気がついたら、いつの間にかポッコリお腹になっていた!なんてことはありませんか?

むかしは痩せていたのに、年齢に比例して出てくるお腹にビックリなんてことも。

 

とくに女性は、ぽっこりお腹になりやすい体質だったんです。

その理由とぽっこりお腹を引き締める方法をご紹介します。

スポンサーリンク


女性がぽっこりお腹になりやすい理由

女性のお腹は、とっても大切です。

そんなお腹がぽっこりしちゃう理由を見ていきましょう。

子宮などを守るために脂肪が厚くなる

女性のお腹には、子宮など大切な器官があります。

それを守るために、お腹の脂肪が厚くなってしまうんですね。

つまり自然なことなんです。

とはいえ、ぽっこりお腹はやっぱり困りますよね。

運動不足・加齢により脂肪が増える

日頃から運動不足の人は、当然のことながら脂肪が増えていきます。

それに加えて加齢とともに筋肉がおとろえ、脂肪が増えていくのですから、ぽっこりお腹になるのも無理はありません。

基礎代謝が低下するため、今まで通りの生活をしていても脂肪が増えていくんですね。

男性よりも皮下脂肪が多い

女性は男性よりも、皮下脂肪の量が多いと言われています。

そのため運動をして鍛えても、男性のようなムキムキな体には滅多にならないんです。

そして皮下脂肪には燃焼していく段階があるようで、まず内臓脂肪が減ってから、やっと皮下脂肪が燃焼していきます。

 

ウエストラインがくびれてこそ、女性らしい体のラインができるのですが、それを妨げる体質もあるという複雑なからだ。

では、女性のぽっこりお腹は、どのようにして痩せられるのでしょうか。

スポンサーリンク


お腹痩せヨガダイエットのやり方

ぽっこりお腹を解消するヨガダイエットのやり方をご紹介します。

あまり無理をしないで、でもなるべく1日置きでできるようにしましょう。

呼吸法が大切ですから、呼吸を止めないように気をつけてくださいね。

①まずは呼吸法から「ドローイン」腹式呼吸

ドローインと呼ばれる腹式呼吸の方法をご紹介します。

腹式呼吸を意識することで、お腹まわりの脂肪を燃焼させることができます。

 

息を吐きながらお腹をへこませて、息を吸いながらお腹をふくらませます。

ふつうの肺呼吸の場合は、息を吸ったときに肺がふくらみ、お腹がへこみますよね。

それとは逆のイメージです。

 

横になってできる呼吸法のやり方のご紹介です。

 

②ひねってウエストにくびれをつくるヨガポーズ

ストレッチ効果の高い、ひねりのヨガポーズです。

ウエストのストレッチをすることで、脂肪が燃焼しやすくなることでしょう。

 

③ウエストが細くなるヨガポーズ「ネコのポーズ」

こちらもウエストが細くなる効果があるヨガポーズです。

多くの人が効果を実感している方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

 

④ヒップアップ効果もあるヨガポーズ「橋のポーズ」

お腹痩せをするためには、お腹周辺の脂肪にも働きかけることが大切です。

それと同時にお腹痩せにも効果が期待できるヨガポーズが「橋のポーズ」です。

下腹部のぽっこりにも、効果が期待できますよ。

 

⑤寝ながらできるヨガポーズ「ワニノポーズ」

ひねりを加えることで、くびれをつくる効果もあるヨガポーズです。

寝ながらできるので、楽ちんですね。

 

⑥ちょっと頑張り屋さんに「クランチ」

腹筋を鍛えることで、ぽっこりお腹をへこませることができます。

先ほどのドローインを意識して行うことで、よりお腹の脂肪を燃焼することができます。

 

ストイックになり過ぎないことが美しい体をつくる

女性のぽっこりお腹を引き締める方法をご紹介しました。

ヨガの動画をいくつかご紹介しましたので、1日おきでも毎日でもつづけて、お腹痩せをしてみてくださいね。

 

でも女性の場合は、ストイックになり過ぎないことが美しい体をつくる条件なんです。

精神的な影響が、女性らしい体をつくる妨げとなりますので、ぜひリラックスした状態でヨガダイエットを楽しんでくださいね。