水泳ダイエットの効果がスゴイ|泳げなくても痩せる方法

水泳ダイエットは痩せるという口コミが多いんです。
効果的に水泳ダイエットをする方法をご紹介したいと思います。

一度に泳ぎ続ける時間や、泳ぎ方も大事です。
また水泳以外にも気をつけることがありますので、それも併せてご紹介しますね。

効果的にダイエットをするには、水泳がおすすめですよ。

水泳ダイエットの効果とは?

水泳ダイエットの効果は、どんな良いことがあるのでしょうか。

有酸素運動にしては消費カロリーが多め

水泳ダイエットの効果は、有酸素運動にしては消費カロリーが多めなことです。
とくに運動をしばらくやっていなくて、ダイエットを始めたばかりの人には効果的です。

ランニングよりも水泳のほうが消費カロリーが多いと言われていますが、それは運動の強度によって違います。
運動に慣れている人は、ランニングのほうが消費カロリーが多い可能性があります。

またクロールのほうが消費カロリーが多いと言われていますが、平泳ぎのほうが消費カロリーが多い場合もあります。
いちばん大切なのは、継続的におこなうことです。

全身運動と筋力アップで代謝もアップ

水泳ダイエットの効果は、代謝がアップすることです。
水泳は全身運動ですし、水の抵抗があるのでエネルギーを消費します。

そのため代謝がアップして、脂肪が燃焼しやすいのです。
筋肉量が増えることでも、代謝がアップしますね。

体が冷えると代謝がアップする

水泳ダイエットの効果は、体が冷えることでも代謝がアップします。
体を温めたほうが代謝はアップすると言われていますが、一時的に体を冷やすことで代謝はアップすると考えられています。

体温が下がると、元の体温に戻そうとするんです。
その時にエネルギーを消費して、代謝がアップすると考えられています。

水泳ダイエットの方法

水泳ダイエットの方法をご紹介します。泳げない人でも水泳ダイエットをする方法もご紹介します。

水泳前の筋トレでダイエット効果アップ

水泳ダイエットの効果をアップするには、水泳前に筋トレを取り入れることです。
筋トレで筋肉を動かして温めておくのです。

そうすることで水泳による有酸素運動で、脂肪が燃焼しやすくなります。
いきなり水泳を始めると、体が冷えすぎて逆に代謝が下がってしまいます。

脂肪が燃焼するまでの時間も、長くなります。
効率的に水泳ダイエットをするには、はじめに筋トレを軽くやっておきましょう。

1回30分以上、週2~3回を2~3ヶ月は継続する

水泳ダイエットのやり方は、1回あたり30分以上は続けましょう。
できれば20分以上は泳ぎ続けるのが効果的です。

でも初めは、50m泳ぐだけでも息切れします。
いきなり無理をせず、つらい時は水中ウォーキングを挟んだり、休みながらおこないましょう。

また水泳ダイエットは毎日やるのではなく、週2~3回がベストです。
毎日やると疲労が抜けきらない可能性がありますので、やり過ぎには注意です。

それを2~3ヶ月は継続しましょう。
1ヶ月でも効果は出ますが、すぐに元に戻ってしまいます。体質改善するには、2~3ヶ月必要です。

正しい泳ぎ方で20分泳ぎ続ける

水泳ダイエットの方法は、続けて20分泳ぐことです。
5分くらい泳いで休むの繰り返しでは、あまり効果は期待できません。

つらい時は工夫して、20分は運動し続けることが大切です。
また正しい泳ぎ方でないと、代謝を上げることができません。

クロールは足が水の中に沈みがちになりますので、なるべく体が真っすぐ水面に平行になるように保ちましょう。
バタ足が水面の水をバシャバシャできるイメージです。

平泳ぎは足の裏で水を蹴るように意識しましょう。
平泳ぎは下半身痩せに効果的なので、足の動きが重要です。

泳げない人はビート板でバタ足でOK

泳げなくても水泳ダイエットをすることは可能です。
泳げない人はビート板を使って、バタ足をしましょう。

上半身は動かさないので、全身運動にはなりませんがダイエット効果は期待できます。
バタ足は膝から曲げるのではなく、足の付け根から動かしましょう。

水泳ダイエットの注意点とは?

水泳ダイエットをする上で注意することをご紹介します。

体が冷えすぎないようにお風呂で温まる

水泳ダイエットの注意点は、体が冷えすぎないように注意することです。
体が冷えることで代謝がアップすると言いましたが、あくまでも一時的に冷やすだけです。

体の芯から冷えてしまうと、とうぜん代謝は低下します。血行も悪くなり、免疫力も低下します。
水泳ダイエットの後は、お風呂で温まるようにしましょう。

お腹が空くけど食べ過ぎには注意

水泳の後は、何となくけだるくなりますよね。しかも、めちゃくちゃお腹が空くんです。
それは水泳が全身運動で、しかも筋肉をけっこう使っているからなんです。

それだけダイエット効果が高いという証拠なのですが、食べ過ぎには注意が必要です。
でも水泳は筋肉をだいぶ使っていますから、タンパク質は積極的に摂取しましょう。

水泳中でも水分補給を忘れずに

水泳をしていると、あまり汗をかいているように感じませんよね。
でも意外と汗をかいているものなんです。

そのため水泳中でも水分補給を忘れないようにしましょう。
水泳後のお風呂の前にも、水分補給が必要です。お風呂でも汗をかきますから、代謝を上げるためにも大事なことです。

楽しくダイエットを続けよう!

水泳ダイエットの効果と方法をご紹介しました。
注意点を守りながら、楽しくダイエットを続けましょう。

水泳ダイエットはすぐに体に効いてきますが、すぐに痩せるというダイエット方法ではありません。
そのため継続することが大切。そのためにも通いやすいプールを選びましょうね。

スポンサーリンク