ダイエット中のおつまみと太りにくいお酒の飲み方

ダイエット中は、お酒を飲んではいけないと思っていませんか?
たしかにお酒のカロリーは高いですが、そこにはあるカラクリがあるんです。

太らないコツをつかめば、ダイエット中でもお酒を飲むことができます。
ダイエット中だからって飲み会を断ってばかりだと、人間関係にヒビが入ったら困りますよね。

ダイエット中のおつまみの選び方と、太らないお酒の飲み方をご紹介します。

お酒を飲むと本当に太るの?

そもそもお酒を飲むと太るというのは、本当なのでしょうか?

お酒のカロリーは「エンプティカロリー」なので太りにくい

お酒に含まれているカロリーは、「エンプティカロリー」と呼ばれていて、脂肪になりにくいと言われています。
つまり太りにくいカロリーということです。

なぜ太りにくいのか。それは優先的に分解、消費されるからです。
でもその時、食べ物のカロリーの消費は後回しになってしまうのです。

飲酒中は、おつまみのカロリーは消費されない

食べ物のカロリー消費が後回しになると、おつまみのカロリーが蓄積されていくということ。つまり太りやすくなりますね。
だからお酒を飲むと太ると言われているのです。お酒のカロリーのせいではありませんでした。

また体内にアルコールが残っているうちは、食べ物の消費がなかなかできないので、長時間に大量のアルコールを飲むと太りやすいです。
なるべく早くアルコールを消費させないと、なかなかおつまみのカロリーを消費してくれないのです。

お酒を飲むと食欲が1~2割増しになる

お酒を飲むと太ると言われている理由は、食欲が1~2割増しになるからです。
つまりお酒を飲むと、いつもより食べ過ぎるおそれがあるということ。

単純に食べ過ぎにより、太りやすくなるということですね。
アルコールを飲むと自分でコントロールできなくなるので、自制心が解き放たれることも原因です。

太らないお酒の飲み方ってあるの?

では、太りにくいお酒の飲み方はあるのでしょうか。

エンプティカロリーは、いくら飲んでも太らないわけじゃない

お酒のカロリーは「エンプティカロリー」と言いましたが、いくら飲んでも太らないわけではありません。
お酒を大量に飲むと、肝臓に負担がかかります。

肝臓に負担がかかると、太りやすくなると言われています。
脂肪肝にもなりやすいので、生活習慣病も心配ですね。

糖質の多いお酒・甘いお酒は太りやすい

当然のことですが、糖質の多いお酒や甘いお酒は太りやすいです。
ジュースみたいなものですから、糖分が大量に含まれています。

糖質オフのビールなどのほうが良いですが、糖質オフだからって飲み過ぎるとアルコール分解の関係で太りやすくなります。
アルコールは飲み過ぎないようにするのが鉄則ですね。

適度に飲めば栄養も摂れる

太らないお酒の飲み方をご紹介しましたが、選ぶお酒によっても効果は変わってきます。
ワインや日本酒は、適度に飲めば栄養も摂れます。

ダイエット中のおつまみでオススメなのは?

ダイエット中のおつまみでオススメって何でしょうか。
意識的にそれを選ぶようにしましょう。酔いが回ると自制心が無くなるのでご注意を。

タンパク質とビタミンBでアルコール分解をサポート

ダイエット中のおつまみでオススメなのは、タンパク質とビタミンBです。
アルコールの分解を助けるはたらきがあるので、速くアルコールを分解して、食べ物の消費を速めようということです。

なるべく低カロリーのタンパク質が良いので、鶏肉や豆腐がおすすめ。
焼き鳥はタレよりも、塩のほうがカロリーがダイエット中はおすすめです。

適度な脂質で食べ過ぎを防ぐ

ダイエット中のおつまみでオススメなのは、適度な脂質を摂ることで食べ過ぎを防ぎましょう。
具体的には、「チーズ」や「ナッツ」などがおすすめ。

ししゃもや焼き魚などもダイエット中にはおすすめです。
刺身も多少は脂がのっていても大丈夫でしょう。

低カロリーのおつまみなら安心

ダイエット中のおつまみでオススメなのは、低カロリーのおつまみです。
安心して食べられるのは、冷奴や枝豆ですね。

もろきゅうや梅きゅうもおすすめ。
スルメや漬け物もOKですが、塩分の摂り過ぎにならないように気をつけましょう。

これを食べたら太る!ダイエット中のNGおつまみとは?

ダイエット中のおつまみで、絶対に食べてはいけない物って何でしょうか。
これだけは知っておきたいですよね。

糖分や塩分の多いおつまみ

ダイエット中のおつまみでNGなのは、糖分と塩分が多い食べ物です。
糖分は脂肪をためこみやすくなりますし、塩分はむくみが生じて代謝が悪くなります。

意外なNGおつまみとしては「煮物」が当てはまります。
煮物は調理の段階で、塩分も糖分もたくさん使っていますので、ダイエット中は避けたほうが良いでしょう。

焼き鳥はタレより塩がおすすめですし、漬け物も低カロリーなのでオススメです。
でも塩ばかりで塩分の摂りすぎには注意しましょう。

高カロリーの揚げ物

ダイエット中のおつまみでNGなのは、当然ですが高カロリーの揚げ物です。
揚げ物の中でもギリギリOKラインなのは、「鶏のから揚げ」と「タコの唐揚げ」です。

とくにタコは低カロリーで高タンパクなので、ダイエット食材としてはオススメ。
揚げてあるのが難点ですが、レモン汁をかけて食べれば、多少は脂肪の吸収がゆるやかになります。

いちばんのメリットは、我慢しすぎてストレスがたまるより、たまにはチョットくらいルールをゆるめることもアリということです。
もちろん食べ過ぎれば太りますのでご注意を。

脂肪になりやすい炭水化物

ダイエット中のおつまみでNGなのは、脂肪になりやすい炭水化物です。
お酒を飲んだ後に、シメでラーメンを食べたくなる人は多いですよね。これが太る原因です。

もし、どうしてもシメが食べたいなら、雑炊がオススメです。
雑炊は米の量が少ないですし、水分を含んでいるので満腹感も得られます。

ダイエット中でも適度に飲んでストレス発散しよう

ダイエット中のおつまみの選び方と、太らないお酒の飲み方をご紹介しました。
お酒が太るのではなく、おつまみやお酒の種類が原因だったんですね。

ダイエット中だからと言って、何でもかんでも我慢するとストレスがたまります。
上手にお酒とおつまみを選んで、ストレスを発散することも大切ですよ。

スポンサーリンク