もやしダイエットの効果!低カロリーで痩せる食材【コスパ最高】

もやしは、貧乏人の味方ですよね。いや…ダイエッターの味方ですよね。

もやしの値上げ問題が気になるところですが、今のところはかなり安く食べられる食材です。

 

その上、低カロリーということになれば、もやしダイエットをしない理由が見つかりません。

そして更に「短期間でやせる」とのウワサまで!

なんと、たった1~2週間で1.5~2キロの減量に成功した人が続出だそうです。

 

これでもか!というくらいコスパ高すぎ~なもやしダイエットについてご紹介します。

もやしダイエットの効果とは?

「もやし」って、栄養ないというイメージがありませんか?

じつは意外と栄養満点な食材だったんです。

①便秘解消・食べすぎ防止効果

もやしには食物繊維が豊富に含まれています。

そのため便秘解消の効果が期待できるんですね。

また食物繊維はお腹の中でふくらむという性質がありますので、満腹感があり、食べすぎを防止してくれるんですよ。

②むくみ・冷え性改善効果

もやしにはカリウムが含まれています。

カリウムには体内の老廃物を排出する、デトックス効果が期待できるんですね

余計な水分や塩分も排出して、血行を促進する効果もあります。

そのため冷え性の改善にも役立ちます。

③脂肪の蓄積防止・代謝アップ

もやしには、脂肪を体にためにくくする効果と代謝をアップする効果があります。

もやしに含まれるビタミンB2やアミノ酸には、脂肪をためにくくして、脂肪の分解を高める効果があります。

そのため太りにくい体質になれるというわけです。

④即効やせ効果・低カロリー

もやしは1袋あたり約30キロカロリー程度しかありません。

かなりの低カロリー食材のため、ダイエットには適していると言えます。

 

また低カロリーなので、食べても罪悪感がありませんよね。

しかも痩せる効果を発揮してくれる栄養も含まれているため、短期間ダイエットに向いています。

もやしダイエットのやり方

もやしダイエットにもルールがあります。

食べ方を守れば、もやしの栄養をしっかり発揮してくれますよ。

①3食のうち1食の炭水化物をもやしに置き換え

もやしダイエットのやり方は、1日3食のうち、1食の炭水化物(ご飯など)をもやしに置き換えるという方法です

とくに夜は、消費カロリーが少なくなるため、炭水化物などの糖質はあまり摂らないほうが良いと言われています。

夕食の炭水化物をもやしに置き換えるのがおすすめです。

②夕食をもやし料理に置き換え

炭水化物をもやしに置き換えるだけでは物足りないという人は、夕食そのものをもやしに置き換える方法もあります。

ただし、もやしだけを食べるのではなく、もやしを使った料理にするのがおすすめです。

栄養バランスがととのっていないと、痩せる効果を発揮できなくなりますからね。

③もやしを食事の最初に食べる

とくに1日1食とか3食と決めずに、もやしを積極的に食べるという方法です。

もやしをいちばん最初に食べることで、満腹感を得られて食べすぎを防止してくれます。

でも、他のおかずなどで栄養バランスを考えた食事にしてくださいね。

④大豆もやしの栄養価が高い

もやしには、「緑豆もやし」と「大豆もやし」があります。(他の種類もあります)

カロリーは緑豆もやしのほうが低いのですが、大豆もやしのほうが栄養価は高いです。

とくにタンパク質が豊富に含まれているので、ダイエット向きの食材と言えるでしょう

タンパク質は、代謝を良くしてくれます。

もやしダイエットの注意点

もやしという食材ならではの注意点があります。

ダイエットを成功させるためにも、気をつけてくださいね。

①3食もやしだけにすると栄養不足に

即効性を求めるあまり、3食もやしだけにしてしまう、せっかちさんがいます。

たしかにもやしには色々な栄養が含まれていますが、もやしだけとなると栄養不足になる可能性が高いです

栄養不足だと痩せにくくなりますので、一時的に体重が落ちてもリバンドしちゃいますよ。

②もやしは消費期限までが短い

「消費期限」と「賞味期限」のちがいをご存知ですか?

もやしには「消費期限」が表示されています。

だいたい買った日の3日後くらいではないでしょうか。

 

「賞味期限」は、その食べ物をおいしく食べられる期限のこと。

「消費期限」は、その日までに食べないと食材が悪くなってしまう期限のこと。

 

つまりもやしは、消費期限までに食べないとお腹を壊してしまう危険があるんです。

気をつけましょうね。

 

どうしても買いだめしたいなら、保存方法もあります。

もやしをタッパーなどに入れ、水に浸して冷蔵庫で保存。そして毎日水を取り替えるという方法です。

 

でも、もやしはいつでも安く売っていますから、わざわざ手間をかける必要もないのでは?というのがワタシの意見ですけどね。

③炒めるとビタミンが失われる

もやしにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているのですが、とくにビタミンは熱を加えると壊れてしまいます。

そのため高温で調理する「炒める」ことは、控えたほうが良いでしょう。

 

そうかと言って、生で食べるのは衛生的にちょっと気になりますので、「蒸す」という調理法がベストです。

10秒くらい湯通しするのも、ギリギリセーフですね。

もやしはコスパ最高の食材だった!

もやしダイエットについてご紹介しました。

知れば知るほど、もやしはコスパ最高の食材ということがわかりましたね。

お財布が寂しくなった時も、お腹が邪魔になった時も、助けてくれるのは「もやし」です。

 

もやしを食べるだけでなく、他の食事をおさえたり、栄養バランスをととのえたりしながら頑張りましょうね。

スポンサーリンク