減量用プロテインの痩せる飲み方|普通のプロテインと何が違うの?

痩せたいなら、減量用のプロテインを飲むべき?

プロテインでダイエット効果を期待する場合、「減量用プロテイン」を飲みたいと思いますよね。

では、減量用プロテインと普通のプロテインは何が違うのでしょうか?
 

こみち
減量用プロテインのほうが、痩せそうな気がするわ。

ダイエット目的でプロテインを飲むなら、「体を引き締めながら、効率的に痩せたい」と思う人が多いと思います。

そこで今回は、減量用プロテインと普通のプロテインは何が違うのか、また減量用プロテインの痩せる飲み方をご紹介します。

細マッチョになりたい男性も、最速で痩せたい女性も、効果的なプロテインを選ぶ参考にしてみてください。

減量用プロテインとは?

そもそも減量用プロテインとは、一体どんなものなのでしょうか? 減量という言葉が入っているからには、普通のプロテインよりも痩せそうなイメージがありますよね。

では、減量用プロテインには何が含まれていて、どんな効果があるのか見ていきましょう。

大豆が原料の植物性タンパク質なので低カロリー

減量用プロテインとして売られているものは、ほとんどが「ソイプロテイン」です。ソイプロテインとは、大豆が原料の植物性タンパク質のことです。

そのため低カロリーであることが、減量用プロテインと呼ばれる理由の1つになります。

脂肪を燃焼させる成分が含まれている場合がある

減量用プロテインの中には、脂肪を燃焼させる効果のある成分が含まれていることがあります。たとえば「カルニチン」「カプサイシン」「クロロゲン酸」などです。

これらの成分は、脂肪が体にたまりにくくなる効果や、脂肪を消費しやすくする効果があります。

それが、減量用プロテインと呼ばれる理由の1つです。

血糖値の上昇を抑え、コレステロールを排出する

減量用プロテインの主成分である「大豆」には、血糖値の上昇を抑え、コレステロールを排出するはたらきがあります。

また、それに加えて食物繊維が含まれている減量用プロテインもあるようです。

食物繊維は血糖値の上昇を抑え、脂肪がつきにくくなる効果があります。さらに、便秘解消の効果も期待できます。

吸収がゆるやかで腹持ちがよい

ダイエットのための食事を考える場合、腹持ちが良いものを食べて、満腹感を持続させるのが効果的です。

減量用プロテインである「ソイプロテイン」は、吸収スピードがゆるやかなので、お腹にとどまっている時間が長く、腹持ちが良いのが特徴です。

でも、吸収スピードが速い「ホエイプロテイン」でも、痩せる効果はあります。痩せる効果は腹持ちだけでなく、筋肉量を増やすこともダイエットでは大切なこと。

あなたが実践しているダイエット方法によってプロテインの種類を選ぶと、効率的に痩せることができます。

減量用プロテインは普通のプロテインと何が違うの?

減量用プロテインには、痩せる成分が含まれていることもありますが、必ずしも前項で紹介した成分が含まれているとは限りません。

では減量用プロテインは、普通のプロテインと何が違うのでしょうか?

そもそも減量用のプロテインは存在しない

ガッカリする人もいるかもしれませんが、そもそも減量用プロテインというものは存在しません。

ホエイプロテインもソイプロテインも「タンパク質」であることには変わりないので、どちらのほうが痩せるという違いはないのです。

体をつくるのはプロテインの種類ではなく、筋トレやウォーキングなどの運動の種類によります。

筋トレなら筋肉量を増やし、代謝をアップさせることで痩せます。ウォーキングなどの有酸素運動なら、脂肪が燃焼しやすい運動なので痩せます。

どちらの運動でも痩せる効果があり、どちらのプロテインを飲んでも筋肉量を増やすサポートをしてくれます。

筋肉ムキムキになるのはプロテインの効果ではない

多くの人のイメージとして、ホエイプロテインを飲むと筋肉ムキムキになり、ソイプロテインを飲むと痩せると思っているかもしれません。

でも実際には、ホエイプロテインでも痩せるし、ソイプロテインでもムキムキになります。

これはどういうことかというと、筋肉量が増えれば代謝がアップし、痩せやすくなるので、ホエイプロテインを飲んで効率的に筋肉量を増やせば、痩せることが可能です。

筋肉ムキムキになりたいなら、高負荷の筋トレをハードにおこない、細くなりたいなら、低~中負荷の筋トレと有酸素運動をミックスさせると効果的です。

プロテインはタンパク質であり、必須アミノ酸が含まれています。アミノ酸には代謝をアップさせる効果があるので、どのプロテインを飲んでも痩せる効果はあるのです。

減量用プロテインの痩せる飲み方

減量用プロテインは存在しないという残念なお話をしましたが、ソイプロテインの飲み方をうまくすれば、痩せやすくなります。

では減量用プロテインの痩せる飲み方をご紹介していきましょう。

運動後30分以内に飲むと筋肉量を維持できる

減量用プロテインの痩せる飲み方は、運動後30分以内に飲むことです。どのプロテインも同じなのですが、運動後すぐに飲むことで、筋肉量を維持することができます。

ただし、ソイプロテインは体に吸収されるまでの時間が長いので、筋肉量を効率的に増やしたいのであれば、ホエイプロテインを飲むことをオススメします。

1日1回でOK。2~3回飲んでもOK

減量用プロテインの痩せる飲み方は、1日1回飲めばOKです。痩せて細くなりたい人は、そこまでハードな運動をしていないと思います。

そのため、食事でもタンパク質を補給することを考えると、1日1回飲めば良いでしょう。

でも、食事の栄養バランスを整えるためにプロテインを飲むなら、2~3回飲んでもOKです。運動+食事制限をしている人は、タンパク質が足りなくならないように、小まめな摂取も効果的です。

食事を抜かずに、足りない栄養をおぎなう

減量用プロテインの痩せる飲み方は、食事を抜かずに、足りない栄養をおぎなうためにプロテインを利用することです。

プロテインダイエットのやり方を見ると、「1食置き換え」の方法が目立ちますが、できれば食事を抜くのではなく、減らす程度にすることをオススメします。

置き換えダイエットにすると、運動をせずに食事だけで痩せようとする人がいますが、リバウンドを防ぐには食事を抜かないほうが良いでしょう。

またプロテインの効果を最大限に引き出すためにも、運動を取り入れたダイエットをすることをオススメします。

寝る直前はNG!寝る1時間前には飲んでおく

減量用プロテインの痩せる飲み方は、寝る前に飲むことです。といっても、寝る直前に飲むと消化が終わらないので、安眠のさまたげになることが多いです。

そのため、寝る1時間前くらいにプロテインを飲んでおくと、寝ている間も筋肉量を減らすことなく、ダイエット効果を維持できます。

とくにソイプロテインは吸収スピードが遅いので、寝る直前に飲むと良くありません。

プロテインでダイエットする際の注意点

では、プロテインでダイエットする際の注意点には、どんなことがあるのでしょうか?

摂取カロリーが基礎代謝量を下回ると痩せにくくなる

プロテインダイエットの注意点は、プロテインを飲むことで栄養補給をするので、それに応じて食事制限をする人も多いと思います。

でも摂取カロリーを減らしすぎて、基礎代謝量を下回ってしまうと、摂取カロリーは少ないのに痩せにくくなることがあります。

これは「飢餓状態」と呼ばれ、体が生命の危機を感じ、脂肪をため込もうとする機能が発動してしまうからです。

これを防ぐには、最低でも基礎代謝量以上のカロリーを摂取する必要があります。

摂り過ぎると余ったタンパク質が脂肪へと変わる

プロテインダイエットの注意点は、プロテインを摂り過ぎないように気をつけることです。プロテインを摂り過ぎると、余ったタンパク質が脂肪に変わりやすくなります。

またタンパク質は、一度に吸収できる量が決まっているので、それ以上摂っても体の外に排出されてしまいます。

タンパク質の過剰摂取は、腎臓や肝臓に負担をかける原因にもなるので、一度に大量に摂るのではなく、小まめな補給が大切です。

食事をプロテインに置き換えるのはNG

先ほども説明しましたが、食事をプロテインに置き換えるダイエット方法はオススメできません。

リバウンドするリスクが高まることと、栄養摂取量が少ないと、痩せにくくなるからです。そのメカニズムに関しては、先ほどご紹介しましたね。

プロテインはサプリの一種なので、あくまでも食事をしながら、足りない栄養をおぎなうことを目的としています。

プロテインだけを摂るのは、逆効果になる場合があるので気をつけましょう。

ホエイプロテインを飲むなら、豆乳で割るとソイプロテインのような効果がある

減量用プロテインは大豆が原料なので、豆乳で割って摂ると、イソフラボンの摂り過ぎになる恐れがあります。

ホエイプロテインを飲むなら、豆乳で割って飲むことで、ソイプロテインと同じような効果を得ることができます。

注意点としては、ソイプロテインを飲めば痩せるわけではなく、あくまでもダイエットのサポートであることを忘れないようにしましょう。

減量用プロテインは普通のプロテインと効果は変わらない

減量用プロテインとは何かや、痩せる飲み方をご紹介しました。普通のプロテインと何ら変わりないので、どちらも痩せることを目的として飲むことができます。

ダイエット目的で飲むなら、どちらかといえばソイプロテインのほうが良いというくらいのことなのです。
 

こみち
こみちの一言コラム

減量用プロテインは、痩せる成分が配合されていることがある。

でもホエイプロテインでも痩せることはできます。あなたに合ったプロテインを飲みましょう。

スポンサーリンク