酵素ダイエットでファスティングする時の空腹対策

酵素ダイエットでファスティングするなら上手に空腹対策をしよう!

話題の酵素ダイエットで「ファスティング」に挑戦する場合、一番つらいのは「空腹」ですよね。

頑張って断食にチャレンジしようと思っているものの、本当に空腹に耐えられるのか心配している人も多いと思います。もしくは、今がその真っ最中の人もいるかもしれませんね。
 

こみち
痩せると噂のファスティングに挑戦したいけど、空腹感はどんなふうに解消すればいいのかしら?

そこで今回は、ファスティングをすると必ず直面する「空腹感」をまぎらわせる対策をご紹介します。

酵素ドリンクを飲むだけでは癒されない空腹に、どのような対策をしていけば良いのでしょうか?

なぜ空腹を感じるの?ファスティングによる空腹の特徴

そもそもなぜ空腹を感じるのか、空腹のメカニズムからご紹介していきます。とくにファスティングによる空腹には、何か特徴があるのでしょうか?

血糖値が下がると栄養補給の命令が出される

お腹が空くのは、お腹の中が空っぽになるからですよね。これはどういうことかというと、食べた物がすべて消化されて体に栄養として吸収された証拠。つまり栄養を使い果たしてしまったということです。

体の中に予備の栄養がなくなると、脳は「もっと栄養を摂りなさい」という指令を出すためお腹が空くのです。これが空腹感です。

食べ物を食べると、血糖値が上昇してお腹がいっぱいだと感じますが、逆に食べ物がなくなると血糖値が低下して、栄養を補給させるための命令が出されるのです。これが空腹のメカニズムです。

ファスティング初日は空腹感がつらい

酵素ダイエットでファスティングを始めたら、まず初日の空腹感がつらいと感じるかもしれません。今までは何らかの固形物を食べていたのに、いきなり何も食べなくなるのですからお腹が空いて当然ですよね。

でも空腹感が一番つらいのは、ファスティング初日です。長くなるとだんだん空腹感に慣れてくるので、意外とやり切れたという人が多いようです。

ちなみにファスティング2日目は、空腹感よりも体の変化がつらいかもしれません。頭痛や吐き気などの副作用のような症状が起きる可能性があるので、空腹とは違うつらさがあります。

準備期間でしっかり準備できていなかった可能性がある

酵素ダイエットでファスティング中に空腹感があまりにもつらすぎる場合、断食に向けて行った「準備期間」での準備がしっかりできていなかった可能性があります。

ファスティングは1週間前くらいから準備期間として、食事を少しずつ減らしながら慣らしていく期間があります。ここでしっかり準備ができていないと、ファスティング中の空腹感がつらくなるかもしれません。

気合いで頑張っても体調を崩す恐れがあるので、もう一度準備期間からやり直したほうが良い場合もあります。

なぜ1週間の準備期間が必要かというと、少しずつ食事を減らすことで胃を小さくする効果があったり、空腹感に慣れる意味もあります。

また体もいきなり栄養が入って来なくなるとおかしくなってしまうので、しっかりと準備期間を経てファスティングに臨むことが大切です。

酵素ダイエットでファスティングする時の空腹対策

では酵素ダイエットでファスティングする場合、どのような空腹対策があるのでしょうか? ファスティングにはルールがあるので、空腹をまぎらわせる方法は何でも良いわけではありません。

効果的な空腹対策を5つご紹介します。

水や炭酸水を飲む

酵素ダイエットでファスティングする時の空腹対策は、お腹が空いたら水や炭酸水を飲んでお腹をふくらませることです。とくに炭酸水はお腹がふくらみますよね。

ファスティング中の空腹対策としては、水を飲むのが一般的です。水ならいくら飲んでもゼロカロリーですからね。

それにファスティング中は固形物を食べられないので、必然的に水を飲むしかありません。糖分の入った飲み物はファスティングの効果の妨げになるのでひかえましょう。

酵素ドリンクを炭酸水で割って飲む

酵素ダイエットでのファスティング中なら、酵素ドリンクを炭酸水で割って飲むのも良いでしょう。酵素ダイエットでは、空腹時に酵素ドリンクを飲んでも良いというルールがあるので、酵素ドリンクを利用したほうが良いかもしれません。

酵素ドリンクには空腹感をまぎらわす効果があるので、さらに炭酸水で割れば何とか空腹感を乗り越えられるかもしれません。

天然100%の塩や梅干しで塩分を摂る

どうしてもファスティング中の空腹感を我慢できないのなら、塩や梅干しなどで塩分を摂ると効果的だと言われています。ただし食卓塩ではなく、天然100%の塩が条件。

梅干しも天然素材だけで作ったものがオススメです。

◆味噌汁の出汁もオススメ

その他にも味噌汁の出汁もオススメです。とくに「かつお出汁」が効果的なんだとか。

出汁には満腹感を誘う効果があるので、どうしてもお腹が空いてしまったときには試してみてください。意外と高い効果が期待できます。これは研究でも証明されているそうです。

ハーブティーで食欲を抑える

ファスティング中の空腹感をまぎらわせるためには、ハーブティーに頼るのも良いでしょう。ハーブティーはリラックス効果があることで知られていますが、リラックスしてしまうと実は空腹感が増すと言われています。

しかしハーブティーの中には食欲を抑制する効果がある物もあります。それが「ラズベリー」や「セントジョンズワート」です。ダイエットハーブとして有名な「フェンネル」も効果的です。

飲食物以外での空腹対策もあるの?

食べ物や飲み物で何とか空腹感をまぎらわせる対策をご紹介しましたが、飲食物以外でも何か空腹対策はあるのでしょうか?

お風呂に入ると血流が全身を巡って空腹感が緩和される

飲食物以外で空腹感をまぎらわせるには、お風呂に入るのが効果的です。

お風呂で温まると血行が良くなりますが、空腹時にお風呂で温まると空腹感がやわらぎます。ちなみに満腹時にお風呂に入ると消化不良になる恐れがあるのでNGです。

運動をするとアドレナリンが分泌され、空腹感が一時的に減る

酵素ダイエットのファスティング中の空腹をまぎらわせる対策は、運動をすることです。運動をするとアドレナリンが分泌されて、一時的ではありますが空腹感が減ると言われています。

とくに筋肉を使った運動がオススメです。筋肉を使うことでアドレナリンが分泌されます。運動することで交感神経も優位になるので、相乗効果で空腹感を減らすことができるでしょう。

でも空腹時にはげしい運動はNGです。あくまでも軽めに筋肉を動かす運動をするだけ。たとえばスクワットなどが効果的でしょう。

オリーブオイルの香りで空腹感がまぎれる

オリーブオイルは脂肪がつきにくくなる効果があり、ダイエットに効果的なオイルとされていますよね。

実はオリーブオイルの香りを嗅ぐだけでも空腹感がまぎれると言われています。オリーブオイルは確かに臭いが独特ですが、お腹が空きにくくなるなら試してみる価値はあるそうです。

ファスティングの効果が低下してしまうNGなもの

ファスティングで酵素ダイエットをする場合の空腹対策をご紹介しましたが、最後にファスティング中に摂らないほうが良いものをご紹介します。

タバコ

タバコはなかなかやめられないものですが、ファスティング中はタバコを控えるようにしましょう。

酵素ダイエットでファスティングするときにタバコを吸ってしまうと、ファスティングの効果が半減すると言われています。

カフェイン

ファスティング中は、カフェインもNGです。たとえばカフェインが含まれるコーヒーは、固形物ではないから良いと思いがちですが実はNGです。

お腹が空いたらコーヒーやお茶などのカフェインではなく、ノンカフェインの飲み物を飲むようにすると良いでしょう。

サプリメント

ファスティング中は、サプリを飲むのも良くないと言われています。サプリを取り入れてダイエット効果を高めたいという気持ちもあると思いますが、ファスティング終了後に飲むようにしましょう。

酵素ダイエットのファスティングによる空腹を上手に解消!

酵素ダイエットでファスティングする場合の空腹対策をご紹介しました。何を飲んだり食べたりするかは人によって違いますが、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

酵素ダイエットでファスティングするなら、空腹対策がもっとも大事。

空腹感をまぎらわせるために、色々な方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク