ウォーキングは、それほど消費カロリーが多くないですよね。

1時間ウォーキングをしても消費カロリーは約160キロカロリー。

ご飯100g分のカロリーしか消費しないんです。

 

有酸素運動は脂肪燃焼効果があると言われていますが、カロリー的にはそれほど消費しないんですね。

では、なぜウォーキングがダイエットに良いと言われているのか、その理由を見ていきましょう。

 

また、より効率よくウォーキングダイエットをするには、どうすれば良いのでしょうか。

そのコツをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ウォーキングがダイエットに効果的な理由

消費カロリーは、それほどでもない。

でも、ウォーキングがダイエットに効果的な理由は何でしょうか?

①お金も時間もかけずに、いつでもできる

ウォーキングダイエットは、ジムに通うこともなく、カンタンに始められるのが嬉しいですよね。「でも、仕事で遅くなるとウォーキングする時間がない!」という人も多いはず。

 

でも大丈夫です!

ウォーキングは、時間がなくてもできます。

それは「普段から意識的に歩くこと」。それだけです。

 

たとえば駅までバスで通勤していたのを歩いてみるとか、朝はムリだけと帰りだけ歩くとか。それだけでもウォーキングダイエットになるんですよ。

昼休みに少し歩くこともできますし、帰り道を遠回りしても良いですね。

②全身運動なのでバランス良く脂肪を燃焼できる

ウォーキングダイエットが効果的な理由は、全身運動だからです。

全身運動とは、その名の通り「全身を動かす運動」のこと。

そのためバランス良く全身の筋肉を使い、バランス良く脂肪を燃焼させることができるのです。

③血行が良くなり、代謝がアップする

ウォーキングダイエットが効果的な理由は、健康効果が高いことです。

全身運動なので、全身の血行が促進されます。

ということは、代謝がアップするということですね。

 

代謝がアップするということは、もちろんダイエット効果が高いということ。

また血行が良くなると、生活習慣病などのリスクを軽減することができるのです。

健康的にダイエットしたい人には、とってもおすすめなんです。

スポンサーリンク


効率よくウォーキングダイエットをするコツ

消費カロリーが少ないなら、消費しやすいウォーキングをすればいいんです。

では、どんなウォーキングなら効率よくダイエットできるのでしょうか?

①正しいウォーキングのフォームで歩く

効率よくウォーキングダイエットをするには、正しいウォーキングのフォームで歩くことが大切です。そのほうが消費カロリーもアップしますし、血行も促進されます。

また変に筋肉が緊張することもなく、体の歪みの矯正にも役立ちますよ。

・姿勢を良くしてウォーキング

姿勢を良くすることで、ダイエット効果がアップします。

 

・顎をひく

顎を引くことで、体が真っすぐになります。

 

・かかとから着地する

体重移動が楽にできるため、足などへの負担も軽減します。

 

・体が真ん中にあるイメージ

前足と後ろ足のちょうど真ん中に腰があるイメージであるきます。

また腰がなるべく上下に動かないように気をつけましょう。

 

・肘を曲げて、腕を大きく振る

腕を大きく振ることで、ダイエット効果をアップすることができます。

また肩の筋肉をほぐすことができ、肩こり解消の効果も期待できます。

②早歩きでウォーキング

効率よくウォーキングダイエットを成功させるには、早歩きで歩くことです。

通常のスピードで歩くよりも、早歩きのウォーキングのほうが消費カロリーがグンと上がります。2倍まではいきませんが、1.5倍くらいは消費カロリーが多くなります。

③大股でウォーキング

大股と言っても、不自然なほど大股で歩く必要はありません。

それではスピードも出ませんからね。

自然に歩ける速度で、なるべく股関節から動かすように意識しましょう。

これだけでも「消費カロリーアップ」「バランス良く筋力アップ」が実現します。

④午前中のウォーキングが効果的

生活リズムにもよりますが、基本的には午前中のウォーキングが効果的だと言われています。朝から代謝をアップすることで、1日を通して代謝を高めることができます。

 

逆に夜のウォーキングは安眠のさまたげになる場合があります。

ウォーキングは激しい運動ではありませんが、交感神経が活発になり、リラックスタイムの邪魔をしてしまう恐れがあります。

 

本来は夜になると副交感神経が優位になり、リラックスして眠りにつく準備を始めます。

その時間に運動をしてしまうと、リラックスできなくなってしまうのです。

⑤20分以上、1時間を目標に1~3ヶ月かけて

効率よくウォーキングダイエットをするには、20分以上は歩くようにしましょう。

有酸素運動をはじめてから20分程度で、脂肪が燃焼をはじめると言われています。

ただしこれはあくまでも目安であって、効率よくダイエット効果を出すためには、1時間くらいウォーキングするのが理想的です。はじめは10分でもOKです。徐々に長くしていきましょう。

 

そしてウォーキングダイエットをするなら、短期間での減量を求めないことです。

長期的なスパンで、少しずつ減量していくことを心がけましょう。3ヶ月くらいがベストです。

体重にとらわれないのがウォーキングダイエットのコツ

効率よくウォーキングダイエットをするコツをご紹介しました。

最後にもう1つだけウォーキングダイエットのコツをご紹介します。

それは「体重にとらわれないこと」です。

 

冒頭でも説明したように、ウォーキングはそれほど消費カロリーが多くはありません。

そのため短期間で体重が減るダイエット法ではないんです。

ただし、先ほども説明したように健康効果が高く、バランス良く脂肪を燃焼することができます。

 

長期的に考えると、もちろん体重も減りますし、体脂肪も減ります。

何より「見た目」が変わることができるんです。

ワタシの考えるダイエットとは、体重を減らすことではなく、「体型を良くすること」です。

 

そのためにはウォーキングダイエットは、とっても効果があると言えるでしょう。

あなたも明日から、ウォーキングを始めてみてはいかがですか?