ジュースクレンズは、ハリウッドセレブなどにも人気の「ダイエット」&「健康法」です。

日本でも、モデルのローラはハマっているんだとか。

ジュースクレンズの「クレンズ」とは、洗浄という意味だそう。クレンジングのクレンズですね。

野菜やフルーツをジュースにしたものを飲むというダイエット方法です。

「えっ、それって、スムージーと何が違うの?」

という疑問がわいてくる人が多いと思いますので、まずはジュースクレンズとスムージーの違いからご紹介しますね。

スポンサーリンク


ジュースクレンズとスムージーの違いとは?

ジュースクレンズとスムージーは、材料はほとんど同じです。野菜やフルーツを使うんですね。
でも、つくる機械が違うんです。

スムージーは「ミキサー(ブレンダー)」でつくります。
でもジュースクレンズは「低速ジューサー」でつくります。

ミキサー(ブレンダー)とは、刃をつかって野菜やフルーツの繊維質まで細かくしてくれます。
そのためドロっとしていて、飲みにくいのが特徴です。

低速ジューサーとは、刃をつかわずに果汁などを絞りとるというイメージです。これに繊維質は含まれず、取りのぞかれます。
そのためサラっとしていて、飲みやすいという特徴があります。
刃を使わないので、こわれやすい酵素やビタミンをしっかりと摂ることができます。

ジュースクレンズとスムージーの効果の違いは?

ジュースクレンズとスムージーの効果は、違いがあるのでしょうか。

スムージーはミキサーつくるので、野菜やフルーツの内皮の部分まで摂取することができます。
つまり「不溶性食物繊維」が、たくさん摂れるということです。「水溶性食物繊維」も含まれています。

食物繊維には「不溶性」と「水溶性」の2種類があります。
水溶性は、その名のとおり水に溶けるということです。不溶性は水に溶けないので、ドロドロ状態のスムージーができ上がるんですね。

ジュースクレンズは低速ジューサーでつくるので、野菜やフルーツの内皮や繊維質は取りのぞかれます。
つまり「不溶性食物繊維」が含まれず、「水溶性食物繊維」のみになります。だからサラサラ状態のジュースができ上がるんですね。

スムージーとジュースクレンズの効果の違いは、食物繊維の種類によるものと考えて良いでしょう。
不溶性食物繊維は、お腹の中でふくらむので「満腹感」があります。そして腸のはたらきを活発にして、便秘解消の効果にすぐれています。

ジュースクレンズの効果は、水溶性食物繊維のみなので、満腹感はそれほど感じられません。便秘解消の効果も、スムージーほどではないと考えられます。
ただし、消化が必要な固形物が一切ふくまれていないので、胃腸の中が空っぽになります。そのためデトックス効果が高いと言えるでしょう。免疫力もアップします。

では、ジュースクレンズの効果をくわしく説明しますね。

スポンサーリンク


ジュースクレンズの効果とは?

スムージーとジュースクレンズの違いがわかったので、ジュースクレンズの効果をくわしく説明しましょう。

肌がキレイになる

ジュースクレンズの効果は、肌がキレイになることです。
固形物を一切たべないので、胃腸が空っぽになります。すると体内の老廃物がどんどん排出されていくんですね。ジュースクレンズには食物繊維が含まれていますので、デトックス効果が高いのです。

むくみ解消とアンチエイジング効果

ジュースクレンズの効果は、野菜やフルーツに含まれるビタミンやミネラルによって、むくみを解消できることです。
とくにカリウムが含まれていると、水分や塩分を排出しやすくなります。そのためむくみを解消してくれます。

また血行やリンパの流れを良くしてくれるので、病気予防や若返り効果も高いです。つまりアンチエイジング効果も得られるんですね。

免疫力アップ

血行を促進するジュースクレンズの効果は、免疫力もアップしてくれます。
固形物を食べないことで、消化機能がお休みできます。つまり体に負担がかからないということですね。

消化がお休みになると、体のほかの機能が活発になります。そのため、免疫力もアップすると考えられるんです。
そんなにスゴイ効果のあるジュースクレンズで、ダイエットする方法をご紹介します。

ジュースクレンズダイエットのやり方

ジュースクレンズダイエットのやり方は、1つではありません。一般的なのは、ファスティングダイエットとして行うやり方です。

通常のファスティングダイエットと同じ手順で行う

ファスティングダイエットとは、いわゆる「断食」のこと。
1日の食事を「ジュース」のみにして、体を「クレンズ」するというダイエット方法です。

500mlのジュースを1日6本、飲むのが一般的なやり方だそうです。とくに量は決まっていなくて、好きなだけ飲んで良いというパターンもあるようです。
いつ飲んでも良いので、飲みたいときに小分けして飲むと良いでしょう。

ファスティングダイエットのやり方は、こちらの記事でくわしく解説しています。

・ファスティングダイエットの方法

・ファスティングダイエットの効果と注意点

ジュースクレンズは市販か手作りか

ジュースクレンズダイエットで飲むジュースは、都内ならいくつか店頭で販売されています。また通販でも購入できるようです。
これなら手軽にダイエットに取り入れられそうですね。ただ1杯1000~2000円程度なので、何本も飲むとなると1日5000~6000円くらいかかってしまいますね。

自分でジュースをつくる場合には、適している野菜とフルーツがあります。

ジュースクレンズダイエットのおすすめ野菜とフルーツ

・トマト
・キャベツ・レタス(スムージーでは使わない野菜ですね)
・セロリ
・にんじん

・ブルーベリー
・バナナ
・オレンジ
・グレープフルーツ



これらの野菜やフルーツを「低速ジューサー」でしぼります。
高速ジューサーではなく、低速ジューサーでつくるのがポイントです。

期間はどれくらい?

ジュースクレンズダイエットは、はじめは1日だけでもOKです。むしろ、いきなり長期間やるのは体調不良を引き起こすこともあります。
長くても3~5日間にとどめておくことをおすすめします。5日間は、かなり上級者向けです。

ジュースクレンズで1日ファスティングをやった翌日は、おかゆなどの消化の良いものを食べるようにしましょう。胃腸のはたらきが弱くなっているので、調子が悪くなることがあります。
また、リバウンドしてしまう可能性もあります。スムージーよりもジュースクレンズのほうが、リバウンドしやすいと言われていますので注意しましょう。

ジュースクレンズダイエットは無理せず体調と相談しながら

ジュースクレンズダイエットの効果とやり方をご紹介しました。

うれしい効果はたくさんあるのですが、コストがかさむのがデメリットですね。

また固形物を一切摂らないため、スムージーよりも体調管理が必要になってきます。

体調がすぐれない時は、すぐに中断しましょう。健康が損なわれてしまっては、美しく痩せられないですからね。

体調と相談しながら、楽しくおいしくダイエットを成功させましょう。