食欲抑制サプリのダイエット効果|食欲を抑えてラクに痩せる

食欲を抑制する満腹サプリでダイエット成功へ!

ダイエットで一番つらいのは、食欲を我慢することですよね。
でも、我慢しすぎることでストレスがたまり、余計に食べ物のことばかり考えていませんか?

そのストレスは、ダイエットの大きな障害にもなり得るのです。
 

こみち
じゃぁ、この止まらない食欲をどうすればいいの?

もし、食欲を抑えることができるなら、ラクにダイエットを成功させることができますよね。
じつは、そんなあなたの願いを叶えてくれるサプリがあるんです。

その名も「食欲抑制サプリ」です。
空腹感をやわらげ、満腹感を得ることで、ラクして痩せるサポートをしてくれるサプリです。

そんな夢のようなダイエットサプリは、どれほどの効果があるのか見ていきましょう。

食欲抑制サプリのメカニズム|食欲を抑えればラクに痩せる!

ダイエット中の空腹感は、集中力がなくなったり、イライラしたりして厄介ですよね。このストレスのせいで、ダイエットを途中で断念してしまう人も多いことでしょう。

でも、食欲を抑えることができるなら、ダイエットがグンとラクになります。誰だって、できることならラクして痩せたいですからね。

その望みを叶えるには、「食欲抑制サプリ」を飲めばいいんです! 満腹感を得られるので、「満腹サプリ」とも呼ばれています。

脳を満足させて、食欲を抑える

「お腹がいっぱいになる」という感覚は、脳から指令が出されることで、感じるようなメカニズムになっています。

脳が「満腹だ」と感じるためには、「満腹ホルモン」と呼ばれている「レプチン」を分泌させる必要があります。

このレプチンは、「痩せるホルモン」とも呼ばれていて、分泌が増えれば食欲を抑えることができます。

しかし、睡眠不足やストレスによって、レプチンの分泌が減り、食欲を抑えられなくなってしまうのです。

では、レプチンを増やすには、どのような食欲抑制サプリを飲めば良いのでしょうか?

レプチンの分泌をうながすには、「ビタミンE」や「亜鉛」が含まれている食欲抑制サプリを選ぶと良いでしょう。

ビタミンEと亜鉛が、レプチンの分泌をサポートし、食欲を抑えてくれます。

空腹を感じる機能を作動させない

空腹を感じるメカニズムは、やる気がアップしているときに分泌される「ドーパミン」という脳内物質と関係があります。

適量のドーパミンが分泌されていれば、食欲を抑える効果があるのですが、過剰に分泌されてしまうと食欲が暴走して止まらなくなってしまいます。

つまり、ドーパミンの分泌を適量にとどめることで、空腹を感じる機能が作動しにくくなります。

そのためには、好きなことをする時間をつくり、ストレスを解消することが効果的です。

食欲抑制サプリの中には、リラックス効果をもたらすものもあるので、それを利用すれば食欲を抑えられます。

お腹をふくらませて、物理的に満腹感をつくる

食欲抑制サプリには、お腹をふくらませて、物理的に満腹感をつくり出す成分もあります。お腹の中がいっぱいになれば、食欲は抑えられますよね。

この効果があるのは、「食物繊維」です。
食物繊維はお腹の中でふくらみ、満腹感をもたらしてくれます。

また、腸内環境をととのえて便秘を解消する効果もあるので、ダイエット効果としては一石二鳥ですね。

食欲抑制サプリの効果|どんなサプリがいいの?

では、食欲抑制サプリの効果についてご紹介していきます。どんな成分が入っているサプリを選べばいいのか見ていきましょう。

ギムネマ

ギムネマを飲んだ後は、甘さを感じなくなるという変わった性質があるため、食欲を抑えることができます。

ギムネマは、血糖値の上昇を抑えることで、糖質の吸収を抑え、脂肪がつきにくくなる効果があります。

またギムネマは、脳の中枢神経を刺激することで、空腹感を感じにくくなり、食欲をコントロールすることができます。

カフェイン

カフェイン入りの食欲抑制サプリの効果は、交感神経を刺激することで、一時的に血糖値を上昇させる効果があります。

空腹を感じているときに、筋肉に刺激を与えるような運動をすると、食欲を抑えることができると言われていますが、それと同様の効果が見込めます。

また、運動前にカフェインを摂ると、脂肪が燃焼しやすくなる効果もあるため、ダイエットの強い味方になってくれるでしょう。

酵素

「酵素ドリンク」を健康や美容のために飲んでいる人が多いですが、食欲抑制サプリとしての効果は、食べ物の消化を助け、エネルギーに変換するサポートをしてくれることです。

酵素は体内にもありますが、加齢とともに減ってしまうので、食べ物から摂取する必要があります。

野菜や肉など、ほとんどの生の食べ物には酵素が含まれていますが、効率的に摂取するにはサプリがオススメです。

酵母

酵母とは酵素をつくり出す微生物の一種で、酵母から酵素が生まれるので「酵素の母=酵母」と呼ばれています。

酵母には、食欲抑制サプリとしての効果もありますが、マルチサプリと呼ばれるほど、さまざまな効果が期待できます。

酵母は、人間のすべての機能に関連していて、ダイエットサプリとしても効果を発揮してくれます。

カプサイシン

カプサイシンは、脂肪燃焼の効果が有名ですが、食欲抑制サプリとしての効果もあります。

カプサイシン入りの食欲抑制サプリを飲むと、胃酸の分泌を減らし、脳の中枢神経を刺激する効果があります。
脳の中枢神経が刺激されると、食欲を抑えることができるのです。

カプサイシンとは、唐辛子の辛み成分ですが、摂り過ぎると胃が荒れるのでご注意ください。

ガルシニア

ガルシニアはオトギリソウの一種で、食欲抑制サプリに含まれていることが多い成分です。

カルシニアは血糖値の上昇を抑えたり、食欲を抑えたり、脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。

食物繊維

食物繊維の食欲抑制サプリとしての効果は、満腹感を得られることです。食物繊維はおなかの中でふくらむので、食べ過ぎを防ぐことができます。

また食物繊維は、腸内環境を良くして便秘を解消してくれるので、ダイエットに最適なサプリと言えるでしょう。

食欲抑制サプリの効果的な飲み方

食欲抑制サプリの効果をご紹介しましたが、つぎに、効果的な飲み方をご紹介します。

食欲抑制サプリの効果を最大限に引き出すためにも、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

コップ1杯の水をしっかり飲む

食欲抑制サプリは、お腹の中でふくらむ成分が多いため、水をしっかり飲むことが大切です。

とくに「食物繊維」が含まれている食欲抑制サプリなら、水を飲むことでより満腹感を得られます。

また、食欲抑制サプリと一緒に充分な水を飲むことで、サプリが体内で溶けやすくなり、吸収しやすくなります。

食前30分前に飲むと、食事の量を減らせる

食欲抑制サプリを飲むタイミングですが、食前30分くらいに飲むと効果的です。

食欲抑制サプリの効果がすぐにあらわれるわけではありませんし、お腹の中でふくらむ成分なら、ふくらむまで時間がかかります。

そのため食欲抑制サプリは、食事の30分前に飲むようにしましょう。

空腹時に飲むと、間食を防げる

食欲抑制サプリの飲み方は、空腹時に飲むことで、間食を防ぐことができます。

つまり、お腹が空いたときに飲むと、空腹感がまぎれ、食欲を抑えることができます。

長期間にわたって飲み続けない

食欲抑制サプリの飲み方は、長期間にわたって飲み続けないことです。食欲を抑えれば痩せやすくなりますが、食欲を抑えすぎると体に支障をきたします。

体には栄養が必要なので、キレイに痩せるためには、必要な栄養を摂ることも大切です。

健康的に痩せるためにも、あまり長期間飲み続けないようにしましょう。

食欲抑制サプリの副作用は?

食欲抑制サプリには、副作用がある場合もあります。人間の本能とも言える「食欲」を抑えるわけですから、カラダ的にはあまりよろしくないのです。

海外サプリなどは、成分の配合量が多すぎたり、日本では規定がある成分が含まれていることもあるため、副作用が出ることがあります。

とくに危険なのは、食欲を抑える効果が強すぎて、食欲がなくなってしまうこと。

一見うれしい効果に感じますが、人間は食べないと死んでしまいます。これは当たり前の話ですよね。

つまり、栄養が体に入って来なくなると、体のさまざまな機能が停止して、体調不良では済まされない事態にもなりかねません。

そのため、国産のサプリも服用する量はしっかりと目安を守り、海外サプリには充分注意するようにしましょう。

また、副作用の症状として可能性があるのは、「不眠症」「高血圧」「下痢・便秘」などです。

食欲抑制サプリには、脂肪を燃焼しやすくする効果もあるため、神経を興奮させて不眠症になる場合があるのです。

この時点で対処しておかないと、命に関わることもあるかもしれないので気をつけましょうね。

対処法としては、服用をいったん中止して、様子をみると良いでしょう。

そもそも食欲を抑えられない原因とは?

では、そもそも食欲が抑えられなくなる原因とは何なのでしょうか? 根本的なことがわかれば、それに対処することもできますよね。

食欲を抑えられないのは、睡眠不足が原因

食欲を抑えられない原因は、睡眠不足です。
睡眠不足になると、食欲をコントロールする「レプチン」の分泌が充分にできず、食欲を抑えることができなくなります。

そのため睡眠とダイエットには深い関係があり、しっかりと睡眠をとることが大切なのです。

ストレスがたまると、やけ食いに走る危険が

食欲を抑えられない原因は、ストレスがたまることです。ストレスがたまると、「やけ食い」や「やけ酒」をする人も多いのではないでしょうか?

このような暴飲暴食は、食欲のコントロールができなくなっている証拠です。

ストレスがたまることでも「レプチン」の分泌が減ってしまうので、ストレスは早めに解消するようにしましょう。

糖質・脂質を摂り過ぎると食欲を抑えにくくなる

食欲を抑えられない原因は、糖質や脂質を摂り過ぎていることです。糖質や脂質には依存性があり、摂り過ぎるとコントロールできなくなってしまうのです。

食欲を抑えるには、栄養バランスの良い食事をすることが大切。栄養が足りていると、むやみに食欲が暴走することはありません。

食欲抑制サプリの満腹効果で確実にダイエットを成功へ

食欲抑制サプリの効果と、空腹を感じるメカニズムについてご紹介しました。食欲を抑えることができれば、ダイエットが格段に成功しやすくなりますよね。

そのため大切なポイントをご紹介しました。
効率的に痩せるためにも、食欲抑制サプリを活用してみると良いでしょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

食欲抑制サプリの効果は、「満腹感」と「空腹を感じなくなる」こと。
この2つの効果を利用して、ダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク