本当に!?脂肪分の多い濃厚バニラでアイスクリームダイエット

アイスクリームダイエットという、夢のようなダイエットがあるんです。
これは甘いもの好きには、たまらないですよね。

いろいろな食べ物でダイエットできるけど、まさかアイスクリームなんてウソみたい!
とくに濃厚なバニラアイスクリームがおすすめなんです。

えー、カロリー高そうだけど大丈夫?
と思いますよね。ふつうのアイスよりも、むしろ濃厚なアイスのほうが良いそうです。

そんなアイスクリームダイエットの効果とやり方をご紹介します。

アイスクリームダイエットの効果

アイスクリームダイエットの効果って、本当にあるんでしょうか?
じつはダイエット以外にも、うれしい効果が。

脂肪分の多いアイスクリームで満腹感

アイスクリームは糖分が多いので、脳が満足するんです。
しかも脂肪分も多いアイスクリームを食べると、満腹感を感じやすいです。

そのため次の食事までに、ムダに空腹感を感じなくて良いというメリットがあります。
また次の食事でのドカ食いを防ぐ効果も期待できるでしょう。

冷えた体を温める時にカロリー消費

冷たいアイスクリームを食べると、体が冷えますよね。
体は冷えると、元の体温に戻そうとするはたらきがあります。

じつはこの時に、エネルギーを消費すると言われています。
そのためダイエット効果が期待できるんです。

目覚め効果で頭の回転が良くなる

アイスクリームダイエットの効果は、目覚まし効果もあるということです。
糖分と脂肪分を摂ると、頭の回転が良くなることがわかっています。

眠い時、寝起きでシャキっとできない時、疲れてきた時などに食べると、効果がありそうです。
仕事や勉強もはかどるので、ダイエット効果よりも嬉しいかもしれません。

リラックス効果でイライラ解消

「イライラしたら甘い物を食べると良い」と聞いたことがありませんか?
甘い物にはリラックス効果があるんです。

またアイスクリームにはカルシウムが豊富に含まれているので、イライラ解消にも効果的なんですね。
上司に嫌なことを言われた時、同僚とケンカした時、何か知らないけどイライラしている時などにおすすめ。

コーヒーブレイクをアイスブレイクにするのも良いかもしれませんね。
では、最適な食べるタイミングをご紹介しましょう。

アイスクリームダイエットのやり方

アイスクリームダイエットのやり方を間違えると、逆に太ってしまうこともあるので要注意。
正しいやり方をご紹介します。

1日80~120gのアイスクリーム

アイスクリームダイエットでは、1日に80~120gのアイスクリームを食べます。
よく100円で売っているカップアイスだと、200gくらいが多いと思いますので、ちょっとオーバーですね。

わりと高級なアイスクリームだと、小さなカップに入っています。
だいたいそれくらいで100gちょっとです。

乳脂肪分12%以上の濃厚アイスクリーム

アイスクリームダイエットでは、乳脂肪分が12%以上のアイスクリームを食べます。
つまり濃厚なアイスクリームということ。

そのほうが太りそうですが、脂質が多いアイスクリームには余計な成分が入っていないことが多いんです。
しかも糖分も少なめであることが多い。

それに比べて休めのアイスクリームは、脂肪分が少ない分、添加物や糖分が多いものが多いんです。
それではダイエット効果が半減してしまいそうですね。

バニラかチョコレートがおすすめ

アイスクリームダイエットでは、バニラがおすすめです。
チョコレートでもギリギリOK。

カカオ含有量の多い高級チョコレート使用なら、ダイエット効果やリラックス効果が得られます。
チョコレートダイエットというのもありますからね。

朝の置き換えか15時までに食べる

アイスクリームダイエットでは、朝食の置き換えとして食べるのがおすすめです。
ふだん朝食を食べていない人でも、朝食で食べることをおすすめします。

なぜなら、先ほどご紹介したように脳のはたらきが良くなるからです。
また15時までに食べないと、カロリー消費率が下がっていくのでご注意を。

夜に食べたら、逆に太ってしまうかもしれません。
昼食の置き換えでも良いですね。夕方にお腹空くかもしれませんが。

アイスクリームダイエットの注意点

アイスクリームダイエットは、注意点を守ってやりましょうね。
アイスクリームダイエットをおすすめできない人もいます。

ラクトアイスではなくアイスクリーム

アイスクリームの表示を見てみると、「ラクトアイス」とか「アイスクリーム」とか書かれています。
「氷菓」とか「アイスミルク」なんてのもありますよ。

その中でも「アイスクリーム」と書かれているのもを選んでください。
それ以外だと脂質が少なく、糖分や添加物が多い可能性があります。

胃腸の弱い人はお腹をこわす可能性が

アイスは冷たいので、お腹をこわす可能性があります。
とくに胃腸が弱い人は要注意です。

朝は胃腸のはたらきが弱いので、いきなり冷たいアイスクリームを食べるとビックリしちゃうかもしれません。
その場合には昼とか15時のおやつに食べると良いでしょう。

体が冷えすぎると代謝低下のおそれがある

冷たいアイスを食べると、体も冷えます。
冷え性の人は、アイスクリームダイエットをおすすめできません。

また食べ過ぎにもご注意。
体が冷えすぎると血行が悪くなり、代謝が低下してダイエットに失敗するかもしれません。

美味しいアイスクリームで楽しいダイエットを実践!

アイスクリームダイエットの効果とやり方をご紹介しました。
濃厚なバニラアイスが良いなんて、ビックリでしたね。

でも美味しいから今すぐでもやりたくなっちゃいました。と言うより、食べたくなっちゃいました!
夏の暑い時期には、おすすめですね。

冬は体が冷えてしまいそうです。
でも冬ってアイスの売り上げが増えるってご存知でした?

こたつで温まりながら食べるアイスクリームって、格別ですよね。
もう何でもいいからアイスクリームが食べたい!です。

スポンサーリンク