「えっ、ヨーグルトを温めるの?」とビックリしてしまいますよね。

ヨーグルトは冷たいままで食べてもさまざまな効果が期待ですますが、温めるとその効果が倍増ちゃうらしいんです。

 

そんなウワサの「ホットヨーグルトダイエット」についてご紹介していきますね。

つくり方やいつ食べれば良いのか、ポイントを見ていきましょう。

ホットヨーグルトの効果は?

ヨーグルトを温めることは、意外とメジャーな食べ方らしいです。

日本ではデザートや朝食のイメージが強いんですけどね。

では温めると何が良いのかご紹介していきます。

①善玉菌のはたらきが活発になる

ホットヨーグルトは、冷たいヨーグルトよりも善玉菌のはたらきが活発になると言われているんです。

善玉菌と言えば、ビフィズス菌や乳酸菌ですよね。

 

これらは腸内環境を整えてくれるので、便秘解消の効果が期待できます。

ヨーグルトを毎日食べてるのに、便秘が解消されない!」と悩んでいる人は、もしかしたら冷たいヨーグルトを食べていたからなのかもしれませんね。

②寝ている間に脂肪を燃焼させる

22~2時がゴールデンタイムというのは、聞いたことがありますよね?

この時間帯に眠っていると、体を修復するホルモンが活発になるんです。

 

そのホルモンは、なんと寝ている間に脂肪を分解してくれるはたらきがあります。

夜寝る前にホットヨーグルトを食べることで、痩せやすい体になれるということですね。

素晴らしい効果です。

③良質な睡眠で体を修復してくれる

温かいホットヨーグルトを食べると、体も温まります。

体が温まると免疫力もアップしますね。

 

また良質な睡眠をもたらす「トリプトファン」という物質によって、安眠効果もバッチリです。

睡眠をしっかりとることで、体の修復にも役立つんですよ。

スポンサーリンク


④むくみを解消して美肌効果まで得られる

夜にホットヨーグルトを食べると、内臓が温まって血液の循環が良くなります

血行が良くなると、余計な水分をため込むことなく、むくみを解消することができますね。

 

さらに老廃物を排出することができるため、ニキビ予防などにも効果が期待できるんです。

つまり美肌効果まで得られるというわけですね。

ホットヨーグルトのつくり方

ホットヨーグルトのつくり方は、むずかしくありません。

ただ温めるだけですので、すぐにできちゃいますよ。

ヨーグルトは無糖のものを使用しましょう。

 

ホットヨーグルトのつくり方

ヨーグルトの量は、150~200mlが目安です。

②そこにハチミツを大さじ1くらい入れて混ぜます。

③それを電子レンジで1分くらい温めればOK

 

耐熱容器に入れて、ラップをかけずに温めるだけ。

 

超カンタンです。

 

※注意!

乳酸菌は熱に弱いので、温めすぎには注意してくださいね。

ホットヨーグルトダイエットで気をつけることは?

ホットヨーグルトダイエットをする上で、気をつけることをまとめてみましょう。

 

ホットヨーグルトの作り方でもご紹介したように、温めすぎると乳酸菌が死滅してしまうので注意が必要です。

また温めすぎることで、ヨーグルトが分離してしまいます。

 

ホットヨーグルトダイエットは、他に食事制限をしたり、運動が必要とは言われていません。

ただ夜にホットヨーグルトを食べるだけの簡単なダイエット方法です。

 

でもホットヨーグルトが体に良いからといって、食べ過ぎるのは良くありませんよ。

また寝る前にストレッチをするくらいは、体を動かすことをおすすめします。

 

できれば運動と組み合わせることで、より高いダイエット効果が期待できるでしょう。

もちろん食事の量も食べ過ぎには注意しましょうね。

 

もしホットヨーグルトの味に飽きてきたら、味にアレンジを加えて毎日つづけることが大切です。

ホットヨーグルトのアレンジレシピ

ホットヨーグルトは、「毎日食べ続けるのはツラい」と、飽きてしまうことがあるかもしれません。

そんな時でも続けられるように、アレンジレシピをご紹介しておきますね。

お好みのレシピをぜひ試してみてくださいね。

【ココアとシナモンで血行促進&ぐっすり眠れる】

シナモンは漢方薬の一種ですから、健康にとっても良いんです。

とくに自律神経をととのえて、血行を促進してくれるんです。

さらなる安眠効果も期待できますね。

 

またココアにはカカオポリフェノールが含まれていますので、血行促進と免疫力アップが期待できます。

ホットヨーグルトにひと味くわえるなら、最強のアレンジです。

ホットヨーグルトは毎日の習慣にしちゃおう!

ホットヨーグルトダイエットはいかがでしたか?

毎日つづけることが大切ですよ。

簡単ですから、毎日できそうですよね?

 

アレンジも加えながら、美味しく健康ダイエットを続けましょう。

みちこ

基本的な生活習慣をととのえることは、ダイエットにも大切なことですよ。