ゆったりとした時間の中で魅力的なくびれを作るヨガポーズ

くびれを作りたいけど、ハードな運動はムリ!
そんなあなたへ、くびれを作るヨガポーズをご紹介します。

ヨガの基本は、リラックス&ストレッチ。
ヨガにぴったりのリラクゼーションミュージックをかけながら、ゆったりとした気分でやってみましょう。

どれも慣れると簡単なポーズですから、あせらずゆっくりとマスターしていきましょうね。

くびれを作るには、ウエストの血行を良くする

くびれを作るには、まずウエストマッサージからおこないましょう。
血行を良くすることが大切です。

脂肪がたまっているのは、血行が悪い証拠。
まずは、とどこおった血行を流してあげましょう。

①両手をわき腹に当てます。
②そのまま脂肪を前に集めるようにして、スっと手を離します。
これを何度かくり返しましょう。

ウエストのあたりが、スゥ~っとしたのがわかりますか?
テレビを観ている時や、お風呂に入った時など、暇な時にやってみてください。

くびれを作るには、ストレッチでほぐす

くびれを作るには、ストレッチをして普段つかっていない筋肉を伸ばしてあげましょう。
とくにわき腹は、普段からあまり動かさない場所です。

日常的な動作でも、体をひねるポーズって意外としていないんですよね。
だからわき腹が硬くなっている人が多いんですよ。

①床に座り、左足を右膝の外側に着きます。この時に右膝は伸ばしても、曲げていてもOKです。
②右手の肘を左膝に当てて、体を左側にひねりましょう。この時に左手は、自然に床についておきましょう。

反対側も同じようにやってみましょう。

腰痛など、腰が硬くなっている人は初めはつらいかもしれません。
でも毎日やっていると、腰痛改善にも役立ちますよ。
しっかりとひねって、ウエストまわりをほぐしておきましょう。

くびれを作るヨガポーズ

では、いよいよくびれを作るヨガポーズをご紹介していきます。
むずかしい場合は無理せず、できるところまでやってみてください。

くびれには、ひねりのヨガポーズが効果的

くびれを作るには、ひねりのヨガポーズが効果的です。
普段はあまり使っていないわき腹を伸ばすことで、くびれを作りやすくします。

三角のポーズ

①肩幅より広く足を開き、右足を外側に向けます。
②両手を横に伸ばし、右手を右足に近づけましょう。できるところまででOKです。
余裕がある人は、右手を床につけましょう。そのまま10~30秒くらいキープします。

反対側も同じようにやります。
わき腹が伸びているのを感じてください。

ハイランジのひねりポーズ


画像:msn

①右足を前にして足を前後に開き、両手を胸の前で合わせます。
②そのまま腰を落として、体を右にひねりましょう。
③左肘を右膝の外側につけます。
そのまま10秒くらいキープしましょう。反対側も同じようにやります。

引き締めるには、腹筋をきたえるヨガポーズ

くびれを作るのに腹筋運動はあまり効果がありません。
でもぽっこりお腹を引き締めないと、美しいくびれは手に入りませんよね。

舟のポーズ

①床に座り、両膝を曲げます。
②両手を太ももの裏側に当てましょう。
③そのまま両足を持ち上げます。背筋は真っすぐ伸ばしておきます。
④両足の膝を伸ばして、体がVの字になるような体勢で10~30秒くらいキープします。

腹筋を使っているのを感じながら、背中が丸くならないように気をつけましょう。

ダウンワードドッグ

①まずは四つん這いになります。手は肩の真下に着きましょう。
②膝を伸ばして、お尻を上に突き上げます。この時に腹筋を使っているのを感じてください。
そのままの状態で、5回ほどゆっくりと呼吸をしましょう。

余裕があれば、写真のように肘をついてみてください。
これは一見くびれには関係ないように見えますが、腹筋が弱っていると意外ときついです。

また柔軟性をつけることで、全身の血行が良くなります。
血行が良くなれば代謝がアップして、くびれを作りやすくなります。

代謝もアップする体幹をきたえるヨガポーズ

体幹をきたえることは、外側の筋肉ではなく、体の内側にあるインナーマッスルをきたえてくれます。
体幹をきたえるとバランス感覚が良くなり、ヨガのパフォーマンスもアップします。

また体幹をきたえると体が引き締まって、女性らしい体を作ってくれるのです。
ヨガに似ているピラティスが、まさに体幹をきたえてくれるんですよ。

踊りの神のポーズ

①両足をくっつけて、真っすぐ立ちます。
②かかとを少しだけ開き、左膝を曲げながら、ゆっくりと後ろに足を上げていきます。
③左手で左足の足首をつかみ、できるところまで上げてみてください。
④右手は斜め上に伸ばしましょう。そのままキープします。

反対側も同じようにやってみましょう。

体幹がきたえられてくると、バランスを取りやすくなってきます。
精神を安定させる効果も期待できますので、リラックスしてやってみてください。

賢者のポーズ

①まずは正座をして、背筋を伸ばします。
②両手を前について、左足を後ろに引きます。
③左側に体をねじり、左手を上に伸ばします。骨盤を上げるイメージでやってみましょう。
④右足を左足にくっつけるようにして、足を伸ばします。

そのままの体勢で5回ほどゆっくりと呼吸をしましょう。

これは体幹トレーニングの「サイドプランク」と呼ばれるのと同じ体勢です。
手順はちがいますが、体幹をバッチリきたえられますよ。

はじめはかなりグラついて、大変だと思います。
毎日やることで、少しずつできるようになっていきますよ。

鳩のポーズでヨガを満喫

最後に「これぞヨガ」という感じのポーズを1つご紹介しておきます。
全身が気持ち良くストレッチされているのがわかるはずです。


画像:http://fitnesssprincesss.tumblr.com

①両膝を右側に倒して座ります。いわゆる「お姉さん座り」の状態です。
②足を広く開いて、左手で左足をつかみます。できれば左肘に左足をのせましょう。
③右手は上から後ろに回します。できれば、右手を左手をつなぎましょう。

その状態のまま深く呼吸しましょう。しばらくキープします。反対側も同じようにやってみましょう。

お腹を伸ばしてストレッチ効果があり、腰の柔軟性も良くしてくれます。
太ももの上側もストレッチされるので、脚やせ効果までありますよ。

くびれを作るヨガでリラックスタイムを

くびれを作るヨガポーズをご紹介しました。
伸ばしたり筋肉をきたえたり、ヨガの幅広さを感じられたはずです。

しかも慣れると、どれも決してむずかしくはありません。
気持ち良くストレッチされているのを感じましょう。

ヨガはリラックスしておこなうのがベストです。
全身の血行を良くして、美しいくびれを手に入れましょう。

スポンサーリンク