レモネードダイエットは、ハリウッドセレブがやったことで人気が出た「マスタークレンズダイエット」と呼ばれる方法です。
クレンズというのは、体の中を洗浄するという意味。

体の中を完全に空っぽにする「デトックス効果」の高いダイエット方法です。
しかも短期間で痩せられるということで、人気が高まっています。

そんなレモネードダイエットについてご紹介します。

スポンサーリンク


レモネードダイエットって、どんな効果があるの?

レモネードダイエットのいちばんの効果は、デトックスですね。
その他にもうれしい効果がありますので、ご紹介します。

免疫力アップで風邪予防

レモネードダイエットの効果は、免疫力がアップすることです。
体の中がデトックスされることで、体内の老廃物や毒素を完全に排出できるんです。だから「マスタークレンズ(完全に洗浄)」と呼ばれるんですね。

ダイエットの大敵である便秘も解消されて、血行が良くなります。そのため、むくみや冷え性なども改善できるでしょう。

美肌効果が高く、紫外線対策もバッチリ

レモネードダイエットは、デトックス効果によって美肌効果も高いです。ニキビなどの元となる老廃物が排出されますから、肌トラブルも治ると考えられます。

また、レモンに含まれるビタミンCの効果で、紫外線によるダメージを防止することができます。つまり「美白効果」も高いということ。
そのためレモネードダイエットは、春夏の紫外線の多い季節に試してみると良いかもしれませんね。

レモネードの栄養で空腹感も少ない

レモネードのつくり方は、これからご紹介しますが、その栄養によって空腹感が少ないのが特徴です。
とくに「メイプルシロップ」は栄養価が高く、空腹感をまぎらわせてくれます。

スポンサーリンク


レモネードのつくり方

レモネードのつくり方は、用意した材料を混ぜるだけなので、とってもカンタンです。

用意するもの

ミネラルウォーターを300ml
天然のレモン果汁を大さじ2杯
唐辛子パウダー(カイエンペッパー)を少々
天然のメイプルシロップを大さじ2杯

これをすべて混ぜるだけで完成です。カンタンですよね。
ポイントは、レモン果汁はでき上がった市販のものではなく、天然の生レモンを絞った果汁を使うこと。そしてメープルシロップも、天然100%のオーガニックを使用することです。

レモネードダイエットのやり方

レモネードのつくり方がわかったところで、レモネードダイエットのやり方をご紹介しましょう。

1週間の準備期が必要

レモネードダイエットをはじめる前に、1週間の準備期が必要です。
この期間の食事に気をつけることで、スムーズにレモネードダイエットに入れる体をつくります。

なるべく肉や脂っこい食事は避けて、野菜中心の食事に切り替えましょう。そして味付けもなるべく薄味にして、スパイスなどの刺激物も避けます。
肉など消化に時間がかかる食べ物を避けて、短時間で消化するサイクルをつくります。

そして最終日の夜、つまりレモネードダイエットをする前夜には、ハーブティーを飲んで胃腸を空っぽにする準備をします。

1~3日間の断食

レモネードダイエットは、いわゆる「プチ断食」と同じ方法です。でも、一般的なファスティングダイエットとは違う手順もあります。
それは、「朝一番に塩水を飲む」ことです。これを「ソルト・ウォーター・バッシング」と呼びます。

胃腸が空っぽの状態の時に、1リットルの塩水を飲むことで排便をうながします。なるべく1時間以内に飲み干すようにしましょう。
数時間は便意が止まらず、下痢になることもありますのでご注意ください。

塩水のつくり方
ミネラルウォーター1リットルを30℃くらいに温める(人肌くらいのぬるま湯)
天然の塩を小さじ2杯入れて溶かす

トイレに行くのが落ちついたら、レモネードを好きなだけ飲みます。2時間おきに1杯ずつ飲むのが、基本的なやり方です。
お腹が空いたら飲んでも良いです。1日あたり6~12杯くらい。2~3リットルのレモネードが目安です。

そして夜は、ハーブティーを飲んでから寝ましょう。翌朝の排便をスムーズにする効果もあります。
リラックス効果と安眠効果もあります。

レモネードダイエットのやり方まとめ

①朝一番に塩水を1リットル飲む
②2時間おきにレモネードを飲む
③夜はハーブティーを飲む

この手順を1~3日間つづけます。

1~4日間の回復期に注意

レモネードダイエットが終了しても、すぐに元の食事に戻すのは厳禁です。
胃腸に負担がかかるのはもちろんのこと、リバウンドの原因にもなります。慎重にすすめていきましょう。
1~4日くらいかけて行うのですが、3日間くらいが一般的です。

1日目は、手作りのフレッシュオレンジジュースを飲みます。その他には、サラダや豆腐などを味付けなしで食べても良いでしょう。
2日目は、野菜スープをつくって飲みましょう。塩分のみがベストですが少しだけ他の味付けをしてもOKです。なるべく薄味にしてください。
3日目は、おかゆを食べると良いでしょう。おかずは消化の良いものを選び、味付けは薄味が基本です。

4日目くらいから徐々に食事を戻していきますが、いきなり脂っこい食事や消化の悪い肉は避けたほうが良いでしょう。
まずは魚や野菜を中心とした、薄味の食事にしてください。

レモネードダイエットは薄味に慣れるので健康になれる

レモネードダイエットが終わった後は、薄味に慣れていることが多いです。
そのためあまり濃い味のものを食べたいとは思わないんですね。

せっかくですから、そのまま薄味に慣れることで、添加物の摂取をひかえられます。
また塩分も少なめになりますから、むくみや血行不良も起こりにくくなりますね。

このまま健康的な食生活を送れるようになると良いですね。それが最大のメリットかもしれません。