糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法!外食もOKのメニュー

糖質制限ダイエットのやり方とリバウンドしない方法

糖質制限ダイエットは、糖尿病の治療からはじまったダイエット方法です。
そう聞くと、健康的なダイエットのような感じがしますが、じつは、リバウンドしやすいダイエット方法だと言われています。
 

こみち
糖質制限ダイエットって、確かに痩せそうだけど、リバウンドしたら意味がないわ。

ここで、糖質制限ダイエットのやり方を再確認して、リバウンドしない方法を考えてみましょう。

糖質制限ダイエットのコツがわかれば、効率的に痩せられるダイエット方法です。
しかも、外食もOKなので、デートや会社の飲み会などでも対応できますよ。

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットは、糖質を減らしすぎてしまうと、エネルギー不足になってしまう可能性があります。
すると、体調不良になるケースがあり、危険なダイエットと言われることもあります。

でも、糖質制限ダイエットの正しいやり方をしっかりと知っていれば、安全で健康になれるダイエット方法なんです。

摂取カロリーはそのままで、糖質の量を減らす(制限する)

糖質制限ダイエットのやり方は、カロリー摂取量を変えずに、糖質だけを減らす(制限する)という方法です。

減らすだけですから、完全に糖質を食べないわけではありません。

もし、糖質を一切摂らない方法をする場合には、ごく短期間のみで終わらせないと危険です。

そのため、できれば糖質を減らす方法をおすすめします。

糖質とは、ご飯や麺類、パンなどの「炭水化物」のことなので、主食を減らして、お肉や魚などの「タンパク質」を多めに食べるダイエット方法です。

お肉は、脂肪分が多い部位もあるため、カロリーオーバーにならないように気をつける必要があります。
とはいえ、摂取カロリーを減らしすぎるのも危険です。

摂取カロリーを減らしすぎると、逆に痩せにくくなることがあるので、糖質制限ダイエットに失敗する原因になる場合があります。

1日の総カロリー数の目安を守り、それ以下でも、それ以上にもならいように調整しましょう。

1日3食しっかり食べる(脂質・タンパク質の摂り方)

糖質制限ダイエットのやり方は、三大栄養素である炭水化物を摂らない、もしくは減らすダイエット方法です。

三大栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質の3つのことです。

そのうちの炭水化物の量を減らすわけですが、それ以外の「タンパク質」と「脂質」をどれだけ食べてもOKというわけではありません。

中には、好きなだけお肉を食べてOKという方法を推奨している人もいますが、それでは痩せられない可能性があります。

あくまでも1日の総カロリー数を目安にして、その範囲内で食べるようにしましょう。

また、脂質に関しては、お肉の脂身も脂質ですが、料理に使う油もダイエットに良いものを選びたいですよね。

オススメの油は、不飽和脂肪酸である「オリーブオイル」や「菜種油」などが良いです。

不飽和脂肪酸とは、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。

このような良質な脂質を摂ることで、糖質制限ダイエットの効果がアップします。

お肉の脂身に関しては、なるべく「バラ肉」や「サーロイン」ではなく、「ヒレ」や「チキン」などの低カロリーのタンパク質を食べると、ダイエット効果が高まりますよ。

食物繊維・ビタミン・ミネラルを積極的に摂る

糖質制限ダイエットのやり方は、三大栄養素以外の「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」を積極的に摂ることで、栄養バランスが良くなり、ダイエット効果が高まります。

糖質制限ダイエットでは、食物繊維が不足しがちになり、便秘になる人が多いと言われています。

その理由は、ご飯に食物繊維が入っているので、そのご飯を減らすことで、食物繊維の摂取量が減ってしまうからなんです。

そのため、「ゴボウ」や「キノコ」、「海藻」などの食物繊維を積極的に摂ることで便秘を予防しましょう。

ただし、食物繊維の多いキノコ類の中でも、「エリンギ」は糖質量が割と多いので、「マイタケ」のほうがオススメです。

また、三大栄養素に「ビタミン」「ミネラル」をプラスすると、「五大栄養素」と言います。ビタミン・ミネラルと言うと、野菜や果物を想像しますが、中には糖質が含まれているものも多いのです。

たとえば、野菜なら「ジャガイモ」や「カボチャ」、果物なら「バナナ」や「ブドウ」などが糖質が多い野菜・果物です。

さらに、調味料にも糖質はたくさん含まれていますが、「糖質ゼロ」ではなく、「糖質制限ダイエット」なので、そこまで神経質にならなくても良いでしょう。

ただし、明らかに糖分が多い「ジャム」や「ケチャップ」「ソース」などは、控えるようにしましょう。

味噌や醤油などは、それほど大量に使わなければ大丈夫です。

糖質制限ダイエットでリバウンドしてしまう3つの理由

糖質制限ダイエットは、やめた途端にリバウンドしてしまう人が多いと言われています。

じつは、糖質制限ダイエットの性質上、リバウンドしやすいダイエット方法なのです。

では、なぜ糖質制限ダイエットはリバウンドしやすいのでしょうか?

ハードな糖質制限を突然やめると、リバウンドしやすい

糖質制限ダイエットでリバウンドしてしまう理由は、ハードな糖質制限をしているからです。
つまり、糖質をほぼゼロにしている人です。

そんな人は、糖質制限ダイエットを突然やめてしまうと、いきなり糖質を摂りはじめるため、リバウンドしやすくなってしまうのです。

糖質制限ダイエットの後は、ゆるやかに食事を戻していく必要があります。

ストレスがたまって、ドカ食いをしてしまう

糖質制限ダイエットでリバウンドしてしまう理由は、ストレスがたまってドカ食いしてしまうことです。

糖質を制限すると、脳のはたらきが悪くなり、ストレスもたまりやすくなってしまいます。

そのため我慢が限界に達したとき、ドカ食いをしてしまい、リバウンドしてしまうのです。

糖質以外のものを食べ過ぎている

糖質制限ダイエットでリバウンドしてしまう理由は、糖質以外のものを食べ過ぎている可能性があります。

糖質以外のものといえば、タンパク質や脂質ですね。ビタミンやミネラルは、摂り過ぎても太ることはほとんどありません。(過剰症はあります)

ダイエットとして糖質制限をしているわけですから、高カロリーなタンパク質や脂質を摂り過ぎると、リバウンドどころか、痩せることができなくなってしまうでしょう。

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法

では、リバウンドしやすいと言われている「糖質制限ダイエット」で、リバウンドしない方法はどうすれば良いのでしょうか?

コツさえつかめれば、とっても効率的なダイエット方法なので、ポイントを押さえておきましょう。

運動も取り入れる

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法は、運動を取り入れることです。

でも本当は、糖質制限ダイエット中に運動すると、危険だと言われています。

その理由は、エネルギーになりやすい「糖質」を減らしているからです。

この状態で運動をすると、エネルギー不足になり、めまいなどを起こす危険があります。

でも、運動前にほんの少し糖質を摂取し、比較的ゆるやかな運動をすれば大丈夫です。

ウォーキングなら、30分~1時間くらいが目安です。それほどハードに歩くことはありません。

また、筋肉量を増やすための「筋トレ」もオススメ。筋肉量が増えると、代謝がアップして痩せやすくなります。

とくに糖質制限ダイエットの場合、タンパク質を多めに摂っているため、筋肉量が増えやすく、ちょっと運動するだけで脂肪を燃焼しやすいのです。

糖質制限ダイエットでリバウンドしないためには、運動を取り入れるようにしましょう。

糖質をゼロにしない

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法は、糖質をゼロにするのではなく、糖質を減らす方法を選ぶことです。

完全に糖質を断ってしまうと、体に支障が出てきます。脳のはたらきが悪くなったり、めまいが起きたり、最悪の場合には、命の危険さえあります。

糖質とは、生命を維持するために絶対に必要な「三大栄養素」のうちの1つですから、絶対に摂らないといけない栄養素なのです。

それをゼロにしてしまうのは、どれほど危険かおわかり頂けますでしょうか?

そのため、糖質を完全にゼロにする方法はやめて、糖質の量を減らすダイエット方法にしましょう。

糖質を適度に減らすことで、ブドウ糖が先に消費され、その後に脂肪がブドウ糖に変換されて消費していきます。

脂肪は、直接的にはエネルギーとして消費されませんが、「ケトン体」に変換されると、脂肪は消費されていきます。

「MCTオイル」という中鎖脂肪酸100%のオイルを使った「MCTオイルダイエット」と並行して「糖質制限ダイエット」をすると、脂肪がケトン体に変換されやすくなります。

MCTオイルダイエットは我慢しないで痩せる方法

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法は、糖質をゼロにしないことです。極端な糖質制限は、危険なのでやめましょう。

ダイエット終了後、急激に食事を戻さない

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法は、ダイエット終了後、急激に食事を元に戻さないことです。

糖質制限ダイエットでリバウンドする人の多くは、目標体重に達成した時点で、いきなりダイエットをやめてしまうことが多いようです。

突然ダイエットをやめて、いきなり元の食生活に戻してしまうと、リバウンド確実です。

糖質制限ダイエットが終了したら、徐々に食事を戻し、体に負担がかからないようにしてくださいね。

糖質制限ダイエットは外食もできるの?

「糖質制限ダイエット中は、外食なんてできない!」と思っている人もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫!

糖質制限ダイエット中でも、外食はできます。では、どんな食べ物を選べば良いのか見ていきましょう。

居酒屋ならヤキトリと砂肝・青魚

糖質制限ダイエット中に居酒屋に飲みに行く場合は、「ヤキトリ」や「砂肝」を注文すると良いでしょう。

砂肝は、糖質がほぼゼロなので、糖質制限ダイエットには最適な食材です。貝類もオススメです。

また青魚の油は、不飽和脂肪酸なので、糖質制限ダイエット中の外食にピッタリです。

食材と調理法をしっかり見極めてから、糖質を摂り過ぎないように選びましょう。

ランチなら「刺身定食」や「焼き魚定食」にする

糖質制限ダイエット中のランチを外食するなら、刺身定食や焼き魚定食など、単品にならないメニューを選ぶと効果的です。

定食系なら、いろいろな食べ物がセットになっているので、栄養バランスが良くなります。

また、食べ物を選ぶポイントとして、刺身なら「エビ」や「かつお」、「鯛」や「マグロの赤身」が効果的です。
焼き魚なら、「鮭」や「さんま」、「アジ」や「サバ」などがオススメです。

ファミレスならグリルチキンやほうれん草のソテー

糖質制限ダイエットのランチを外食するなら、ファミレスでも糖質制限メニューはあります。

「若鶏のグリル」などのチキン系メニューや、ほうれん草のソテーも良いですね。

また、サラダを注文する場合は、「エビ」や「豆腐」、「ワカメ」や「ブロッコリー」などが入っていると良いでしょう。

糖質制限ダイエットは、外食もできるので、意外とメリットが多いのではないでしょうか。

美味しく楽しくダイエットを成功させるためにも、「外食できない」とあきらめず、肩の力を抜きましょう。

【ライザップも糖質制限】リバウンドを避けられない?

多くの芸能人が挑戦した「ライザップ」。CMでも有名ですよね。

確実に、別人のように痩せられるダイエット方法として、話題になりましたよね。

でもやり方を見てみると、「そりゃ、リバウンドするでしょ」という過酷な糖質制限ダイエットのようです。

だから、わざわざ20万円以上も出して過酷なダイエットをする必要はない気がしますね。正しい知識さえ持っていれば、健康的に痩せることができるんです。

確かに筋肉量を落とさずに脂肪を減らし、理想的な体型にはなれます。

でも、「継続しないと、確実にリバウンドする」という方法なんです。

しかも糖質制限ダイエットは、あまり長く続けるのは危険だと言われているので、結局やめた途端にリバウンドしてしまうことが多いでしょう。

運動を取り入れたり、糖質制限をゆるくしたりすることで、糖質制限ダイエットでリバウンドせずに済みますよ。

運動も、あまりつらいと継続できないので、継続できるくらいの運動量にしましょう。
これが、糖質制限ダイエットでリバウンドしない一番の方法です。
                
運動を取り入れて糖質制限ダイエットをすると、病気予防・ダイエット・美容の3つにとって良い効果がありますよ。

糖質制限ダイエットをリバウンドせずに成功させよう!

糖質制限ダイエットでリバウンドしない方法をご紹介しました。糖質制限ダイエットは、正しいやり方をマスターするのが、いちばん大切です。

それがわかっていないと、、なかなか効率的に痩せることはできないので、まずはやり方をマスターすることが大切ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

糖質制限ダイエットは、完全に糖質をゼロにするのはNG!
糖質を抑えながら、運動も取り入れると効果的ですよ。

スポンサーリンク