縄跳びダイエットの効果とやり方|ジョギングと同じ消費カロリー

縄跳びダイエットは、消費カロリーが高い有酸素運動です。
有酸素運動の中ではけっこうハードなので、ジョギングと同等の消費カロリーが期待できます。

縄跳びと言えばボクサーが思い浮かびますが、サウナスーツを着てやるのはオススメできません。
なぜなら、サウナスーツを着れば脂肪が燃焼されるという根拠はないからです。

ただし寒い時期に、ウォーミングアップするために着るなら効果的です。
短い時間で、脂肪燃焼まで持って行くことができます。

自宅でもできる縄跳びダイエットの効果とやり方をご紹介していきます。

縄跳びダイエットの効果とは?

縄跳びダイエットは、意外と消費カロリーが高い有酸素運動です。
でも、その分脚などへの負担が大きいので、ケガをしないように注意が必要です。

筋肉を強化して、引き締め効果がある

縄跳びダイエットの効果は、体が引き締まる効果が期待できることです。
脂肪が燃焼する効果というよりは、筋肉が強化されて、代謝がアップするというイメージです。

運動不足だった人は、縄跳びダイエットをすることで、効率的に筋肉量を増やすことができます。
筋肉量が増えると、体が動かしやすくなり、疲れにくくなる効果も期待できますよ。

ジャンプする運動で消費カロリーアップ

ジャンプする運動は、消費カロリーが多いです。
ウォーキングよりもジョギングのほうが消費カロリーが多いのも、それが1つの理由です。

縄跳びダイエットは、ジョギングと同じくらいの消費カロリーがあると言われています。
またジョギングと同じように、下半身の筋肉強化にも効果的です。

そのため代謝がアップして、ダイエット効果が期待できるというわけですね。
ということは、縄跳びがなくても、ジャンプするだけでダイエットになると言えます。

縄跳びダイエットのやり方

縄跳びダイエットのやり方をご紹介します。

縄跳びをする時間と回数は?

縄跳びダイエットの回数は、1分間に60回くらいできるようになると良いでしょう。
最初は遅くても良いので、少しずつ適度な速さになるように練習すると良いですね。

また時間ですが、ダイエット効果を高めるには、20分間継続すると良いでしょう。
とはいえ、縄跳びを20分間ってかなりキツイです。

できるところまで跳んだら、インターバルで20~30秒休憩して、また跳び始める……という繰り返しをすると良いでしょう。
トータルで20分間やればOKです。最初はこれでもキツイと思いますので、無理しないでください。

どんな縄跳びが良いの?

縄跳びダイエットで使う縄跳びは、できれば少し重みのあるタイプのほうが跳びやすいです。
100円ショップの縄跳びは、軽すぎて逆に跳びにくかったです。

あまり本格的な縄跳びや、ロープを使う必要はありませんが、ある程度の重みがあるほうが良いでしょう。
ただし、あまり重いと今度は腕がキツクなりますので、適度な重さを選んでください。

縄跳びの長さは、片足で縄跳びを踏んで、両手の位置が腰よりちょっと上くらいがベストです。

それ以上長いと回すのが大変ですし、タイミングを合わせるのがむずかしいです。
それより短いと、高くジャンプしないと跳べません。適度な長さに調節してから始めましょうね。

縄跳びダイエットの跳び方

縄跳びダイエットでは、どんな跳び方をすれば良いのでしょうか。

ボクサーみたいな縄跳びの跳び方

やっぱり縄跳びと言えば、ボクサーですよね。
ボクサーは減量のために縄跳びをしているわけではありませんが、ダイエット効果は高いと考えられます。

慣れてくると、脚をあまり高く上げなくても跳べるようになります。
また手で縄跳びを思いっきり回さずに、手首を使って小さく回すのが疲れないコツです。

縄跳びを持つ位置も、なるべく腰の位置で低く持つのがポイント。
そうすると腕が疲れにくいです。

いろいろなバリエーションの跳び方があるので、消費カロリーもアップしますね。

お腹痩せに効果が期待できる「ツイスト」

普通の縄跳びでは、ちょっとむずかしい跳び方ですが、エア縄跳びならできそうですよね。
ウエスト部分をツイストすることで、くびれができる効果も期待できます。

消費カロリーがわかるエア縄跳びを使えば、どれくらいの有酸素運動の効果があったのかわかりやすいですね。
消費カロリーを目標にして、モチベーションもアップしそうです。

この本には、エア縄跳びが付いていますので、ちょっと興味が湧きますね。
何も持たないでエア縄跳びをするよりも、やる気が出て、ダイエットを継続することができるでしょう。

縄跳びダイエットの注意点は?

縄跳びダイエットには、注意することもあります。ケガをしないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

コンクリートの上ではやらない

縄跳びダイエットの注意点は、コンクリートの上では跳ばないことです。
コンクリートなどの硬い地面の上で跳ぶと、膝に衝撃が強くかかります。

すると関節を痛めて、縄跳びを継続することができなくなってしまいますね。
ダイエットは継続できなければ効果がありませんので、なるべく土の上で跳ぶようにしましょう。

できれば学校の校庭のような、土で平らな地面がベストです。
それが無理なら、芝生の上でもOK。ただし、縄跳びがうまく回らずに、ちょっと跳びにくいですね。

ランニングシューズを履いて跳ぶ

縄跳びダイエットの注意点は、ランニングシューズなどのクッション性の高い靴を履いて跳ぶことです。
縄跳びダイエットは家でやることもできますが、その場合にも裸足ではなく、ランニングシューズを履くことをおすすめします。

マンションの場合には、ご近所の迷惑にならないように気をつけてくださいね。
快適にダイエットを継続するためにも、大切なことです。

準備運動とマッサージを忘れずに

縄跳びダイエットの注意点は、準備運動を忘れないことです。
縄跳びは地味な運動ではありますが、けっこう足腰に来ます。

そのため、しっかりと準備運動をしておかないと、体を壊しかねません。
また終わった後には筋肉が張っていますので、しっかりとマッサージでほぐしておきましょう。

とくに、ふくらはぎは硬くなっているはずです。
しっかりとほぐさないと、筋肉痛で挫折してしまうことになります。

女性はスポーツブラが必須

女性の場合には、必ずスポーツブラをして縄跳びダイエットに取り組んでください。
なぜならジャンプする運動は、胸がはげしく揺れるからです。

ジョギングもそうですが、胸が揺れるとクーパー靭帯と呼ばれる胸を支えている靭帯が切れて、胸が垂れてしまいます。
それだけでなく、胸が揺れることで小さくなっていくとも言われています。

きれいなバストを保つためにも、絶対にスポーツブラを着用してくださいね。

慣れてくると体力がついて健康なカラダに

縄跳びダイエットの効果とやり方をご紹介しました。
はじめはツラいと思いますが、体が慣れてくると、体力がついた証拠です。

その頃には、健康なカラダになっていることでしょう。
縄跳びダイエットは、健康づくりのためにも効果的です。

時間はそれほど長くかからないので、他の運動よりも効率的に健康づくりができるでしょう。

スポンサーリンク