腹筋ローラーとは、1輪のローラーを転がして腹筋を鍛えるダイエット器具です。

 

「ウエストまわりは細くしたいけど、そこまでムキムキにしたくない!」

と思ったあなた。

そんなあなたのためのダイエットグッズなんですよ。

初心者でも上級者でも、幅広く活躍してくれる「腹筋ローラー」について見ていきましょう。

スポンサーリンク


腹筋ローラーって、どんなもの?

「腹筋ローラーって何?」と思っているあなたに、どんな物なのかご説明します。

いくら効果があっても、高いなら欲しくないですよね。

 

1,000円くらいから買える

腹筋ローラーは、だいたい1500円くらいで買えることも多いようです。

これくらいなら経済的にも負担は少ないですよね。

そうです。

腹筋ローラーは、とってもコスパが良いんですよ。

 

床で腹筋ローラーをコロコロ転がして使う

腹筋ローラーの使い方をカンタンに説明すると、床の上でローラーをコロコロと転がして、腹筋を鍛えるダイエット器具です。

腹筋ローラーは1輪しかないので、体幹も鍛えられるのが嬉しいポイントです。

 

体幹を鍛えられる

体幹とは、人間のからだの中心部分のこと。

カンタンに言うと「胴体」のことですが、体幹を鍛えるとどうなるのでしょうか?

ほとんどのアスリートが体幹を鍛えていることを考えればわかるように、パフォーマンスがアップするんですね。ケガも少なくなります。

 

体幹を鍛えると体のバランス感覚が良くなり、体の中心につねに胴体があるような動きをすることができます。

つまり無駄のない動きができるので、アスリートには必須条件ですよね。

腹筋ローラーには、こんなメリットもあるんです。

 

ジムに通わなくても自宅で筋トレできる

腹筋ローラーそのものも安いのに、高い月謝を払ってジムに通わなくても、自宅で筋トレができるんです。

これ以上のコスパはないですね。

 

「でも腹筋だけ鍛えても」と思うかもしれませんが、意外と広範囲の筋肉にはたらきかけることができるんです。

太ももの辺りも少し鍛えられますが、上半身に関しては、まんべんなく鍛えられます。

スポンサーリンク


【短時間&短期間】腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーがスゴイことはわかりましたが、具体的にどんな効果があるのか見ていきましょう。

1日5分くらい行えば、2週間くらいから効果があらわれてくると言われています。

 

女性ならお腹に「くびれ」ができる

腹筋ローラーの効果は、女性なら誰しも欲しいと思っている「くびれ」ができます。

その理由は、お腹の中央にある筋肉だけでなく、いわゆる「わき腹」も鍛えられるからです。

しかも、腹筋の上部と下部の両方にはたらきかけることができます。

 

つまり下腹部のぽっこりも解消できるんですね。

とにかくお腹まわりに脂肪がついて困っている人には、これ以上ない効率のよいダイエットができます。

 

男性なら腹筋が割れまくる

腹筋ローラーは、初心者から上級者まで対応可能なダイエット器具です。

そのため女性でも男性でも、効果的に腹筋を鍛えることができるんです。

男性なら一度はあこがれる「6パック」なるものを手に入れるのも夢ではありません。

 

多くの芸能人やモデルがこぞって腹筋ローラーをやる理由は、限られた時間の中で、効率的に体を鍛えることができるからなんですね。

もちろん、多くのアスリートもやっているそうですよ。

 

上半身を全体的に鍛えられる

先ほども説明したように、腹筋ローラーは上半身をまんべんなく鍛えることができます。

体の筋肉量が増えれば、当然代謝もアップしますよね。

そのため有酸素運動の他にも、筋トレを併用することで、ダイエット効果が倍増するんです。

 

でもジムに行って筋トレマシンで鍛えるのは、いろいろな意味で大変ですよね。

腹筋ローラーなら、自宅で空いた時間が5分あればトレーニングができるのが嬉しいポイントです。

 

腹筋ローラーのデメリット

こんなにメリットしかないように思える腹筋ローラーですが、やり方を間違えると、腰を痛めることがあります。

正しい使い方で、効果的に腹筋を鍛えましょう。

 

とくに間違えやすいのが、「背中を反らせてしまうこと」です。

これは腰痛の原因になりますので、充分注意が必要です。

 

また膝を床について行うときは、膝を痛めてしまうこともあります。

タオルなどを敷いて、膝をガードして行いましょうね。

 

【動画】腹筋ローラーのやり方

腹筋ローラーのやり方は、いろいろとアレンジが可能です。

そのため強度や鍛える場所は、やり方によって変わってきます。

初心者から上級者まで、それぞれのやり方を見ていきましょう。

 

回数は1日あたり10回を目安に。2回ずつを5セットでもOKです。

慣れてきたら、男性なら10回を3セットくらい頑張ってみましょう。

週2~3回くらいでOKです。

 

初心者なら膝をついたやり方

初心者がいきなり頑張りすぎると、必ず体を痛めてしまいます。

筋肉痛になるのはもちろん、関節なども痛めてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

 

中級者なら立った状態でのやり方

中級車なら、一段階すすんで立った状態でやってみましょう。

体を床スレスレまで持っていって、なるべく反動をつけずに戻ります。

 

 

上級者ならアレンジ自在

上級者になると、やり方は自由にアレンジしてみてください。

こんなやり方もあるようです。

 

 

腹筋ローラーは体重が減るわけではない

腹筋ローラーについてご紹介しました。

ダイエットに最適な理由はたくさんあるのですが、体重が劇的に減るわけではないので心得ておいてくださいね。

 

ダイエットというと、どうしても「減量」という2文字が浮かぶはずです。

でも腹筋ローラーの効果は、減量ではなく、スタイルを戻すことです。

「昔のような体型になりたい!」という人や、「痩せてモテるようになりたい!」という人におすすめなんです。

 

正しいやり方をマスターして、短期間で効果を出しちゃいましょう。

でも継続するのがいちばん良いので、しばらく続けてみてくださいね。