スムージーを作るのに最適なのは?ジューサーとミキサーの使い分け

ダイエットで人気のあるグリーンスムージー。

試してみた人も多いのではないでしょうか?

 

でも自分でつくるのは大変だから、手軽に作れる市販の粉末や液体を買った人も多いはず。

自分で野菜や果物を買うのも大変だし、高いですからね。

 

とはいえ、自分で作ったグリーンスムージーのほうが、野菜や果物の栄養をそのまま摂取できます。

というのも、市販の粉末などには余計なものが入っている場合もありますし、どちらかというとサプリのようなイメージです。

 

天然のそのままの野菜や果物を使って作ることを、ワタシはおすすめします。

 

そんな時に準備するのは、スムージーを作る機械ですよね。

家電量販店に行くと、ジューサーとミキサー(ブレンダー)があります。

どっちを買えば良いか迷いますよね?

 

この2つは、いったいどこが違うのでしょうか?

それぞれに適した使い分けのために、それぞれの特徴と用途をご紹介します。

ジューサーとミキサー(ブレンダー)の違い

ジューサーとミキサーが、いまいち良くわからないという人のために、カンタンに違いをご説明します。

ジューサーとは?

ジューサーは、その名の通り「ジュース」を作る機械です。

フルーツのフレッシュジュースなどを作るための機械ですね。

 

ジューサーは、果物の果汁を絞りだすためのものです。

つまり果物の内皮の部分は取りのぞかれ、果汁だけが絞りだされるのです。

みかんで言うと、内側の白い薄い皮の部分は取りのぞかれるという仕組みです。

 

皮の繊維質が含まれない分、口当たりがなめらかでサラっと飲みやすいという特徴があります。

ミキサー(ブレンダー)とは?

ミキサー(ブレンダー)は回転刃がついていて、その刃によって繊維質の部分まで細かく砕くという特徴があります。

そのためグリーンスムージーなどを作る場合に適していますね。

 

繊維質も一緒に砕くため、ドロっとしていて、飲みにくいと言えます。

その分おなかに溜まりますので、ダイエットに適しているドリンクはスムージーなんですね。

自分でスムージー作るデメリットとは?

水に溶かすだけの市販のグリーンスムージーのほうが、カンタンに作れますので便利ですよね。

では、自宅でスムージーを作るデメリットとは何でしょうか?

自分でスムージーを作ると後片付けが面倒

自分でスムージーを作るデメリットといえば、後片付けが面倒というところでしょうか。

ミキサーの刃についた繊維質までしっかり洗わないといけません。

また機械が大きければ、手入れも大変ですよね。

材料費が意外とかかる

毎日野菜や果物を買うとなると、材料費が意外とかかりますよね。

毎日おなじ種類のものを使わないほうが良いと言われていますし、時間が経つと腐らせてしまうこともあるでしょう。

そうなると食材が無駄になってしまい、お金がかかるんですね。

スムージーを自分でつくるメリットもある!

では手間とお金をかけてスムージーを家で作る場合、メリットはどんなことがあるでしょうか。

正しいグリーンスムージーの作り方は、こちらを参考にしてみてください。

グリーンスムージーの正しい作り方と飲み方!注意点を守ってダイエット

天然の栄養を存分に吸収できる

自分でスムージーを作ると、野菜や果物の天然成分を、存分に吸収することができますね。

これがいちばんのメリットと言えるでしょう。

いわばサラダを食べているようなものですから、スムージーには凝縮された栄養が詰まっているんです。

自分の体調を考えて野菜や果物を変えられる

自分でスムージーを作るメリットは、体調を考えて自分に必要な栄養分を摂取することができます。

分量も調節できますし、体調に合った食材を選べば健康管理がしっかりとできますよね。

また自分なりのオリジナルレシピも作れますから、いろいろと味を比べながら考えるのも楽しいですよね。

ジューサーとミキサーの使い分け

ジューサーとミキサーは、どんな時にどのように使い分ければ良いのでしょうか。

あなたが欲しい効果によって、使う機械が変わってきます。

ジューサーなら健康管理に効果的

ジューサーでジュースを作るなら、果物を使うことがほとんどでしょう。

市販のジュースではなく、天然果汁の甘みだけで作ることができます。

もちろん甘みをプラスすることもできますが、せっかく自分で作っているのですから、天然果汁100%で作りたいですね。

スロージューサー

ミキサー(ブレンダー)ならダイエットに効果的

ミキサーでスムージーを作るなら、ダイエットに効果的です。

果物や野菜の皮まで細かくしてくれるので、食物繊維などの栄養を効率的に摂取することができます。

また食物繊維が豊富だと便秘解消効果もありますし、満腹感も得られます。

そのため、食べ過ぎ防止にもなりますね。

ジューサーとミキサーは目的によって使い分ける

ジューサーとミキサーの違いや特徴などをご紹介しました。

どちらを使うと、どのような効果を得やすいのかわかりましたね。

 

あなたの欲しい効果を得るために、ぜひ上手に使い分けてください。

ダイエット目的で作る人が多いでしょうから、ミキサーのほうが重宝することでしょう。

お子さまの健康を考えるなら、ジューサーも重宝するはずですよ。

 

毎日の健康管理のために、ぜひ使い分けて活用してみてください。

スポンサーリンク