産後ダイエットはゆる~く痩せる!産後太りの原因と痩せやすい時期

やっと愛する我が子に出会えたのは嬉しいけど、産後ダイエットは絶対にしなくちゃ!
と意気込んでいるママも多いのではないでしょうか?

出産後とは思えないほど、キレイに元の体型に戻っている人もいますよね。
そんな産後ダイエットのコツをご紹介していきます。

そして、そもそも産後太りの原因は何なのか。
それがわかれば、少なくとも太ることは回避できますよね。

産後の運命を左右する、ダイエットの方法をご紹介しましょう。

そもそも産後太りの原因って何?

産後ダイエットについて考える前に、産後太りの原因を見てみましょう。産後太りの原因がわかれば、産後ダイエットが成功するはずです。

授乳をしていると食欲が増す

産後は授乳していると、食欲が異常に増すと言われています。
その理由は、授乳という行為が600~800キロカロリーものエネルギーを消費しているからなんです。

つまり1食分のカロリーを消費しているわけですから、お腹が空くのも当然です。
ということは、ふつうの食事量ならどんどん痩せていくということになります。

でも授乳には栄養が必要ですから、いつもより少し多めに食事量が必要になります。
ここで食べ過ぎてしまい、産後太りをする人が多いんですね。

出産による骨盤のゆがみで太りやすい体質になる

出産をすると骨盤が開き、そして歪んでしまうと言われていますよね。
出産後から少しずつ元の位置に戻ろうとするのですが、それが戻りきらないうちに固まってしまうことがあるんです。

産後の骨盤はやわらかい状態なので、矯正するなら産後しかないんです。
だいたい骨盤が固まるのが4~6ヶ月と言われていますので、それまでに骨盤矯正が必要になります。

もし骨盤が歪んだままになってしまうと、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
今後の体質を左右する大切なことなので、しっかりと考えておきたいですね。

食事の時間がバラバラで間食してしまう

産後は赤ちゃんの世話に追われて、まとまった時間が取れなくなるんですよね。
24時間やすみなく働いて、食事もまともに食べられないでしょう。

だから、ちょっと時間が空いたときに間食してしまうんです。
はじめは「食事してないんだから、これくらい大丈夫かな」という感じでしょう。

でもそれが、いつしか暇さえあれば間食してしまうという状態になりかねません。
それが産後太りの原因なんです。

産後ダイエットで痩せやすい時期っていつ?

そもそも産後ダイエットって、いつからやっていいの? と気になりますよね。
そして産後には痩せやすい時期というものがあります。それはいつなのでしょうか。

産後1~2ヶ月の産褥期のダイエットはNG

産後ダイエットは、いつからできるのでしょうか。産後1~2ヶ月は産褥期(さんじょくき)と言われています。
この産褥期のダイエットはNGだと言われているんですね。

産褥期は、妊娠や出産の疲れをいやす時間です。体力の回復をはかるためにも、ゆっくりと休むことが大切なんです。
できれば家事などもやらないほうが良いそうですが、なかなかそうもいかない人も多いでしょうね。

ママとして、妻として、女性は本当に頑張っていますよね。

産褥体操でゆる~くダイエットの準備

産褥期には休息することが大切です。
とはいえ、まったく何もせず動かないと、筋肉はどんどん衰えてしまいますよね。それを防ぐためにも、産褥体操をしてみましょう。

産褥体操とは、産後すぐからでもできると言われている、ゆる~い体操のこと。
寝ながらでもできる体操もありますので、ぜひやってみましょう。

骨盤を締める産褥体操

骨盤を締める効果のある産褥体操は、産後5日目くらいから行っても大丈夫だと思いますが、医師の指示に従って行いましょう。
また体調がすぐれない時には、すぐに休息をとるようにしましょう。

①仰向けに寝て膝を立てます。
②両膝をくっつけて、左右交互にゆっくりと倒します。

これを5セットくらい繰り返しましょう。

3~6ヶ月が産後の痩せやすい時期

産後ダイエットに適している痩せやすい時期は、産後3~6ヶ月だと言われています。
この期間は、妊娠によってたくわえた脂肪も減りやすい時期です。そもそも妊娠でついた脂肪は、もともと落ちやすい脂肪なんです。

でもある一定の時期になると、ふつうの脂肪のように落ちにくくなってしまうと言われています。
そのため適切な時期に産後ダイエットすることが大切なんですね。

とはいえ、6ヶ月を過ぎたら手遅れというわけでもありません。
体調が悪いのに無理してダイエットをしても、体を壊すだけです。目の前の赤ちゃんは、あなたがいないと何もできないんです。

あなたが倒れたら困りますよね。だから無理をしないで、できる時になったらダイエットを開始してください。

4~6ヶ月で骨盤矯正エクササイズをする

出産によって開いた骨盤は、4~6ヶ月くらいで元の硬さに戻ると言われています。
出産後はやわらかく、矯正しやすい状態なので、この期間中に骨盤矯正することが大切です。

とくに「骨盤ベルト」はやったほうが良いと、多くのママが言っています。
骨盤ベルトと骨盤体操をセットでおこなうと、より骨盤が戻りやすくなります。

・なんで骨盤を戻さないといけないの?

出産を終え骨盤が開いた状態だと、痩せにくく太りやすい体質になると言われています。
そのためできるだけ柔らかいうちに矯正することが必要なんですね。
では、骨盤矯正エクササイズはどんなことをすればいいのでしょうか。

・骨盤矯正エクササイズ

膝にクッションを挟んで、そのまま屈伸をゆっくりと繰り返しましょう。
お尻をキュッと締めてやると、より効果的です。

産後ダイエットには有酸素運動をゆる~く

産後ダイエットの方法は、有酸素運動がおすすめです。ウォーキングや水泳がおすすめですが、ゆる~く体を動かしましょう。
あまりハードにやる必要はありません。リラックスしながら続けられる範囲でやってみてくださいね。

産後ダイエットの一番のポイントは、無理なく続けられること。
激しい運動は避けて、ゆったりとした運動を選んでください。

産後太り予防のための産後ダイエットをしよう

産後太りの原因と産後ダイエットについてご紹介しました。
産後はホルモンバランスが崩れたり、体力が低下していたりとダイエットをするのも大変です。
しかも慣れない育児に追われる日々ですから、心にも余裕がなくなっていますよね。

そのため産後ダイエットをするつもりが、むしろ産後太りをしてしまったということも少なくないんです。
産後ダイエットを成功させるコツは、焦らずにゆる~く続けることです。
産後太りを防ぐことができれば、自然と産後ダイエットも成功していることがあるでしょう。

スポンサーリンク