サウナスーツを着て運動するとダイエット効果は上がるの?

あなたはサウナスーツを着て運動すると、ダイエット効果が上がると思いますか?
答えは「YES」です。

「えっ? サウナスーツはダイエット効果がないって聞いたけど」と思っているでしょう。
なぜサウナスーツにダイエット効果があるのか?については、後ほど詳しく解説します。

では、なぜサウナスーツにはダイエット効果がないと言われているのか。
まずはそこからご紹介しましょう。

なぜサウナスーツはダイエット効果がないの?

サウナスーツにはダイエット効果があるとか、ないとか、どっちが本当なの?と思っているはずです。
その疑問は今日でスッキリさせましょう。

サウナスーツで脂肪が燃焼されると勘違いしているから

サウナスーツを着て運動すると、ダイエット効果が上がると思われている理由。
それは、体重が落ちるからです。

ダイエットしている人の多くは、体重を減らすことが目的ですよね。
そのため「サウナスーツにはダイエット効果がある」と思い込んでしまうんです。

でも実際にサウナスーツを着て運動した時の効果は、脂肪が燃焼されているわけではないということ。
そこを勘違いして、「サウナスーツを着ると脂肪が燃焼されるんだ」と思ってしまうので誤解が生じてしまうんですね。

ダイエットの本当の意味を誤解している

そもそもダイエットの本当の目的は何だと思いますか?
ダイエットは体重を減らして、見た目を細くすることだと思っていませんか?

じつは、そこから違うんです。

ダイエットの本当の目的は、「体重を減らすこと」でもなければ、「見た目を細くすること」でもありません。
では、いったい何なのか?

それは「適正な体型に調整すること」です。

おもに太っている人が痩せることを指します。
適正な体型とは、適正な体重や適正な太さのことを指します。

太すぎれば細くすることが目的になりますし、体重が多すぎれば減らすことが目的になります。
それが誤解を生んでしまったのでしょう。

微妙なニュアンスですが、「細くする」「体重を減らす」だけがダイエットではないということです。
そのため体重を落とすだけが目的のサウナスーツでは、ダイエット効果がないと言われているのです。

サウナスーツにダイエット効果がある理由

では、サウナスーツにダイエット効果がある理由をご紹介します。
上手に使えば、サウナスーツはダイエットの強い味方になってくれますよ。

汗をかきにくい人・体温が低い人を痩せやすい状態にする

サウナスーツにダイエット効果がある理由は、代謝の悪い人のサポートをしてくれることです。
代謝が悪い人とは、汗をかきにくい人や体温が低い人のことです。

ここでも勘違いして欲しくないのは、汗をかく=痩せるわけではないということ。
とはいて、汗をかきにくい人は、脂肪が燃焼しにくいにも事実です。
体温が低い人も、体温を上げなければ痩せにくいのです。

サウナスーツは発汗作用を高める効果があるので、ダイエット効果が期待できるというわけです。

短時間でウォーミングアップできて、早く脂肪燃焼の段階に行ける

「脂肪燃焼するまでには15分かかる」というのが、今や常識ですよね。
でも本当の理由は、「体が温まるまで時間がかかるから」なんです。

もし短時間で体を温めることができれば、それだけ脂肪が燃焼をはじめるのも早くなるということ。
とはいえ、ただ体温が上がれば良いというわけでもありません。

筋肉を動かしている状態で、なおかつ体温が上昇することが条件です。
そのためサウナスーツを着て運動をすると、ダイエット効果が高くなるというわけです。
厳密には、ダイエット効果ではなく、ダイエット効率が高くなると言ったほうが良いかもしれません。

むくみがあると脂肪がつきやすい為、むくみ解消に役立つ

むくみはダイエットの大敵というのも、多くの人が知っていることですよね。
むくみがあると見た目が太く見えるのはもちろんですが、じつは脂肪もつきやすい状態なんです。

むくみは放っておくと、それが脂肪に変わってしまいます。
そのため、むくみはいち早く解消させることが大切です。

そこで活躍してくれるのが、サウナスーツなんです。
サウナスーツを着て運動をすると、汗をたくさんかきますよね。

その状態がまさに、むくみが解消されている瞬間です。
汗をかきにくい人が痩せにくいのも、そのためなんです。

だから汗をかくことが直接的に脂肪燃焼には関わっていないけど、汗をかかないと脂肪は燃焼されないということ。
その汗は、もちろん運動によって出た汗ですよ。

サウナスーツのダイエット効果を高める使い方

では、サウナスーツのダイエット効果を高めるには、どのような使い方をすれば良いのでしょうか。

サウナスーツは汗をかく為ではなく、体を温める為に使う

サウナスーツのダイエット効果を高める使い方は、体を温める目的で使うということです。
もちろん体を温めて汗をかくためにサウナスーツを着るのですが、汗をかいて痩せようという概念をを捨てることです。

ダイエットをしたい人は、運動を継続する持久力が少ないことが多いですよね。
すると脂肪が燃焼する前に、疲れて運動をやめてしまうことも考えられるのです。

それでは効果的にダイエットを進めることができません。つまり痩せられないということ。
サウナスーツは、そんな人の救世主なのです。

短時間で体を温めて、脂肪が燃焼しやすい状態をつくってくれます。
とくに寒い時期には重宝することでしょう。

体が温まったら脱いで運動を続ける

サウナスーツのダイエット効果を高めるには、体が温まったら脱いで運動を続けることです。
なぜ脱いだほうが良いのか?
それは体温が上がりすぎてしまうおそれがあるからです。

通常は、35~40℃が脂肪が燃焼されやすい体温と言われています。
具体的に言うと、普通の状態の体温から1~2℃上昇した時点が、脂肪が良く燃焼している状態です。

では40℃以上になると、どうなるのでしょうか?
体温が上がれば上がるほど、脂肪が燃焼されると思っている人は多いと思いますが、これも違いました。

体温が40℃以上になってしまうと、脂肪が燃焼されなくなってしまうんです。
それは脂肪分解酵素であるリパーゼのはたらきが低下するからなんです。

脂肪が燃焼するのは、リパーゼという脂肪分解酵素のはたらきによるものです。
しかし40℃を超えると、脂肪を分解する作用が低下してしまうんですね。

本当に痩せる状態は、サウナスーツなしで体温を上げること

サウナスーツのダイエット効果について、くわしく解説しました。
サウナスーツを上手に使って、ダイエットを効率的に進めていきましょう。

でも本当に痩せやすい状態をつくるなら、サウナスーツなしで体温を上げるのがいちばん良いのです。
つまり寒い時期でも薄着で運動して、それでも汗をかくくらいの運動量なら脂肪は燃焼されています。

でもそれだけの運動量をこなすには、体力が必要です。
そのためには短期間ダイエットではなく、ダイエットをライフスタイルにすることが一番良いのです。

ダイエットという考え方を捨てて、健康管理だと考えるようにしましょう。
運動を日課にすることは、人生においても大切なことだと思いますよ。

スポンサーリンク