて摂るなら、1回につき小さじ2杯分になりますね。

 

料理にかけたり、サラダのドレッシングにしたり、飲み物に入れて飲んでもOKです。

MCTオイルには、とくに香りも味もないようなので、何かに入れても気にならないそうですよ。

これだけ簡単なら、今すぐにでも始めたくなりますね。

コーヒーや豆乳と混ぜる飲み方

MCTオイルダイエットは、コーヒーや豆乳に混ぜて飲むのがおすすめです。

ダイエット目的ですから、脂肪を燃焼させる作用があるコーヒーや、美肌効果や便秘解消効果のある豆乳にすると良いでしょう。

 

「コーヒー+MCTオイル+無塩バター」というレシピは、「完全無欠コーヒー」と呼ばれ話題になっています。

MCTオイルと無塩バターは、それぞれ大さじ1~2程度です。

大さじ1杯が15ccですから、この飲み方なら1日1~2杯のコーヒーを飲めばOKです。

 

もしくは「豆乳+MCTオイル小さじ1~2杯」という飲み方も簡単ですね。

MCTオイルを摂りすぎるとどうなる?

MCTオイルは痩せる効果があると言っても、カロリーが高いので「太るのでは?」という心配もあることでしょう。

完全無欠コーヒーは太るんじゃない?

MCTオイルダイエットで話題になった「完全無欠コーヒー」は、無塩バターを混ぜますよね。

「バターとMCTオイルだとカロリー高くて太るんじゃない?」

という疑問を持つ人もいるはずです。

 

確かに無塩バターもMCTオイルもカロリーが高いので、気になりますよね。

無塩バターは大さじ1杯で115キロカロリー。

MCTオイルは大さじ1杯で135キロカロリー。

 

無塩バターとMCTオイルを大さじ1杯ずつ入れた完全無欠コーヒー1杯のカロリーは、250キロカロリーとなります。

コーヒー200ccで約8キロカロリーですから、大さじ2杯ずつ入れれば、500キロカロリー以上あります。

 

飲み物1杯で、かなりのカロリー摂取していることがわかります。

でもMCTオイルは中鎖脂肪酸ですから、無塩バターの脂肪分を吸収せずに、満腹感だけをもたらしてくれると考えられます。

適量を守っていれば、痩せる効果を発揮できるというわけですね。

MCTオイルの摂りすぎの副作用

MCTオイルに痩せる効果があると言うと、どうしてもたくさん摂ってしまう人がいます。

でも1日の摂取量目安を守っておかないと、下痢や胃痛、吐き気などの症状が起きる可能性があります。

適量を守ってMCTオイルを利用したいですね。

満腹感があるから我慢しないダイエットができる

MCTオイルダイエットの最大のメリットは、ダイエットに付き物の「空腹感」から逃れられることです。

MCTオイルは、「ケトン体」を増やしてくれます。

ケトン体が増えると満腹感を得られると言われています。

 

通常は糖質からエネルギーになっていくのですが、MCTオイルを摂取することで、脂肪から先にエネルギー消費されるように促すことができるのです。

MCTオイルを上手に利用したいですね。

 

みちこ

MCTオイルダイエットのポイント。

  1. MCTオイルは中鎖脂肪酸100%
  2. 摂りすぎると副作用を起こす可能性がある
  3. 1日の摂取量目安30gを守ること

 

です。

MCTオイルダイエット中は、食事にも気を配らなければいけません。

 

1週目の食事は、1日あたりの摂取カロリーを1200キロカロリーに抑えます。

もちろんMCTオイルなどのカロリーも入れましょう。

 

2週目以降の食事は、1日800キロカロリーに抑えます。

この計算だと、完全無欠コーヒーは1杯しか飲めませんね。

 

低カロリーの食事は、肉や魚などのタンパク質を中心に摂るようにしましょう。