水ダイエットの効果|むくまない飲み方と水の種類

水ダイエットの効果は、だいたい想像がつく人が多いですよね。
でも、「むくむからイヤ!」と思っているあなたにこそ、水ダイエットをやってほしいです。

むくみやすい人は、飲み方が間違っているのかもしれません。
ただし腎臓などに持病のある人は、病状と相談しながらおこなってください。

それ以外の人には、ほぼメリットしかない「水ダイエット」についてご紹介します。

水ダイエットの効果とは?

水ダイエットの効果は、はっきり言ってメリットしかありません。
たかが水ですが、そのダイエット効果は意外と大きいですよ。

便秘解消

便秘解消には、水分補給が必要不可欠ですよね。現代人は、水分が不足している人がほとんどだと言われています。
そのため自分では「飲み過ぎかも」と思うくらいが、ちょうど良い量なのかもしれません。

人間は、水がないと生きていけないですからね。
体にとって、自然なダイエット方法と言えるでしょう。

冷え性改善・むくみ解消

水を飲むと「体が冷える」とか「むくみそう」と思う人は多いと思います。
でもじつは、逆なんです。

水ダイエットの効果は、冷え性やむくみを解消してくれます。
血行が良くなることで、体の隅々まで血流が行き届きます。すると冷え性が改善されます。

また血行が良くなることで新陳代謝が良くなります。
そのためむくみも解消されるというわけですね。

代謝アップ

血行が促進されると、体温が上昇します。
体温が上昇すると、代謝もアップするんですね。

血行を良くすることは、人間の体の機能を正常に保つために非常に重要なことです。
健康にも美容にも、ダイエットにも欠かせないことです。

病気予防

水ダイエットの効果は、病気予防までできます。
というのも、高血圧や動脈硬化などは、血行が悪いことで起こりやすい病気です。

そのため水を毎日たくさん飲むことで、それらの症状を改善しやすくなると考えられます。
でも体調が悪い場合には、ちゃんと病院を受診してくださいね。

デトックス効果・美肌効果

水ダイエットの効果は、デトックス効果が高いことです。
体内の老廃物を排出する効果が高いため、体の中からキレイになれます。

またたくさんの水を飲むことで、汗もたくさん出やすくなります。
すると毛穴につまった汚れも改善しやすいのです。そのため美肌効果も期待できるというわけです。

水を飲むとむくむ原因

では、水を飲むとむくむ原因って何なんでしょうか。実は単純なことかもしれませんよ。

冷たい水をがぶ飲みする

水を飲むとむくむ原因は、冷たい水を飲んでいるからです。
しかも、がぶ飲みすると体に水がたまって体全体が冷えてしまいます。

毎回毎回冷たい水ばかり飲んでいると、腸に負担がかかります。
これは便秘になりやすく、むくみやすい人の特徴の1つです。

冷たい水を飲むと、下がった体温を上げるために痩せやすくなるのも事実ですが、毎回冷たい水では問題です。
また、一度にがぶ飲みすると胃が吸収しきれなくなり、体にたまってむくんでしまいます。

便秘気味で代謝が悪い人に多い

日頃から便秘気味で代謝が悪い人は、水を飲むとむくみやすいです。
でも、このようなタイプの人ほど水ダイエットをおすすめしたいです。

適量の水を毎日しっかり飲んで、運動することで排出します。
激しい運動よりも有酸素運動のほうがおすすめです。

汗がしっかり出るまでやってみてください。
顔がむくみやすい人は、一回汗を出しただけで顔が小さくなる人もいます。

塩分を摂りすぎている

水を飲むとむくみやすい原因は、塩分の摂りすぎが考えられます。
血中の塩分濃度が高くなると、それを薄めるために水分をためこもうとします。

それがまさに「むくみ」です。
塩分をひかえめにすることで、むくみを予防できますし、高血圧も予防できますよ。

水ダイエットの飲み方と水の種類

水ダイエットの飲み方は、いつどれくらい飲めば良いのでしょうか?
またダイエットに最適な水の種類は、何でしょうか?

ダイエット効果なら硬水がおすすめ

水ダイエットにおすすめなのは、「硬水」です。ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」があり、ミネラルが多いのが「硬水」です。

硬水は便秘解消効果が高く、何をやっても治らなかった人が、簡単に便秘解消できたという話もあります。
硬水はとろみがあり、味にもクセがあるので苦手な人は多いでしょう。その場合は、好きな水でOKですよ。

20℃くらいの常温がベスト

水ダイエットにおすすめの飲み方は、20℃くらいの常温の水を飲むことです。
20℃というと少し冷たいと感じるかもしれませんが、冷蔵庫で冷やしたような10℃くらいだと冷たすぎます。

冷たい水は腸を冷やしてしまうので、常温が水ダイエットにはベストです。

1回に150~250ml

水ダイエットの飲み方は、1回に飲む量が150~250mlくらいです。
だいたい小さなコップに1杯くらいです。

食前に飲むと食べ過ぎを予防できるので、もう少し多めに飲んでも良いでしょう。
また胃が一度に吸収できる量は決まっていますので、一度に多く飲むと体がむくんでしまいます。

1日10回以上に分けて飲む

水ダイエットの飲み方は、1日に10回以上に分けて、小まめに飲むようにします。
水ダイエットは水分補給の目的もありますので、小まめに飲むのが大事なんです。

また小まめに飲むほうが、便秘解消にも効果が期待できますよ。
回数は決まっていませんが、10回以上くらいになると思います。

体重の4%の量が目安

水ダイエットで飲む量は、1日あたり体重の4%が目安と言われています。
とはいえ体重が多い人だと、かなりの量になることが予測されます。

だいたい1.5~2リットルくらいを目安にすると良いでしょう。
体重が多い人は、むくみやすい体質の場合が多いです。

現状で水を飲み過ぎると、むくみが悪化することが考えられます。
水毒という症状にもなりかねないので、体調を確認しながら飲むと良いでしょう。

水ダイエットは体の中をキレイにしてくれる

水ダイエットの効果とやり方、そしてむくむ原因をご紹介しました。
水ダイエットの最大のメリットは、体の中をキレイにしてくれることです。
体の中の不要な物を断捨離するイメージですね。

それくらい体の中からスッキリすることができますよ。
しかも見た目だってキレイになれちゃう。
美肌効果とダイエット効果で、体の中も外もキレイになっちゃいましょう。

スポンサーリンク