夕食抜きダイエット!短期間でやせる?リバウンドしない方法

夕食抜きダイエットとは、そのままの意味で「夕食を抜くダイエット」です。

短期間でやせる効果があるということで話題になっていますが、リバウンドしやすいとも言われているんです。

 

そこで夕食抜きダイエットの効果とリバウンドしない方法をご紹介したいと思います。

今すぐに痩せたい!という人におすすめなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

夕食抜きダイエットって何?

夕食抜きダイエットとは、夕食を食べないというダイエット方法です。

その分、朝食と昼食はふつうに食べてOKなのですが、適量を守ることをおすすめします。

夕食を食べないからと言って、朝食と昼食を食べすぎてしまうと痩せられません。

また間食にも気をつけましょう。

 

夕食を抜くことで、摂取カロリーを減らすことができます

また寝るときにお腹が空っぽなので、痩せやすいんですね。

寝るときに胃の中に食べ物があると、脂肪がたまりやすいのです。

 

そして摂取カロリーを減らすことで、消費カロリーのほうが多くなることも期待されています。

消費カロリーのほうが多くなると、当然やせていきますよね。

これが夕食抜きダイエットの一番のねらいです。

夕食抜きダイエットの効果

夕食抜きダイエットの効果は、体に与える影響というよりも、どんな人が痩せやすいのかということを中心に見ていきましょう。

①短期間で痩せられる

夕食抜きダイエットの効果は、短期間で痩せられることが一番のメリットではないでしょうか。

1週間で2キロ痩せた人もいるようです。

どうしても今すぐ痩せたいと言う人には、うってつけのダイエット方法ですね。

②普段から大食いの人は痩せやすい

夕食抜きダイエットで効果があらわれやすい人は、普段から大食いの人です。

大食いの人は摂取カロリーが多いですから、単純に1食分の摂取カロリーを減らすことになります。

また普段から2食しか食べてないけど、夕食でガッツリ食べていた人は、それだけでもかなりのダイエットになります。その場合は朝食を摂ることで、調整をとると良いでしょう。

③太っている人ほど痩せやすい

肥満気味で太っている人ほど、夕食抜きダイエットは効果があると考えられます。

太っている人は、基本的に夜ごはんをたくさん食べていることが多いのではないでしょうか。

ストレスにより帰ってからたくさん食べてしまう人もいるでしょう。

 

また夕食が一番ゆっくりできる食事ですから、どうしても食べすぎてしまうことが多いです。

そのまま消化が終わらないうちに寝てしまうと、脂肪がどんどん体に蓄積されてしまうんですね。

 

糖尿病などの生活習慣病の予防にもなりますので、この機会にぜひ挑戦してみてほしいダイエット方法です。

夕食抜きダイエットの注意点

夕食抜きダイエットには、注意点がいくつかあります。

またリバウンドしやすいダイエット方法ですので、リバウンドしない方法も併せてご紹介しますね。

①2週間以上続けない

夕食抜きダイエットは、2週間以上続けてはいけないと言われています。

夕食抜きダイエットは即効性がある分、体への栄養分が足りなくなることが多いです。

それを長期間続けてしまうと、体に不調があらわれることがあるんですね。

②停滞期でリバウンドすることが多い

夕食抜きダイエットは、長期間続けてしまうと停滞期が訪れます。

停滞期とは体重が減らなくなる時期のこと

これは短期間ダイエットである夕食抜きダイエットで、体重が減り過ぎてしまったことが原因です。

 

短期間で痩せられるのはうれしいのですが、急激に体重が落ちると、ほぼ確実に停滞期がやって来ます。

そして、そこであきらめてリバウンドしてしまうことが多いんです。

 

2週間サイクルで繰り返すという方法もありますが、ワタシがおすすめするのは完全な夕食抜きダイエットではなく、夕食をスープなどにする方法です。

18時までに軽食を摂っておいて、家に帰ってから野菜スープなどを食べるのです。

これならリバウンドの危険を、最大限に食い止められるでしょう。

③朝食と昼食・間食に気をつける

夕食抜きダイエットの注意点は、朝食と昼食の量に気をつけることです。

夕食を抜くからと言って、昼食でかなり食べてしまうと台無しになってしまいます。

昼食で大量に食べるくらいなら、夕方くらいに軽食を摂るほうが無難です。

 

間食もなるべく控えたほうが良いですが、やはり昼食で食べすぎるくらいなら、カロリーの少ない物を間食として食べる方が良いでしょう。

あれはダメで、これはOKというルールはありませんので、自分でコントロールするしかないですね。

夕食を抜かなくてもダイエットできる方法

夕食抜きダイエットは、ハッキリ言ってキツイですよね。

寝るまでにお腹がかなり空きますし、空腹すぎて眠れないこともあるかもしれません。

それにいちばん楽しみな夕食を抜くのは、とってもストレスに感じるでしょう。

 

そう思う人は、夕食を抜かなくてもダイエットできる方法があります。

それは「夕食を抜いたつもりのカロリー計算」です。

 

1日3食たべた場合の総摂取カロリーから1食分をマイナスします

その計算からみちびき出された総摂取カロリーを3で割るのです

すると1食あたりのカロリーが出ますね。

このカロリー内で、1日3食たべれば良いんです

 

この方法ならリバウンドの心配も少なくなります。

ただ、これだとふつうの食事制限と同じですね。

 

量が少なくても3食たべたいのか、2食はふつうに食べて1食減らした方が楽なのか、ストレスの少ないほうでお試しください。

 

もちろん長期間続けると停滞期が来ますので、あまり長期間はやらない方が良いでしょう。

ふつうの食事に戻すときは、夕食を少なめから始めることをおすすめします。

 

いきなりガッツリ食べると、当然リバウンドしてしまいます。

気をつけてくださいね。

スポンサーリンク