プロテインを飲むと太るの?運動しない人もプロテインを飲むべき?

プロテインを飲むと太るって本当?

「プロテインを飲みたいけど、太るのでは?」と思って、飲むのをためらっている人もいるかもしれません。でも、トレーニングをして引き締まった体をしている人は、プロテインを飲んでいる人が多いんです。

では、プロテインを飲んで太ってしまった人は、何が原因なのでしょうか? 結論からいうと、プロテインの飲み方に原因があります。
 

こみち
じゃぁ、運動しない人がプロテインを飲むとどうなるの?

プロテインに関する疑問は、色々ありますね。そこで今回は、「プロテインを飲むと太るのか?」と、「運動しない人もプロテインを飲むべきなのか?」についてご紹介していきます。

太らない飲み方もご紹介しますので、上手にプロテインを飲んで理想のボディを手に入れましょう!

そもそもプロテインを飲む目的って?

そもそもプロテインを飲む目的とは何なのでしょうか? プロテインとは、タンパク質のことです。「プロテインを飲むとムキムキになる」と勘違いしている人がいますが、ただのタンパク質なので飲んだからといってムキムキになることはありません。

では、プロテインとは具体的にどのようなものなのか見ていきましょう。

タンパク質を効率よく補給できる

プロテインを飲む目的は、タンパク質を効率よく補給できることです。プロテインは粉末を水などで溶かして飲むため、液体になっています。そのため肉や魚などの固形物を摂るよりも体に吸収しやすく、効率よくタンパク質を補給できるのです。

食材でタンパク質を摂るより、脂質が少なく低カロリー

タンパク質は、肉や魚、乳製品などに含まれています。これらの食材にはタンパク質以外にも、脂質が含まれているものが多いです。脂質が多いとカロリーが高くなりがちで、必要量のタンパク質を摂ろうとするとカロリーオーバーになってしまうことも。

そこでプロテインの登場です。プロテインには脂質がほとんど含まれていないため、必要量のタンパク質を補給しても低カロリーなんです。それがプロテインを飲むメリットです。

プロテインを飲むと太るの?

「プロテインを飲むと太る」という情報が飛び交っていますが、本当に太るんでしょうか? プロテインは、特別なサプリメントではなく、単なるタンパク質。プロテインは特別なものではなく、毎日食べている食材と変わりません。そのため、プロテインを飲んだからといって太ることはありません。

ただし、正しい飲み方をしないと、場合によっては太ってしまうこともあります。たとえば、食事をガッツリ食べている上にプロテインを飲んでしまった場合、当然のことながら太ってしまいます。

つまり、プロテインが原因で太るのではなく、カロリーオーバーによって太ってしまうだけのことなんです。

むしろプロテインは、効率よく低カロリーでタンパク質を補給できるため、筋肉量を維持することができ、痩せやすい体をつくることができるのです。

プロテインを飲んで太ってしまった人の原因とは?

プロテインを飲んでも、太ることはないとわかりました。では、プロテインを飲んで太ってしまった人は、何が原因だったのでしょうか?

タンパク質の過剰摂取

プロテインを飲んで太ってしまった理由は、タンパク質の過剰摂取の可能性があります。食事でもタンパク質を積極的に摂り、さらにプロテインも飲んでいたら、タンパク質の過剰摂取の恐れがあります。

タンパク質は筋肉をつくるために必要な栄養であり、十分に摂らないと筋肉量が減ってしまうことで太りやすくなってしまいます。とはいえ、摂り過ぎるとタンパク質が体に吸収しきれなくなり、あまった分が脂肪になってしまうのです。

また、タンパク質の過剰摂取は、肝臓や腎臓に悪影響を与えるため、タンパク質の摂りすぎには注意が必要です。

糖質が含まれているプロテインを飲んでいる

プロテインの主成分はタンパク質ですが、プロテインによってはタンパク質以外の成分が含まれているものもあります。たとえば、糖質や脂質が含まれているプロテインは、カロリーが高いため太りやすくなります。

糖質は、素早くエネルギーとして消費される栄養ですが、摂り過ぎると脂肪になりやすいのです。また、脂質が脂肪になりやすいのは、言うまでもありませんよね。プロテインの中には、太ることを目的としたものもあるので気をつけましょう。

食事をしっかり摂って、プロテインも飲んでいる

先ほども少しご紹介しましたが、食事をしっかり摂った上にプロテインも飲むと、カロリーオーバーで太る可能性があります。つまり、単なる「食べ過ぎ」ということですね。

食事で栄養をしっかり摂っているなら、わざわざプロテインを飲む必要はありません。あくまでも、足りない栄養を補うために飲むのがプロテインなので、摂り過ぎると太ります。

ただし、ダイエット中で食事制限をしている場合や、食生活の栄養が偏っている場合には、プロテインで上手にタンパク質を補うことで栄養バランスが良くなります。上手に飲めば太りません。

プロテインを牛乳で溶かして飲んでいる

プロテインを飲んで太ってしまった理由は、プロテインを牛乳で溶かして飲んでいるせいかもしれません。「プロテインを水か牛乳で溶かす」と書いてありますが、牛乳には脂質が含まれているため、太ってしまう可能性があるのです。

「プロテインを飲みたいけど太りたくない」という人は、水で溶かして飲むようにすると良いでしょう。また、低脂肪乳で飲むものオススメです。

筋肉量が増えて、太ったと勘違いしている

運動を取り入れたダイエットをしている人や、日頃から運動をしている人がプロテインを飲むと、筋肉量が増えてきます。プロテインは、筋肉をつくるサポートをする飲み物だからです。

そして、筋肉量が増えると代謝がアップし、痩せやすい体をつくることができます。そのため脂肪が燃焼しやすくなり、どんどん体は引き締まっていくはずです。

しかし、筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉量が増えると体重が増える可能性があります。見た目では体が引き締まっているのに、体重が増えてしまうので「太った」と勘違いしてしまう場合があるのです。

太らないプロテインの飲み方

プロテインをダイエットのために利用するには、太らないプロテインの飲み方を知っておく必要があります。では、どのような飲み方をすれば良いのでしょうか?

運動後30分以内に飲む

太らないプロテインの飲み方は、運動後30分以内に飲むことです。運動後の30分は「ゴールデンタイム」と呼ばれていて、このタイミングでプロテインを飲むと効率よくタンパク質を吸収し、筋肉をつくる効果が高くなると言われています。

筋トレなどの運動をすると、筋肉が破壊されます。その直後にプロテインを飲むと、破壊された筋肉を修復し、筋肉量が減るのを防いだり、筋肉量を増やしたりすることができます。その結果、代謝がアップして太りにくい体をつくることができるのです。

プロテインは水で飲む

プロテインは、「水」や「牛乳」で飲むのが一般的です。でも、太らないように飲むためには、「水」で溶かして飲むのがオススメです。

牛乳で割ると栄養価は高くなりますが、そのぶん脂質などのカロリーが加算されるため、太ってしまう場合があります。

一般的には、プロテイン1回分のタンパク質量は20g程度で、水で溶かした場合、1杯あたり約100キロカロリー前後になります。それに牛乳を加えると、カロリーが高くなってしまうのです。

置き換えではなく、栄養補給として飲む

太らないプロテインの飲み方は、食事の置き換えとして飲むのではなく、足りない栄養を補給するために飲むことです。プロテインの栄養素はおもにタンパク質なので、それだけでは栄養バランスが偏ってしまいます。

あくまでも、食事だけでは摂りきれない栄養補給の補助として飲むのが良いでしょう。

仮に、プロテインを食事の置き換えとして飲んだ場合、1日の総カロリーが少なくなるので、一時的には痩せます。しかし、食事を戻したときにリバウンドする確率が高いので、ダイエット成功とは言えなくなってしまうのです。

そのため、置き換えとして飲まずに、補助的な栄養補給としてプロテインを飲むようにしましょう。

◆どうしても置き換えたいなら「スムージー+プロテインMIX」

それでも、「どうしても置き換えダイエットに利用したい」「カロリーを制限したい」という人は、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている「野菜や果物」で作ったスムージーを一緒に飲むと良いでしょう。

プロテインの栄養素はほぼタンパク質なので、そこに野菜や果物のビタミン・ミネラルが加わると栄養バランスが良くなります。栄養が偏ると代謝が低下する恐れがあるため、栄養バランスを整えることは重要なポイントです。

そのため、スムージー&プロテインを朝食などの置き換えにすると良いでしょう。

運動しない人もプロテインを飲むべき?

プロテインを飲んでも太らないことはわかりましたが、そもそも運動をしない人もプロテインを飲むべきなのでしょうか?

「運動しないでプロテインを飲むと太る」という情報もあるので、その真相を見ていきましょう。

筋肉量を維持するためにはプロテインを飲むべき

日頃から運動をせず、しかもタンパク質が不足してしまうと、筋肉が分解されて減少してしまいます。すると基礎代謝が低下し、痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。

そのため、運動しない人でもプロテインは飲むべきです。十分なタンパク質を摂ることで筋肉が減るのを防ぎ、代謝の低下を防ぐことができます。

空腹を感じにくくなるから飲むべき

プロテインはタンパク質です。タンパク質を十分に摂ると、満腹感を得ることができ、空腹を感じにくくなる効果があります。これは、タンパク質の食材を食べても同じことが言えます。

また、プロテインは水よりもドロっとしているので、物理的にもお腹にたまります。そのため満足感があるのです。

だから、運動をしていない人でもプロテインを飲むことで食事でのカロリー摂取を抑えられるため、プロテインを飲んだほうが良いでしょう。

日頃から運動している人の休息日には飲むべき

普段から筋トレなどの運動をしている人は、筋肉量を増やすためにプロテインを飲んでいる人が多いと思います。運動後30分以内にプロテインを飲むと良いとお話ししましたが、では、運動をしない休息日でもプロテインを飲むべきなのでしょうか? 答えは、YESです。

そもそもプロテインは、運動をする日だけ飲んでも効果がありません。筋肉は「休養中」に大きくなるので、そのタイミングでタンパク質が足りていないと、筋肉が大きくならないのです。

◆筋肉には「超回復」というメカニズムがある

筋肉には、「超回復」というメカニズムがあります。筋肉が大きくなるのは、「運動しているとき」ではなく、「休養中」です。

毎日休みなくハードな運動をしていると、筋肉を修復する暇がなく、結果的に筋肉量が減ってしまう恐れがあります。そのため、筋肉量を維持したり、筋肉を大きくしたいなら、運動しない日にもプロテインを飲むべきです。そして、十分な休養をとりましょう。

食事の栄養バランスが偏りがちな人は飲むべき

栄養バランスの良い食事ができていて、運動もしていないのであれば、とくにプロテインを飲む必要はないかもしれません。でも、食事だけで必要量のタンパク質を摂るのは、意外とむずかしいのです。

体重や年齢、性別にもよりますが、毎食で20g程度のタンパク質を摂る必要があります。それを食事だけでは摂るのはむずかしいので、運動をしていない人でもプロテインを飲むべきだと考えます。

とくに食事の栄養バランスが偏りがちな人は、プロテインで足りない栄養を補給することは効果的です。

プロテインで太るはウソだった!

「プロテインを飲むと太る」という情報は、ウソだとわかりましたね。むしろ、痩せやすい体をつくることができるので、運動しない人でも必要であれば飲むべきです。

プロテインを飲んで太ってしまう人は、そもそも食べ過ぎが大きな原因。濡れ衣を着せられたプロテインはかわいそうですね。

効果的にプロテインを飲んで、ダイエットを成功させましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

プロテインは、効率よくタンパク質を補給できる飲み物。

上手な飲み方をすれば、プロテインはダイエットの強い味方になってくれますよ!

スポンサーリンク