これでもか!というくらいブームになった「塩麹」。

健康的に痩せられるということで、生活に取り入れている人も多いのではないですか?

 

この「塩麹」に「きのこ」がプラスされると、最強のダイエット食に大変身なんです。

そんな塩麹きのこダイエットのやり方と、レシピをご紹介しますね。

塩麹きのこダイエットの効果は?

塩麹きのこダイエットは、健康にもダイエットにも良い効果があるのは一目瞭然ですよね。

「でも具体的には、どんな効果があるの?」と気になっている人のために、ちょっとご紹介しておきますね。

①塩麹+きのこは便秘解消の最強コラボ

塩麹には、腸内環境を整える善玉菌のエサとなる乳酸菌が豊富に含まれています。

またきのこには、食物繊維が豊富に含まれていますよね。

どちらの食材も、便秘解消効果にすぐれているんです。

 

その2つのコラボですから、便秘が解消されないわけがないんですね。

「もう便秘には耐えられない!」と思っている人には、とくにオススメですよ。

②脂肪を分解し内臓脂肪も減らす

きのこには「キノコキトサン」という成分が含まれていて、脂肪を分解するはたらきがあるようなんです。

しかも内臓脂肪を減らすはたらきもあることから、生活習慣病の予防や改善にも期待ができますね。

 

まさに塩麹きのこは、「食べるだけで痩せるダイエット食」と言えそうです。

1週間で1キロくらい痩せることもできるそうですが、即効性を求めるより継続した方が良さそうですね。

③塩麹の満腹感でダイエットが成功しやすい

もともと麹には、満腹感があると言われています。

お腹の中で膨らんで、食べ過ぎを予防してくれるんですね。

なんて優秀な食材なんでしょうか。

 

今回は「塩麹きのこダイエット」ということで、食事のおかずとしての役割が多いですよね。

でも塩麹はドリンクとしても飲めますので、食前に塩麹ドリンクを飲んでおくというダイエット方法もアリでしょう。

 

塩麹ドリンクは、甘酒みたいな感じになります。

抹茶や豆乳を加えても、おいしそうですね。

 
Cpicon 塩麹レシピ 甘酒抹茶豆乳 by キッチンアル
 

スポンサーリンク


塩麹きのこダイエットのやり方とは?

塩麹きのこダイエットのやり方は、食事のおかずとして、また小腹が空いた時にパクっと食べることもできる手軽な方法です。

塩麹きのこを作ったら、冷蔵庫で2~3週間保存できるようですから、一度つくってしまえば簡単に利用できますね。

 

塩麹をはじめから作っても良いですが、手間をかけられないという人は、市販の塩麹でもOKです。

 

塩麹きのこは、基本的にはいつ食べても良いそうです。

ただ夜に食べたほうが、翌朝のお通じがスッキリする可能性が高いですよね。

夕食のおかずとして食べるなら、豚肉や鶏肉も加えて栄養をプラスすると良いでしょう。

塩麹きのこの作り方・レシピ

塩麹をまず作ってから、きのこと混ぜ合わせて一晩冷蔵庫で寝かせたら完成です。

塩麹きのこは、冷蔵庫なら2~3週間は保存が可能だそうです。

 

①米麹200gと塩95gに水を加えます。

麹に塩が含まれている場合には、塩は入れなくてOKです。

 

②タッパーやステンレス製の容器に入れて、蓋をして寝かせます。

 

③半日後くらいには箸などでかき混ぜましょう

 

1週間から10日くらい発酵させたら、塩麹の完成です。

 

④炒めたきのこに塩麹を加えて、一晩寝かせたら塩麹きのこの完成です。

きのこの種類ですが、基本的には何でもOKです。

 

塩麹きのこの作り方は、こちらでもご覧いただけます。

 
Cpicon 万能ストック♡アレンジ自在の塩麹きのこ by まるピメ子
 

きのこならどの種類でも低カロリーですから、ダイエットには最適ですよね。

とくにカロリーが少ないのは、マッシュルームです。

100gあたり11キロカロリーほどしかありませんからね。

 

塩麹きのこを使ったレシピなら、鶏肉や豚肉でアレンジすれば、おかずに最適です。

 
Cpicon 鶏手羽先の塩麹きのこトマト煮 by Nikolasch

塩麹きのこダイエットは手軽にできて成功率が高い

塩麹きのこダイエットは、手軽に利用できることで、成功率が高いダイエット方法だと言えます。

手作りでもそうでなくても、塩麹の栄養や効果はほとんど変わらないでしょう。

 

1週間に1キロ痩せるとも言われていますので、じわじわと効果を実感できることでしょう。

まさにキレイに痩せるダイエット方法として、挑戦してみてはいかがでしょうか。