玉ねぎヨーグルトを食べるタイミング|痩せない人の対処法

玉ねぎヨーグルトは食べるタイミングによって効果が変わる!

玉ねぎヨーグルトがダイエットに効果があると聞いて試してみたけど、なんかイマイチ効果がないと感じていませんか?

玉ねぎヨーグルトは、生玉ねぎとヨーグルトを混ぜたもので、便秘解消の効果が高いと話題になっています。

でも便秘も解消されないし、痩せないと思っている人のために、効果的な食べるタイミングをご紹介したいと思います。
 

こみち
玉ねぎヨーグルトを頑張って毎日食べてるけど、効果的な食べ方があるなら知りたいわ。

玉ねぎヨーグルトを毎日食べているのに、効果がないと感じている人の対処法があるので、ぜひ試してみてください。

あきらめるのは、まだ早いですよ。玉ねぎヨーグルトの効果はスゴイので、その効果を知らないままでは、もったいないです。

玉ねぎヨーグルトを食べるタイミングで効果が違う?

玉ねぎヨーグルトとは、生玉ねぎをスライスして、ヨーグルトと混ぜて一晩おいたもの。

塩を少々入れるので、ヨーグルトのイメージとは全く別物の味がします。

でもこれがダイエットにスゴイ効果があるんです。というのも、便秘解消の効果がスゴイのです。

毎日100g程度の玉ねぎヨーグルトを食べるのが一般的な食べ方ですが、食べるタイミングによって効果が変わってくるのです。

もし玉ねぎヨーグルトを食べているのに便秘が解消されない・痩せないと思っている人は、食べ方が間違っているのかもしれません。

そこで今回は、玉ねぎヨーグルトの効果を高める食べ方をご紹介します。

玉ねぎヨーグルトでダイエット効果をアップする食べ方は?

では、玉ねぎヨーグルトでダイエット効果をアップする食べ方は、どのようにすれば良いのでしょうか?

基本的には、いつのタイミングで食べてもOKなのですが、効果がないと感じている人のための食べ方をご紹介します。

朝と夜の2回食べる

玉ねぎヨーグルトでダイエット効果をアップする食べ方は、朝と夜の2回に分けて食べることです。

朝か夜にまとめて100g食べている人は、それを朝晩に分けて食べてみましょう。

1度に食べても効果がある人もいますが、人それぞれ腸内環境の状態が違うので、効果の感じ方には個人差があるのでしょう。

1回あたり50gでOK

朝晩に分けて食べるなら、1回あたりの玉ねぎヨーグルトの量はたった50g。

玉ねぎヨーグルトは辛いとか、味が苦手な人もいるようですが、50gくらいなら何とかなりそうですよね。

最後に、美味しい食べ方アレンジもご紹介するので、玉ねぎヨーグルトの概念が変わるかもしれませんよ。

平均3日で便秘が解消される

玉ねぎヨーグルトのダイエット効果がアップする食べ方は、平均で3日間食べ続けると、便秘が解消される人が多いようです。

乳酸菌が腸内で効果を発揮するまでに、3日程度かかるそうなのです。

だから、1日食べて便秘が解消されないと思っている人は、1週間くらい食べ続けてみてください。

食べ過ぎると下痢になるので注意

玉ねぎヨーグルトは、便秘解消の効果が高いので、食べ過ぎると下痢になる場合があります。

便秘を解消したい人は、下痢になるくらいのほうが良いと思うかもしれませんが、下痢になると腸の奥につまった便が出ないで、手前の便だけ出ている可能性があります。

そのため、しっかりと腸内ではたらいてもらうには、玉ねぎヨーグルトを食べ過ぎないように注意しましょう。

玉ねぎヨーグルトを食べても痩せない人の対処法

玉ねぎヨーグルトの効果はスゴイのですが、痩せない人はどのような対処法があるのでしょうか?

ちょっと食べ方を変えてみると、あなたが欲しい効果が感じられるようになるかもしれません。

脂肪の吸収を抑えるには食前に食べる

玉ねぎヨーグルトのダイエット効果は、便秘解消だけでなく、脂肪の吸収を抑える効果もあります。

そのため、脂肪の吸収を抑えて痩せたいと考えている人は、食前に食べるのが効果的な対処法です。

食前に玉ねぎヨーグルトを食べることで、満腹感がアップし、食べ過ぎを予防してくれます。

玉ねぎヨーグルトは、食べた物の脂肪分を吸収しにくくなり、太りにくくなる効果が期待できます。

便秘を解消するなら食事と一緒に食べる

では、玉ねぎヨーグルトで便秘を解消したい人は、いつ食べれば良いのでしょうか?

便秘解消に効果的な食べるタイミングは、食事と一緒に食べることです。

食事と一緒に食べると、乳酸菌が腸まで届きやすくなるのです。

なぜなら、乳酸菌は胃酸によって死滅してしまうことが考えられるので、空腹時では効果がない場合があるのです。

便秘解消の効果を最大限に引き出したい人は、食事と一緒に食べることをオススメします。

ヨーグルトの乳酸菌の種類を変える

玉ねぎヨーグルトを食べても痩せない人の対処法は、ヨーグルトの乳酸菌の種類を変えてみることです。

乳酸菌には様々な種類があり、ヨーグルトによって違う種類の乳酸菌を使っているのです。

もし便秘が解消されないなら、ヨーグルトを変える必要があります。

◆1週間食べても効果がないならヨーグルトを変える

玉ねぎヨーグルトを食べても便秘が解消されない人は、1週間食べ続けてみてください。

1週間食べ続けたのに便秘が解消されない人は、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類が合わないのかもしれません。

メーカーによってビフィズス菌とか、サーモフィラス菌とか、様々な乳酸菌が使われています。

どの乳酸菌でも同じではないのです。

◆途中で効果がなくなったらヨーグルトを変える

玉ねぎヨーグルトを食べはじめてから効果があったけど、しばらくしたら効果がなくなってしまう場合もあります。

これは、乳酸菌に体が慣れたことが原因です。

薬でも頻繁に飲んでいると、その薬の効果がなくなってしまうことがあります。それと同じことです。

そんなときは、食べるヨーグルトの種類を変えてみたり、はじめから定期的に種類を変えることで、便秘解消効果を持続させることができます。

加熱しすぎないことがポイント

玉ねぎヨーグルトの効果がないと感じている人は、加熱しすぎていませんか?

玉ねぎヨーグルトは、普通のヨーグルトとちがった味がするので、加熱したり、料理に加えると食べやすくなります。

でも、そのときに加熱しすぎないことがポイントです。

玉ねぎヨーグルトを加熱しすぎると、乳酸菌が死滅して、便秘解消の効果がなくなってしまいます。

でも、適度に温めることで、乳酸菌の効果が倍増するので、加熱すること自体はオススメです。

玉ねぎヨーグルトの食べ方アレンジは?

では、毎日食べるには飽きてしまいそうな玉ねぎヨーグルトですが、食べ方のアレンジを変えれば、飽きずに続けられます。

玉ねぎヨーグルトは、普通のヨーグルトよりもアレンジしやすいので、ぜひいろいろと食べ方を変えてみてくださいね。

カレーにかけて食べる

玉ねぎヨーグルトの食べ方アレンジは、カレーに混ぜて食べることです。これが一番カンタンです。

玉ねぎはカレーに入っていますし、ヨーグルトはラッシーに使われています。そのため玉ねぎヨーグルトとカレーは、よく合うのです。

カレーと一緒に加熱せず、カレーにかけて食べるのがオススメ。

さっぱりとした爽やかな味になるので、カレーをスッキリ食べられます。

ドレッシングにする(ポテトサラダにも合う)

玉ねぎヨーグルトの食べ方アレンジは、ドレッシングを作ることです。

玉ねぎヨーグルトは、すでに玉ねぎと塩が入っているので、ドレッシングを簡単に作れます。

ポテトサラダをつくるときに加えても美味しいですよ。全部マヨネーズで作るよりもヘルシーですよ。

玉ねぎヨーグルトはダイエットの強い味方

玉ねぎヨーグルトを食べるタイミングと、痩せない人の対処法をご紹介しました。

玉ねぎヨーグルトを上手に食べれば、便秘がかなり解消されるので、ダイエット成功には欠かせない要素ですよね。
 

こみち
こみちの一言コラム

玉ねぎヨーグルトは「便秘解消」と「脂肪の吸収を抑える」効果がありましたね。

それを効果的に食べるなら、朝と晩の2回に分けて食べるのが効果的ですよ。

スポンサーリンク