氷こんにゃくダイエットを成功させる「まるでお肉」なレシピ

氷こんにゃくダイエットは、お肉みたいなレシピで美味しく痩せる!

氷こんにゃくダイエットは、低カロリーだから、痩せる効果があるのは一目瞭然ですよね。

「でも、こんにゃくって美味しくないから嫌だな~」

と考えているあなたのために、美味しく続けられる「お肉みたいなレシピ」をご紹介します。
 

こみち
こんにゃくが、本当にお肉みたいに美味しくなるのかしら?

こんにゃくの概念が変わるほど、美味しいレシピを厳選しました。

お肉が大好きなワタシの好みで選びましたが、きっと気に入ってもらえると思いますよ。

氷こんにゃくダイエットで痩せる理由と注意点、美味しいレシピをご紹介します。

氷こんにゃくダイエットの効果とは?

なぜ氷こんにゃくダイエットで痩せるのか? それは、低カロリー食材だからです。でも、それだけではありませんよ。

氷こんにゃくダイエットの効果について、見ていきましょう。

食物繊維が豊富で「便秘解消」と「脂肪の蓄積をおさえる」

昔、おばあちゃんが「こんにゃくはお腹のお掃除をしてくれるんだよ」と言っていたのですが、その根拠は、「食物繊維」にあります。

こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整えて、便秘を解消する効果が期待できます。

また、脂肪の蓄積を抑えるはたらきもあるので、高カロリーのものを食べても太りにくいというメリットがあります。

ただし、こんにゃくに含まれる食物繊維は、不溶性の食物繊維のため、人によっては、便が詰まってしまうこともあるかもしれません。

水をたくさん飲み、食べ過ぎには注意しましょう。

カロリーが少ないのでダイエット向きの食材

こんにゃくは、100gあたり6キロカロリーと低カロリーなのに、満腹感があるため人気のダイエット方法です。

まさに「こんにゃく」は、ダイエット向きの食材と言えますね。

カロリーが少ないので、しっかり食べても罪悪感がないのは、うれしいポイントではないでしょうか?

凍らせると「お肉」みたいになり、食べごたえがある


※写真はイメージです。

氷こんにゃくダイエットは、こんにゃくを凍らせることで「お肉」みたいな食感になり、満足感を得られます。

通常のダイエットなら、「ダイエット中だから、お肉を我慢しなきゃ」というストレスが多いと思いますが、氷こんにゃくダイエットなら、無駄な空腹感もなく、楽に痩せることができます。

そのためには、美味しいレシピが必要なので、後ほどご紹介しますね。

氷こんにゃくダイエットのやり方と注意点

氷こんにゃくダイエットで気になるのは、やっぱり栄養ですよね。

「こんにゃくって栄養ないんじゃない?」と心配する人も多いと思いますが、じつは意外と栄養があるんですよ。

こんにゃくに含まれる「ヨウ素」の摂りすぎに注意

氷こんにゃくダイエットの注意点は、ヨウ素の摂りすぎに気をつけることです。

こんにゃくには、あまり栄養がないと思われがちですが、じつは割といろいろな栄養があります。

炭水化物、食物繊維、ビタミンB1、そして「ミネラル」が豊富です。

ミネラルの中でも「カルシウム」と「ヨウ素(ヨード)」がかなり多く含まれています。

でも、ヨウ素は過剰摂取が心配なので、摂り過ぎには注意が必要です。

ヨウ素の1日あたりの摂取推奨量は、18歳以上で130μg。

これは、こんにゃくを1枚全部食べるとオーバーになってしまう量です。

こんにゃくに足りないタンパク質を摂取する

氷こんにゃくダイエットのやり方は、こんにゃくに足りない栄養素である「タンパク質」をしっかり摂ること。

他にも、こんにゃくにあまり含まれていない栄養素がありますが、タンパク質は、毎日食べなければいけない大切な栄養です。

氷こんにゃくダイエットでは、お肉の代わりにこんにゃくを食べることで、カロリー制限ができ、痩せやすくなる効果があります。

でも結局、お肉も食べないといけないということですね。大豆製品やチキンなら、タンパク質の中でも低カロリーです。

1日3食のうち、最低2食では、タンパク質をしっかり食べましょう。

1日1食だけ置き換えること

氷こんにゃくダイエットのやり方は、1日3食しっかりと食べますが、そのうち1食を氷こんにゃくを使ったおかずにします。

簡単だし、食感はお肉みたいなので、味付け次第では美味しく続けられるのがメリットです。

でも美味しいからといって、食べ過ぎには注意してくださいね。

氷こんにゃくダイエットを成功させるレシピ

氷こんにゃくダイエットで痩せる効果はわかりましたが、美味しくないと続けられないですよね。

そんなあなたにオススメの「氷こんにゃくレシピ」をご紹介します。

氷こんにゃくの作り方

まずは、氷こんにゃくの作り方からご紹介しましょう。氷こんにゃくの作り方には、2種類あります。

こんにゃくを細かく切ってから凍らせるか、そのまま凍らせてから切るか、どちらかの方法で作りましょう。

それをレンジで解凍して、水気を絞ったら「氷こんにゃく」の完成です。

でもこんにゃくって、何となく生臭いですよね。

その臭いが気になる場合には、塩でもんで、お湯にくぐらせてから冷凍すると良いですよ。

こんにゃくとは違う「氷こんにゃくステーキ」

こんにゃく料理の定番は、やっぱり「こんにゃくステーキ」ですよね。

でも中には、「昔作ってみたけど、あまり美味しくなかった」という人がいるかもしれません。

じつは、ワタシがそうなんです。

だけど「氷こんにゃくステーキ」なら、こんにゃくステーキの概念が変わりますよ。

クックパッドのレシピを参考にしてみてください。

Cpicon 節約にも!冷凍こんにゃく照り焼きステーキ by はまずみゆきこ

野菜たっぷり「氷こんにゃく酢豚」

野菜もお肉も食べられる、栄養満点のレシピは「氷こんにゃくの酢豚」です。

氷こんにゃくを先に唐揚げみたいに揚げてから、酢豚を作りましょう。

油多めのフライパンで、揚げ焼きみたいにしても良いですね。

クックパッドのレシピはこちらです。

Cpicon 調味料全て大さじ3♪氷こんにゃくの酢豚☆ by じゅなさん

カレー好きにはたまらない「氷こんにゃくキーマカレー」

カレーが大好きなワタシとしては、今すぐにでも作りたくなっちゃうのが「氷こんにゃくキーマカレー」です。

氷こんにゃくを細かく切るのは、少し手間かもしれませんが、美味しいのでオススメです。

クックパッドのレシピはこちらです。

Cpicon 氷こんにゃくでダイエット!キーマカレー by にゃんぱす。

氷こんにゃくダイエットで正しく痩せよう

氷こんにゃくダイエットで痩せる理由と注意点、レシピをご紹介しました。氷こんにゃくはお肉みたいで美味しいので、食べ過ぎには注意しましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

氷こんにゃくダイエットで気をつけること【まとめ】

  1. ヨウ素を摂りすぎないように量を調節しよう
  2. 不溶性食物繊維なので水をたくさん飲もう
  3. 足りない栄養をおぎなおう

 

この3点に注意して、美味しく氷こんにゃくダイエットを成功させましょうね。

スポンサーリンク