「ふくらはぎが、なかなか痩せない!」

そんな悩みを抱えていませんか?

太ももを細くしたいとは思うけど、ふくらはぎのほうが目に触れやすい場所ですよね。

 

まずはふくらはぎから細くしたほうが、美脚への近道かもしれません。

女性らしい美脚になるためには、インナーマッスルを鍛えるのが効果的です。

インナーマッスルとは、体の深部にある筋肉のことです。

同時に体幹も鍛えられるので、健康と美容の両方を手に入れることができますよ。

 

ではまず、ふくらはぎが細くならない原因をご紹介します。

ふくらはぎが細くならない原因は?

ふくらはぎは、脚やせを目指す女性にとっては気になる部分かもしれません。

太ももの次に気になりますよね。

では、ふくらはぎが細くならない原因は何なのでしょうか。

①ふくらはぎはむくみやすい場所ナンバーワン!

ふくらはぎといえば、体の中でもっともむくみやすい場所です。

人によってはパンパンに腫れあがって、痛くて触れないほどむくんでいる人もいるかもしれませんね。

 

むくみがあるということは、血行もリンパも流れがとどこおっている証拠。

しかも水分や塩分がかなり溜まっているんです。

それを流さないことには、ふくらはぎが細くなることはあり得ません。

後ほど、むくみを解消するマッサージ方法をご紹介します。

②筋肉太りの可能性もある

学生時代に運動部だった人は、筋肉太りの可能性もありますね。

ワタシも運動部だったのでわかりますが、筋肉の上に脂肪が乗った感じ。

カンタンには落とせそうもない予感がしますよね。しかも硬い。

 

筋肉太りを改善する方法は、まずは硬くなった筋肉&脂肪をほぐすこと。

太ももの後ろ側をストレッチしたり、ふくらはぎを伸ばすのも効果的です。

そして足を揺らしたり、マッサージしたりしながらやわらかくほぐします。

 

毎日つづけることが大切です。

マッサージ方法は、後ほど説明します。

③ふくらはぎが太いとポンプ機能が悪い=血行が悪い

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれているほど、血行に深くかかわっています。

というのも、血流は心臓から出発して心臓に戻ります。

しかし足は心臓から遠い上に、地球の重力によって心臓に戻すのが大変です。

 

そこで活躍するのが、ふくらはぎの筋肉なんです。ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、血流を心臓まで戻そうとするんですね。

しかしふくらはぎの筋肉が衰えていると、ポンプ機能がはたらかず、血行が悪い状態になってしまうんです。

 

ふくらはぎが太い人は、このように血行が悪く、むくみもある状態だと考えられます。

これは早く改善しないと、健康にも問題が出てきそうです。

スポンサーリンク


ふくらはぎを細くするインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルとは、体の深い部分にある筋肉のことです。

一般的にムキムキの筋肉は、アウターマッスルと呼びます。

 

インナーマッスルを鍛えることで、女性らしい美しい脚になることができるんですよ。

もちろんムキムキになることもなく、ほっそりとしたふくらはぎが実現します。

そのための方法をご紹介していきますね。

①家事や通勤などの時間につま先立ちする

料理をするためにキッチンで立っている時や、通勤時に電車で立っている時などに、つま先立ちをしてみるのも時間の有効活用になりますね。

ただ傍から見るとチョット変かもしれませんから、気づかれないようにしましょうね。

 

つま先立ちをすると良くわかりますが、バランスを取れる人とバランスが取れない人がいると思います。

どこにもつかまらなくてもバランスが取れる人は、体幹が鍛えられている人ということです。体幹とは体の軸になる部分のことで、スポーツ選手のパフォーマンスを高めるためにも必要なバランス感覚のこと。

 

体幹が鍛えられると、さまざまなメリットがあります。

たとえばウエストまわりが細くなる、肩こりが解消する、睡眠の質が上がるなどです。

ケガをしにくくなるというメリットもあります。スポーツ選手じゃなくても、鍛えておきたいですよね。

 

②ストレッチやマッサージで血行促進

インナーマッスルは、マッサージをしても鍛えることはできませんが、むくみを解消して血行を良くすることは大切です。まずはふくらはぎのむくみを解消しましょう。

 

ふくらはぎは体の中でも特にむくみやすい部分です。血行やリンパの流れを良くするためには、下から上へ向かってマッサージするのが基本です。

とてもわかりやすい動画があったので、ご紹介しておきます。

 

 

そしてふくらはぎのストレッチですが、ふくらはぎを伸ばしたり、縮めたりを繰り返すと良いでしょう。やり方は、つま先を伸ばしたり、上に立てたりを繰り返します。

イスに座っている時や、寝転がっている時などにやってみてくださいね。

③モデルのような歩き方を意識する

モデルのような歩き方というのは、1本の線の上を歩くようなイメージです。

この歩き方が、インナーマッスルを鍛えるんですね。

 

年齢を重ねていくと、人の歩き方は2本線の上を歩くように変わっていくそうです。

若い頃のほうが、比較的1本線の上を歩くような感じで歩いているんだとか。

ならば1本線の上を歩くように意識してみましょう。

 

なるべく足の付け根から動かすようなイメージで、膝が曲がらないように注意しましょう。

着地は、かかととつま先が同時ですが、ややかかとが早いくらいです。

この歩き方をすれば、見た目も美しく、インナーマッスルも鍛えられて美脚を手に入れることができるでしょう。

④自分に合ったハイヒールで鍛える

じつはハイヒールを履くだけでも、インナーマッスルを鍛えることができると言われています。

とくにふくらはぎの筋肉を使っているような感じがしますよね。

 

ただし無理にハイヒールを履いても、足に負担がかかってしまいます。また姿勢も悪くなり、逆効果になるので気をつけましょう。

ハイヒールを履くなら、自分に合った高さを選ぶようにしてくださいね。無理なく歩ける高さがベストです。

⑤つねに正しい姿勢を保つ

インナーマッスルを鍛えるには、正しい姿勢を保つことも大切です。

姿勢を正すだけでも、体幹が鍛えられると同時にインナーマッスルにはたらきかけることができます。

 

体の歪みを矯正することもできますので、代謝がアップしたり、腰痛が治ったりします。
頭頂部(頭のてっぺん)から、おへそまでが真っすぐの串が刺さっているようなイメージで、真っすぐ立ってみましょう。

座る時も、この感覚をくずさないようにするとインナーマッスルを鍛えられます。

インナーマッスルは日常的に鍛えられる

インナーマッスルの鍛え方は、特別なことをしなくても日常的に鍛えることができます。

ちょっとした動作の中にも、インナーマッスルを鍛えるヒントが隠れているんですね。

お金をかけずに、時間もほとんどかけずに、モデルのような美脚を手に入れちゃいましょう!

 

あなたの毎日の努力によって、実現できることなんですよ。

ぜひ今日ご紹介した方法を毎日実践してみてくださいね。

「美脚は一日にしてならず」です。