食べても太らない理由!痩せの大食いにかくされたヒミツ

「なんであの人は、食べても太らないの?」と感じる人はいませんか?

痩せの大食いには、かくされたヒミツがあったんです。

 

大食いの人でも、食べたら食べただけ太る人もいますよね。

その違いを説明していきます。

 

また、たくさん食べても太にくい体質にする方法もご紹介していきますね。

健康で美しくなるために、食事は大切なんです。

痩せの大食いのヒミツは何?

大食い女王のギャル曽根をはじめ、芸能人でも大食いの人はいるようです。

それなのに痩せているヒミツは、いったい何なのでしょうか。

 

1つの原因として挙げられるのは、特殊な体質であることが考えられます。

人並みはずれた消化吸収力があったり、驚異的な排泄機能があったりするようです。

そしてなんと、食べても血糖値が上がらないという特殊な体質もあるようです。

 

ふつう食べ物を食べると血糖値が上昇します。

血糖値の上昇によって満腹感を感じるのですが、大食いの人の場合は、いくら食べても血糖値が上がらないことがあるのです。

 

また血糖値が上昇すると、それを下げるためにインスリンが分泌されます。

インスリンは脂肪を蓄積し、太りやすくさせるはたらきがあるようです。

しかし大食いの人はインスリンの量が少なく、太りにくいと考えられるんですね。

 

でもこの体質に何らかの理由で変化が起きた場合、インスリンの量が少ないのは問題になるでしょう。

糖尿病になりやすいと考えられます。

食べても太らない理由

ここでは、それほど特殊な体質でもないのに、食べても太らない理由を見ていきましょう。

これさえ知っておけば、あなたも痩せやすい体質を手に入れることができますよ。

血糖値が上がりにくい低GI食を食べる

食べると血糖値が上昇して、インスリンが分泌されます。

インスリンが出すぎると、脂肪をため込んでしまうんですね。

糖尿病患者がインスリンの投与をはじめると、太りやすくなると言われています。

 

インスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする必要があります。

血糖値の上昇をおさえるのが、低GI食なんですね。

 

炭水化物で言えば、白米より玄米。

野菜ならジャガイモよりサツマイモ。

魚介類全般は、低GI食品となります。

よく噛んでゆっくりと食べる

よく噛んで食べることは、内臓に負担がかからないので健康には良いですよね。

それだけではなく、食べても太らない体質をつくることができます。

その理由は、血糖値の上昇をゆるやかにすることと、満腹感を感じやすいからです。

 

ただし、ゆっくり食べれば良いというわけでもなさそうなんです。

1時間以上の長時間かけて食べると、食べている最中に消化されてしまうため、また新たな空腹感をかんじやすいと言われているんです。

 

最初に満腹感をかんじるのは、食べはじめてから20分後なので、20~30分くらいで食べ終わるのがベストでしょう。

意外な事実が判明しましたね。

野菜から食べるなど順番に気をつける

一般的には、食べはじめてから20分後に満腹感を感じると言われています。

そのため早い段階では、なるべく血糖値を上げないようにすることが大切です。

食べる順番としては、スープ(汁物)→野菜類→肉・魚→炭水化物の順番です。

 

またタンパク質の中にはカロリーが高い食べ物もありますが、基本的にはタンパク質を摂取すると太りにくくなると言われています。

そのため高タンパク低カロリーの食べ物をえらぶと良いでしょう。

運動を習慣化させる

食べても太らない体質をつくるには、小まめに体を動かすことが大切です。

ウォーキングやジョギングなどをしなくても、階段を使ったり、一駅歩いたりするだけでも良いんです。

これくらいなら、できそうですよね。

 

体を動かすことを習慣化させると、どんどん代謝もアップしていきますよ。

消費されるので食欲は増すかもしれませんが、代謝がアップすると脂肪をため込みにくい体質になります。

腸内環境をととのえる

食べても太らない人の理由は、脂肪として吸収される前に排泄されてしまうことです。

腸内環境をととのえて、排泄をスムーズにしておけば、食べた物が体に蓄積されにくくなります。

 

そのためにも腸内環境をととのえる乳酸菌などの善玉菌を増やしておくことが大切です。

便秘を解消することで、代謝もアップしますよ。

ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂りましょう。

よく食べて、美しいからだを作ろう

大食いの人の特殊な体質や、食べても太らない方法をご紹介しました。

食べないことが良いわけではありませんので、食べても太らない方法をぜひ実践してみてくださいね。

 

美しいからだには、食べ物による栄養が必要です。

食べないで痩せている人のからだは、決して美しくはないんですね。

きれいに痩せて、しかも健康になるためには、栄養が必要なんです。

 

食生活や習慣に気をつけて、痩せやすい体質をつくっていきましょう。

スポンサーリンク