プロテインを飲むと太るの?運動しない人もプロテインを飲むべき?

プロテインを飲むと太ると言われる理由とは?

「プロテインを飲みたいけど、太るのでは?」と思っている人も多いと思います。

実際に「プロテインを飲んで太った」と言っている人もいるので、迷ってしまいますよね。

結論からいうと、プロテインを飲んで太った人は、プロテイン以外の原因があると考えられます。
 

こみち
じゃぁ、運動しない人がプロテインを飲むと太るのかしら?

次に気になるのが、「運動していない人がプロテインを飲むと太るのか?」ということではないでしょうか?

そこで今回は、「プロテインを飲むと太るのか?」と、「運動しない人もプロテインを飲むべきなのか?」についてご紹介していきます。

効果的にプロテインを飲んで、理想のボディを手に入れましょう。

プロテインを飲むと太るの?

「プロテインを飲むと、筋肉ムキムキになる」というのが間違った情報だと知られてきたと思ったら、今度は「プロテインを飲むと太る」という情報が飛び交っています。

プロテインを特別なサプリメントのように思っている人もいるかもしれませんが、そもそもプロテインとは、「タンパク質」のことです。

タンパク質は、私たちが毎日食べているお肉やお魚のこと。タマゴやチーズなどの乳製品もタンパク質が豊富に含まれていますよね。

そのため、決して特別なものではありません。

ただし、正しい飲み方をしないと、場合によっては太ってしまうこともあるのです。でもそれは、プロテインが原因で太ったというわけではないようです。

プロテインを飲んで太ってしまった人の原因とは?

では、そもそもプロテインを飲んで太ってしまった人は、何が原因なのでしょうか?

タンパク質の過剰摂取

プロテインを飲むと太ると言われる理由は、タンパク質の過剰摂取になってしまった可能性があります。

タンパク質は体に必要な栄養であり、充分に摂らないと筋肉量が減り、太りやすくなってしまいます。

とはいえ、摂り過ぎると体に吸収しきれなくなり、あまった分が脂肪になってしまうのです。

肝臓や腎臓の機能が悪くなってしまうこともあるので、プロテインの摂りすぎには注意が必要です。

糖質が含まれているプロテインを飲んでいる

プロテインを飲むと太ると言われる理由は、糖質が含まれているプロテインを飲んでいる可能性があります。

プロテインに含まれているのはタンパク質がメインですが、中には糖質や脂質が含まれている種類もあります。

糖質は、素早くエネルギーとして消費される栄養ですが、摂り過ぎると脂肪として蓄積される性質があります。また、脂質が脂肪になりやすいのは、言うまでもありませんよね。

食事を摂った上で、タンパク質以外にも栄養が含まれているプロテインを飲むと、太ってしまう可能性があります。

食事をしっかり摂って、プロテインも飲んでいる

プロテインを飲んで太ってしまった原因は、食事をしっかり摂っているにもかかわらず、プロテインを飲んでいることです。

食事をしっかり摂って、充分栄養が摂れているなら、わざわざプロテインを飲む必要はありません。

あくまでも、足りない栄養を補うために飲むのがプロテインですから、摂り過ぎると太ります。

ただし、ダイエット中で食事制限をしている場合や、食生活の栄養が偏っている場合には、プロテインでタンパク質を補う必要がある場合もあります。

高カロリーの食事をしている

プロテインはダイエットに効果的ですが、プロテイン以外の食事で高カロリーな物を食べていると、当然のことながら太ります。

プロテインは、飲めば痩せるサプリではありませんので、食事でのカロリー管理や栄養バランスを考えて摂る必要があります。

では、食事を抜いてプロテインだけ飲めば良いかと言われれば、それもNGです。あくまでも、食事で足りない栄養を補うための物ととらえておきましょう。

プロテインを飲んでも太らない理由とは?

プロテインを飲んでも、基本的には太りません。それでも太りたくない人は、「やっぱり太るんじゃないの?」と思ってしまうかもしれません。

そこで、プロテインを飲んでも太らない理由をご紹介しましょう。

良質なタンパク質だから

プロテインを飲んでも太らない理由は、そもそもプロテインが「良質なタンパク質」だからです。

プロテインを飲むと筋肉が大きくなると言われていますが、それはあくまでもトレーニングによる効果です。

ハードなトレーニングをしてプロテインを飲み、休息をとることで筋肉が大きくなるメカニズムです。

タンパク質の量が過剰摂取にならない限り、プロテインを飲んで太ることはありません。

食事でタンパク質を摂ると、脂質が多くなることも

タンパク質を摂るなら、食事で摂るのが理想です。ただし、食品でタンパク質を摂ると、タンパク質だけでなく、脂質や糖質も摂ってしまう場合が多いです。

たとえば同じタンパク質の量でも、肉汁たっぷりのステーキを食べると、脂質もたっぷりと含まれていますよね。それでは太る可能性があるので、プロテインのほうが太りにくいのです。

食品でタンパク質を摂っても太らない方法は、肉なら赤身や鶏肉、植物性タンパク質である大豆などを摂ると良いでしょう。

プロテインが代謝の低下を阻止してくれる

プロテインを飲んでも太らない理由は、プロテインが代謝の低下を阻止してくれるからです。

筋肉は加齢とともに衰えていくので、タンパク質を摂ることで筋肉量が減少するのを防ぐことができます。また、タンパク質が食事で充分に摂れていないと、筋肉は落ちていきます。

このような事態を防ぐには、プロテインで効率的にタンパク質を補給するのが効果的です。筋肉量を維持できれば、代謝が低下することもありません。

運動しない人もプロテインを飲むべき?

プロテインを飲んでも太らないことがわかりましたが、そもそも運動をしない人もプロテインを飲むべきなのでしょうか?

「運動しないでプロテインを飲むと太る」という情報もあるので、その真相を見ていきましょう。

運動する日だけ飲んでも効果がない

普段から筋トレなどの運動をしている人は、筋肉量を増やすためにプロテインを飲んでいる人が多いと思います。

では、運動をしない日でもプロテインを飲むべきなのでしょうか? 答えは、YESです。

そもそもプロテインは、運動をする日だけ飲んでも効果がありません。筋肉は「休養中」に大きくなるので、そのタイミングでタンパク質が足りていないと、筋肉が大きくならないのです。

◆筋肉には「超回復」というメカニズムがある

筋肉には、「超回復」というメカニズムがあります。筋肉が大きくなるのは、「運動しているとき」ではなく、「休養中」です。

毎日休みなくハードな運動をしていると、筋肉を修復する暇がなく、結果的に筋肉量が減ってしまう恐れがあります。

筋肉量を維持したり、筋肉を大きくしたいなら、運動後にプロテインを飲み、充分な休養をとることが必要です。

休養をとることで、損傷した筋肉が修復されますが、そのときにタンパク質が足りていないと筋肉が大きくなりません。そのため、運動しない日でもプロテインを補給することが大切です。

タンパク質が不足すると基礎代謝が落ちる

タンパク質が不足すると、筋肉量が増えない、もしくは筋肉量が減少してしまいます。筋肉量が減ると基礎代謝も低下するので、結果的に太りやすくなると考えられます。

痩せたい人は、筋肉量が減少することは何としても避けたいこと。それを防いでくれるのが、プロテインなのです。

たとえ運動をしていない人でも、タンパク質の量が充分に足りていないのなら、プロテインを飲んでタンパク質を補給することは必要です。

食生活が偏りがちな人はプロテインが効果的

栄養バランスの良い食事ができていて、運動もしていないのであれば、とくにプロテインを飲む必要はありません。でも、食事だけで必要量のタンパク質を摂るのは、意外とむずかしいのです。

しかも、毎食で20g程度のタンパク質を摂る必要があるので、食事だけでは摂りきれないという場合には、運動をしていなくてもプロテインを飲む必要性はあります。

タンパク質は一度に摂るのではなく、小分けに摂取することが大切なので、毎食で摂れているかを確認してみましょう。

ちなみに、タンパク質の摂取量目安は、性別・体重・年齢などによって異なりますので注意しましょう。

太らないプロテインの飲み方

プロテインは太らないということと、プロテインの必要性がわかったところで、太らないプロテインの飲み方をご紹介します。

運動後もしくは食前に飲む

太らないプロテインの飲み方は、運動後もしくは食前に飲むことです。運動後に飲むのが、プロテインの基本的な飲み方ですが、太らない飲み方としては食前がオススメです。

プロテインを食前に飲むと満腹感が増すため、食事量を減らすことができ、痩せやすくなります。

ただし、食事の栄養バランスを考えることは大前提なので、タンパク質以外の栄養をしっかりと摂りましょう。

低カロリーのソイプロテインを飲む

太らないプロテインの飲み方は、低カロリーのソイプロテインを飲むことです。代表的なプロテインは、おもに2種類あります。

動物性の「ホエイプロテイン」と、植物性の「ソイプロテイン」です。ソイプロテインのほうが低カロリーで、体に吸収される速度が遅いので、腹持ちが良く食べ過ぎや空腹感を防ぐ効果があります。

また脂肪をつきにくくして、脂肪を燃焼しやすくする成分が含まれていることがあるので、ホエイプロテインとよりも痩せやすいと考えられます。

プロテインは水で飲む

プロテインの飲み方は、「水」や「牛乳」で飲むのが一般的です。女性ホルモンを活性化させる「豆乳」で飲むのも効果的だと言われています。

栄養価を考えると、牛乳や豆乳で飲むのが効果的ですが、カロリーのことを考えると水で飲んだほうが良いでしょう。

プロテインの1回分がタンパク質20gだとすると、水で溶かした場合、1杯あたり約100キロカロリー前後のものが多いです。

プロテインに含まれるタンパク質量は、種類によって異なる場合がありますので、それぞれチェックしましょう。

NGな飲み方は「食事と置き換え」

太らないプロテインの飲み方は、食事を抜かないことです。食事と置き換えでプロテインを飲むダイエット方法もありますが、できれば食事を完全に1食抜かないようにすることをオススメします。

置き換えダイエットにプロテインを利用すると、一時的には痩せる効果がありますが、最終的にリバウンドしてしまう可能性が高いので、結果的に太ってしまう恐れがあります。

そのため、プロテインは食事を抜かずに、食事で足りない栄養を補う飲み方にすると良いでしょう。

◆どうしても置き換えたいなら「スムージー+プロテインMIX」

それでも、「どうしても置き換えダイエットに利用したい」「カロリーを制限したい」という人は、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている「野菜や果物」で作ったスムージーを一緒に飲むと良いでしょう。

また、朝食を食べないことが多い人は、タンパク質不足になりやすく、栄養が偏るのはもちろん代謝が低下してしまう恐れがあるので、スムージー&プロテインを摂ると良いでしょう。

今まで何も食べていなかったのに、プロテインやスムージーを飲むと一時的には太るかもしてませんが、最終的には痩せやすい体質になるので安心してください。

プロテインは1日に何回飲めばいいの?

プロテインがダイエットに効果的だということはわかりましたが、具体的には1日に何回くらい飲めば良いのでしょうか?

食事でタンパク質が摂れているなら1日1回でOK

食事で充分にタンパク質を摂れているなら、運動をしていない場合は飲まなくてもOKです。もしダイエットのために運動もしているなら、軽い運動であっても1日1回運動後にプロテインを飲むと良いでしょう。

タンパク質が足りていないなら、1回20gを2~3回

食事でのタンパク質の量が不足しているなら、1回20gを1日に2~3回飲むと良いでしょう。

タンパク質が足りていない状況とは、「運動量が多い」「食事での栄養が不足している」の2つが考えられます。

運動量が多ければ筋肉が損傷していることが考えられるため、筋肉が分解されて、減ってしまう恐れがあります。筋肉が減ると基礎代謝量が減ってしまうので、プロテインで補う必要があります。

また食事での栄養が不足しているなら、タンパク質の補給が足りず、やはり筋肉量が減ってしまうのでプロテインを摂取すると良いでしょう。

プロテインは1回に摂るのではなく、小分けに摂ることが効果的です。

プロテインで太るはウソだった!

プロテインを飲むと太るのか、またプロテインを飲んで太る理由や太らない理由、太らない飲み方などもご紹介しました。

プロテインを飲んで太るには理由があるので、プロテイン自体に太る作用があるのではないことがわかったと思います。

効果的にプロテインを飲んで、ダイエットに活用してみてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

プロテインを飲んで太るのはウソだった。

タンパク質の摂りすぎに注意して、なおかつ足りなくならないように上手に摂取しましょう。

スポンサーリンク