ツナ缶ダイエットは2週間で変化が!食欲がみるみる減る?

ツナ缶ダイエットは、3週間つづけると痩せると言われています。

3週間つづけるのですが、2週間くらいから変化があらわれてくるのだとか。

食欲が減るからと言っても、不健康ではなく、むしろ栄養が足りているからです。

 

体が正常な機能を保てているということですね。

そんなツナ缶ダイエットについて見ていきましょう。

ツナ缶ダイエットはなぜ痩せる?

ツナ缶ダイエットは、なぜ痩せられるのでしょうか。

好きなものを食べて、寝るだけで痩せたら本当に嬉しいですけどね。

動物性タンパク質で満腹ホルモンを活性化

満腹ホルモンとは、お腹がいっぱいになると脳に「もう満腹だ」という信号を送る「レプチン」という脳内物質のことです。

その満腹ホルモンを活性化させるのが、動物性タンパク質だと言われています。

 

ダイエットと考えると、植物性タンパク質の方が低カロリーで良さそうですが、動物実験の結果でも、動物性タンパク質の方が満腹感を得られるとの結果が出ています。

ツナ缶は動物性タンパク質の中でもカロリーは少ない方です。

 

ノンオイルのツナ缶なら、1缶あたり70gで約50キロカロリーです。

ノンオイルではなくても、比較的カロリーは少なめですからOKではないでしょうか。

正直ノンオイルよりも美味しいですからね。

 

でも「絶対に低カロリーの方がいい!」という人は、水煮のツナ缶がいちばんカロリーが少ないと言われています。

睡眠時間が少ないと太りやすい

ツナ缶ダイエットでは、睡眠をたっぷりとることが推奨されています。

その理由は、「寝不足だと太りやすいから」です。

睡眠時間が少ないと、満腹ホルモンが分泌しにくくなるそうです。

 

また睡眠不足だと血行が悪くなったり、疲労が回復できないため、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経が乱れると、満腹ホルモンも正常に機能しなくなってしまいます。

 

だから睡眠をたっぷりとって、満腹ホルモンをどんどん分泌させましょう。

食事を我慢しないので無理なく続けられる

ツナ缶ダイエットは、1日2缶のツナ缶を食べるだけ。

あとは普通の食事をすれば良いのです。

そのため我慢することもなく、ダイエット効果が期待できるという嬉しい方法です。

 

ダイエットで何がツライって、それはもちろん「空腹を我慢すること」ですよね。

ダイエットによるストレスもなく痩せられる方法は、そう多くはありません。

またリバウンドしにくいということも嬉しいポイントです。

ツナ缶ダイエットのやり方

ツナ缶ダイエットは、このやり方でやってみよう。

簡単なので、すぐにでも始められますよ。

1日2缶「ノンオイルツナ缶」を食べる

ツナ缶ダイエットでは、毎日2缶を食べます。

「なぜツナ缶なの?」と思う人もいるでしょう。

 

  1. まずカロリーが少ないということ。
  2. そしてタンパク質の量が1缶あたり11g以上含まれていること。
  3. さらに鶏肉や卵と比べて、糖質が少ないということ。

 

この3点ですぐれた食品のため、ツナ缶ダイエットなるものが生まれたのです。

おすすめはノンオイルですが、もっとカロリーを減らしたいという人は「水煮」がおすすめです。

睡眠は8時間以上とる

ツナ缶ダイエットでは、8時間以上は睡眠をとることと決まっています。

でも、たくさん寝ればいいというわけでもないような気がします。

 

なぜなら睡眠ダイエットでお話した通り、痩せる睡眠時間は7~9時間と言われています。

そのためベストなのが、8時間ではないでしょうか。

タンパク質の摂取量には上限がある

タンパク質が体に良いと言っても、たくさん食べれば良いというわけではありません。

タンパク質にはカロリーが高い食べ物もあるため、ツナ缶が最適なのですね。

では、その根拠を見ていきましょう。

ツナ缶に含まれるタンパク質の量

ツナ缶ダイエットで食べるツナ缶1缶あたり、タンパク質は約11gです。

一回の食事で体に吸収できるタンパク質は体重1kgに対して0.7gです。

つまり体重が50kgの人なら35gということになります。

 

ツナ缶ダイエットでは、ツナ缶だけを食べるわけではありません。

そのためちょうど良い量であると言えますね。

1日あたりのタンパク質の摂取量は?

1日あたりのタンパク質は、最高で体重1kgに対して2gとなっています。

また年齢によっても推奨されている摂取量が異なります。

 

女性でいちばん多くタンパク質を摂取すべきなのは、12~17歳で55g

男性でいちばん多くタンパク質を摂取すべきなのは、15~17歳で65gです。

 

18歳以降だと、推奨されているタンパク質の1日あたりの摂取量は男性で60g女性で50gとなっています。

それは70歳以上でも変わりません。

ツナ缶ダイエットで栄養つけて痩せよう

ツナ缶ダイエットについてご紹介してきました。

とくにタンパク質についてはとても大切なので、詳しく説明させていただきました。

 

高齢者で元気な人は、たいてい朝からステーキを食べるなど、タンパク質をしっかりと摂っています。

よく「歳を取ったら肉より魚の方がいい」と言いますが、それは40~50代くらいの話です。

 

さらに高齢になってからは、魚よりパワーになる「肉を食べると良い」とワタシはとくに感じます。

美智
ツナ缶ダイエットはタンパク質が重要なポイントです!
健康的に、そして美しく痩せるためにも、ツナ缶ダイエットはおすすめです。

スポンサーリンク