「カロリーメイトダイエットって、本当に痩せるのかなぁ?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

この疑問を持つ人は、カロリーメイトが単なる「ダイエット食品ではない」ことを知っている人だと思います。

「そもそもカロリーメイトって、どんな食品?」というところから見ていきましょう。

カロリーメイトでダイエットできるの?

カロリーメイトダイエットが流行していますが、「なぜ痩せられるのか?」ということを無視して成功することはできないですよね。

カロリーメイトは1本100キロカロリー

カロリーメイトは、1本あたり100キロカロリーあります。

1本は20g程度ですから、決して低カロリーではありませんよね。

この時点で、単なるダイエット食品ではないことがわかります。

栄養バランスが良く、忙しい人でも栄養が摂れる食品

カロリーメイトは、非常に栄養バランスが良い食品です。

忙しくて食事が摂れない人でも、短時間で栄養補給ができるというコンセプトで作られているからです。

スポンサーリンク


そもそも痩せる効果はない

カロリーメイトはダイエット食品ではないので、そもそも痩せる効果は含まれていません。

しいて言えば、人間の体は栄養バランスが整っていないと痩せられないので、痩せるための栄養補給にはなると考えられるでしょう。

カロリーメイトダイエットに成功した人のやり方

では、カロリーメイトダイエットで実際に成功した人は、どんなやり方をしたのでしょうか。

1日1食をカロリーメイト2本に置き換えた

カロリーメイトダイエットを成功させるやり方は、1日1食を「カロリーメイト2本」に置き換えるという方法です。

これで1食あたり200キロカロリーに抑えることができますね。

 

通常の食事では500キロカロリー以上摂ることが多いので、半分以下に抑えることができるのです。

 

水や炭酸水を一緒に飲んだ

カロリーメイトを食べたことがある人はわかると思いますが、何だかパサパサして水分が足りない感じがしますよね。

だから水が飲みたくなるはずです。

 

カロリーメイトダイエットを成功させたいなら、満腹感を持続させるのも大事なこと。

そのためにも水や炭酸水を一緒に飲むと良いでしょう。

とくに炭酸水を少しずつ飲むのがオススメだそうです。

2食で野菜やヨーグルトなどを食べて便秘予防をした

カロリーメイトは栄養バランスがとても良いと言われています。

だけど足りない栄養があるんです。

それは「食物繊維」

 

カロリーメイトダイエットで多くの人が感じることは、「何だか便秘気味になってきた」ということ。

便秘を予防するためにも、野菜やヨーグルトなどを食べて、腸内環境を整えましょう。

 

でもカロリーメイトに置き換えた食事でサラダなどを食べると、カロリーオーバーになる危険があります。

もし野菜やヨーグルトを食べるなら、他の2食で食べると良いでしょう。

カロリーメイトダイエットで失敗した人のやり方

ではカロリーメイトダイエットで失敗してしまった人は、どんなやり方をしていたのでしょうか。

小腹が空いたときの間食としてカロリーメイトを食べた

カロリーメイトダイエットで失敗した人のやり方は、小腹が空いたときの間食としてカロリーメイトを食べていたと言います。

確かに間食でケーキなどを食べるよりは良いのかもしれませんが、カロリーメイトの使い方を完全に間違ってしまっています。

 

そもそもカロリーメイトは、食事ができなくてもカロリーを摂取してエネルギーをチャージできるという食品です。

だから食事以外でカロリーメイトを食べてしまうと、逆に太る危険があるのです。

カロリーメイトが痩せる食品と勘違いした

根本的なミスをしてしまった人も中にはいるようです。

よくダイエット食品の中には、「これを食べれば痩せられる」という謳い(うたい)文句の商品が出回っています。

カロリーメイトをそれと同じような食品だと勘違いしてしまったのでしょう。

 

でもカロリーメイトには、痩せる作用は一切含まれていません。

くれぐれも食べ過ぎるのだけは、注意が必要です。

全食カロリーメイトに置き換えて無理なダイエットをした

カロリーメイトダイエットで太ってしまった人のやり方は、1日の3食分をすべてカロリーメイトに置き換えてしまう方法です。

 

「でもカロリー的には食事よりも少ないし、栄養バランスも良いんじゃないの?」

という疑問が浮かびますよね。

 

確かに栄養バランスは良いですが、先ほども言ったように足りない栄養分もあります。

栄養が整っていないと、正常に痩せることはできないんですね。

 

また摂取カロリーを抑えすぎると、日常生活に支障が出る場合があります。

エネルギーが足りなくて倒れてしまうこともあるかもしれません。

 

さらに体の機能が危機を感じて、「脂肪をため込むモード」に入ってしまうことも考えられます。

これを「飢餓状態」と呼んでいます。

入ってくる栄養が足りないので、生命を維持するために、本来ならエネルギーとして消費するものを脂肪として蓄えようとしてしまうのです。

 

「食べてないのに痩せられない」という人は、もしかしたら飢餓状態になっているのかもしれません。

カロリーメイトダイエットで無理をするとリバウンドする?

カロリーメイトダイエットの成功例と失敗例をご紹介しました。

あまり無理なダイエットをすると、一時的には体重が減るかもしれません。

でもダイエッターにとって一番おそろしい「リバウンド」を引き起こしてしまう危険性もあるでしょう。

 

みちこ

カロリーメイトダイエットをするなら、成功例を参考にして、あまり長期間のダイエットには利用しないようにしましょう。

手軽にできて、はじめやすいダイエットですが、やり方を間違えると危険だと言うことを忘れないでくださいね。