ビールでダイエットできるってホント?実は痩せる効果があった

まさかのビールダイエットってご存知ですか?
「ビールを飲んで痩せるわけないじゃない」と思いますよね。
よくわかります。

でも実は、ビールを飲めばダイエット効果があるといま話題になっているんです。

ビールは太る原因として長年思われてきました。
夏のビールは至福の飲み物ですが、ダイエットのために我慢してきた人も多いはず。

今年の夏は、罪悪感なくビールが飲めそうですね。
そんなビールダイエットについて、ご紹介していきます。

なぜビールで痩せるの?

ビールダイエットなんて、何だか現実的ではない気がします。でも本当にビールで痩せた人がいるようですね。
ビールは、決してカロリーが少ないわけではありません。
350mlの缶ビールで、ご飯1杯弱と同じカロリーです。

では、なぜカロリーの高いビールで痩せることができるのでしょうか?
それはアルコール特有のカロリーに関係があるようです。

ビールのカロリーはアルコール由来のため、優先的に消費されるのが特徴です。
血行を促進させたり、体温調節などで消費されるようになっています。
そのため脂肪として蓄積しにくいと言われているのです。

ビールは太ると言われてきた理由は?

では、なぜビールは太ると言われ続けてきたのでしょうか?
そしてビールを飲んで太ってしまった人の原因は何なのでしょうか?

それは、揚げ物などの高カロリーなおつまみを食べたことが原因です。
ビールと揚げ物という組み合わせが悪いというよりも、揚げ物のカロリーが高いから太ったという単純な理由だと考えられます。

またビールのカロリーが優先的に消費されるため、食べ物のカロリーが消費されにくくなるとも考えられます。
さらにビールには糖質が含まれているため、やはり飲み過ぎると太る可能性もあります。

ビールダイエットの注意点

ビールのカロリーは消費されやすいため、ビールだけ飲めば太らないと思うかもしれません。
しかしビールだけを飲むと胃が荒れますので、痩せる以前に体をこわしてしまいます。

そのためビールを飲む時は、おつまみも必要なのです。
とはいえ揚げ物などは太りやすくなるため、枝豆や豆腐など低カロリーのおつまみをチョイスしましょう。

発泡酒や第三のビールでもOKなの?

ビールダイエットは、発泡酒や第三のビール(雑種)でもOKなのでしょうか?
基本的にはホップが入っていればOKのようです。
でも発泡酒はビールよりもカロリーが多少高いため、あまりおすすめはできないんだとか。

とはいえ、ほとんどカロリーは変わらないので、基本的にはどれを飲んでもかまいません。
ダイエット効果を狙うなら、糖質オフのビールがおすすめです。

ビールダイエットの効果とは?

ビールダイエットには、どのような効果があるのでしょうか。
ダイエット効果だけでなく、美容や健康にも良い効果があるようです。

ビールの香りには癒し効果がある

ワインなどのお酒の香りには、癒し効果があると言われています。
ビールの香りも、ストレス解消の効果があるようです。

確かに仕事で疲れて帰ったときに、ビールの香りを嗅ぐと疲れが取れる気がしますよね。
仕事後の一杯が美味しいのは、気分的な問題だけではなかったようです。

脂肪の代謝を促して、脂肪が燃焼する

ビールダイエットの効果は、糖質の代謝をうながし、脂肪を燃焼させるはたらきがあると言われています。
ビールに含まれるビタミンB2によって、脂肪燃焼の効果を発揮してくれるからです。

ビタミンB群には疲労回復や美肌効果も期待できるため、さまざまな美容・健康校があるんですね。
ビールは嗜好品としか思っていませんでしたが、むしろ飲んだほうが良い健康飲料と言えそうです。

脂肪の蓄積をふせぐ

ビールダイエットは脂肪燃焼の効果があるとお話しましたが、脂肪の蓄積を防ぐはたらきもあります。
そのため肥満防止や生活習慣病予防にも効果が期待できると考えられます。

ビールに含まれる糖質は血糖値を上昇させますが、糖質オフのビールを選んだり、ゆっくり飲むことで血糖値の上昇をおさえることができます。

炭酸で腸が活発になり、便秘解消できる

ビールダイエットの効果は、炭酸なので腸が活発になることです。そのため便秘解消の効果も得られます。
また炭酸を飲むと血行が良くなり、代謝がアップすると言われています。

ビールを飲むと体があたたかくなるのは、アルコールのせいだけじゃなかったということですね。

抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果も

赤ワインに含まれていることで知られているポリフェノールは、抗酸化作用が高くアンチエイジング効果がありますよね。

じつはビールにも抗酸化作用があると言われています。
そのためビールを飲むことで、若返り効果が得られるんですね。

さらには美肌効果もあるため、女性にとってはうれしい効果がたくさんあります。

ビールダイエットのやり方

ではいよいよビールダイエットのやり方をご紹介しましょう。
どのようにビールを飲めば、ダイエット効果が得られるのでしょうか。

1日あたり500mlのビール2本までが目安

ビールダイエットは、1日あたり500mlの缶ビール2本までが目安です。
2本飲まなくては痩せないというわけではありませんので、ご注意ください。

上限が500ml2本なので、もちろん1本でもOKです。
350ml1本にしている人が多いようですね。
ビールはアルコールですから、それくらいがちょうど良いのかもしれません。

ビールと同じ量の水を飲む

これはダイエットのためというよりも、酒酔い防止のための方法です。
ビールと同じ量の水を飲むことで、酔いが回るのを防ぐことができます。

他のお酒を飲むの場合にも、悪酔いをさけるためにおすすめの方法です。
ぜひお試しください。

夕食の食前にビールを飲む

まずは夕食の食前にビールを飲みます。といっても、この段階で一気にビールを飲み干さなくて大丈夫です。
むしろ少しずつビールを飲むことで、血糖値の上昇をおさえることができます。

低カロリーのおつまみを食べながら、少しずつビールを飲みましょう。
会話を楽しみながら、ゆっくりとしたペースで飲むことです。

夕食で炭水化物(ごはん)は食べない

ビールダイエットのやり方は、夕食で炭水化物を食べないことです。つまりご飯のことですね。
これはビールを飲む夕食だけご飯を食べなければOKです。

朝食と昼食では、炭水化物を食べるようにしましょう。
ダイエット中ですから糖質をひかえたい気分になりますが、しっかりと食べることです。

それが結果的に、夕飯の食欲をおさえることにつながります。
ビールを飲んで食べ過ぎてしまったら、それこそ太ってしまいます。ご注意を。

ビールダイエットは楽しんでストレス解消しよう

意外なビールダイエットの効果とやり方をご紹介しました。
ビールダイエットは、楽しみながらゆっくりとビールを飲みましょう。

お酒は楽しく飲むと、悪酔いしませんからね。
くれぐれも飲み過ぎには注意してください。

スポンサーリンク