ジム飯でダイエット成功させる!トレーニングと食事の関係

スポーツジムに併設されているカフェなどで食べられる「ジム飯」。
栄養バランスがしっかりと計算されていて、ダイエットを成功に導く要となる食事のことです。

ダイエットを成功させるためには、食生活が大事ですよね。
でも食事制限をするだけでは、理想的な体をつくることはできません。

そこでジムのトレーニングと並行して、食事もしっかりと管理できるジム飯が話題なんです。
どこのジムで食べられるのか、またどんなジム飯があるのか見ていきましょう。

ジム飯が食べられるトレーニングジム

ジム飯が食べられるトレーニングジムを3つご紹介します。

着替えずに15分トレーニング「BROS TOKYO」

「BROS TOKYO」では、「パワープレート」という最新型マシンが導入されています。
これはNASAの宇宙飛行士が重力トレーニングに使用しているマシンで、トップアスリートもトレーニングに導入しているんだとか。

たった15分間で1時間のトレーニングと同等の成果があるということで、欧米のセレブ達にも人気。
これが体験できるのが「BROS TOKYO」なんです。

1階はふつうのお洒落なカフェなんですが、地下に降りるとジムスペースがあります。
服を着替えずに、会社帰りにそのままトレーニングできるのが大きなメリットですね。

服を着替えるとなると荷物も多くなり、お風呂に入ると時間もかかりますよね。
それがなく、カフェで一息つくついでにトレーニングできちゃう感覚です。

これは忙しい現代人には、かなりおすすめのトレーニング方法なのではないでしょうか。

カフェのメニューもヘルシーで美味しいメニューが豊富。
有機野菜のスムージーやサラダ、グラノーラで糖質制限をしたスイーツなども人気です。

自宅で食べられるジム飯「TOTAL Workout」

本格的なトレーニングができるイメージの「TOTAL Workout」。
じつは食事管理も本格的なんです。

ジムに併設しているレストランでは、ヘルシーかつ栄養バランスを考えたプレートが勢ぞろい。
またプロテインドリンクやシェイクの種類も豊富で、トレーニングの前後に利用しやすいですね。

太りやすい白米は玄米に、パスタは全粒粉パスタというふうに、ダイエットのためのジム飯が充実しています。
味にもこだわっていて、健康的なだけでなく美味しさにもこだわっています。

さらに「TOTAL FOOD SYSTEM(トタールフードシステム)」というものを導入していて、自宅でジム飯が食べられるんです。
理想のボディメイクを最速でつくれるジム飯を、自宅に送ってくれるんだとか。

パックを温めて食べるだけで、プロ顔負けの食事管理ができちゃうんです。
本気でダイエットをしたいなら、試してみる価値はあるかもしれません。

食べながら痩せるジム飯「GAJARA(ガジャーラ)」

完全個室でトレーニングができる「GAJARA(ガジャーラ)」は、食事も料金に含まれています。
栄養バランスを考えて作られたジム飯と、個室で気兼ねなくトレーニングできると女性に人気です。

ふつうのスポーツジムだと、まわりの目が気になったり、順番待ちなど面倒なことも多いですよね。
そんな余計なことを気にせずに、トレーニングに集中できるのが嬉しいポイントです。

またトレーニングの後は、栄養バランスを考えて作られたジム飯が食べられます。
料金には20回分のプロテインとジム飯が含まれているので、家に帰ってからの食事を考える必要もありません。

また「GAJARA(ガジャーラ)」のジム飯は、リバウンドしないと評判なので人気なんです。
糖質制限など、無理な食事制限をしないで、食べながら痩せるのがコンセプトだからです。

白米を玄米に換えたり、ご飯にしらたきを加えるなどのカサ増しの工夫はされていますが、基本的には肉などのガッツリメニューも多いです。

満足できるジム飯だから、我慢しないダイエットができるんです。
我慢しないダイエットだから、リバウンドしないんですね。

トレーニングの前後には、どんな食事が良いのか?

トレーニングの前後には、どんな食事をすれば良いのでしょうか?
空腹のままトレーニングをしても、大丈夫なのか見ていきましょう。

トレーニング前には糖分を摂取する

トレーニングをする前には、多少の糖分を摂取しておくのがおすすめです。
空腹でトレーニングをすると、まずタンパク質が分解されてしまいます。

すると筋肉量が減り、代謝の悪い体になってしまいます。これではダイエットに失敗してしまいます。
そのためトレーニング前にはエネルギーを補給しておくことが大事。でも、ほんのちょっとでOKです。

アミノ酸飲料を少し飲んだり、雨をなめたりする程度で充分。
糖分はすぐにエネルギーとして消費されますから、体が温まった頃には脂肪の燃焼がはじまりやすくなります。

トレーニング後にはタンパク質を摂取する

ではトレーニング後はどうでしょうか。
筋肉を使って、筋肉が分解している状態です。

そのためタンパク質の摂取が必要です。
手っ取り早いのが、やはりプロテインですね。

筋肉疲労を回復させて、筋肉の損傷を修復するはたらきがあります。
そうすることで筋肉量を保ち、代謝が低下するのを防ぐんですね。

トレーニング後30分は余計なものを摂らない

トレーニング後の30分間は、余計なものは摂らないようにしましょう。
体が栄養を吸収しやすい状態ですので、水分とタンパク質以外はNGです。

とくに米を食べると、太りやすくなると言われています。
体を大きくしたい人にはおすすめですが、引き締めたい人には厳禁です。

運動後の30分間は、水以外の飲み物も避けるようにしましょう。

ジム飯の火付け役「カレグラ」って何?

そもそも「ジム飯」が人気になった火付け役は、「カレグラ」がはじまりだと言われています。
カレグラとは「カレー」と「グラノーラ」を一緒に食べるジム飯のこと。

これは「BROS TOKYO」のカフェでメニューに出したことで、自宅でも作ってみる人が増えました。
とくに人気なのが、カルビーの「フルーツグラノーラ」の糖質オフバージョンを使って、カレーをかけるだけ。

ご飯を食べないで、グラノーラに置き換えることで糖質制限ができるんですね。
しかも、美味しいと評判です。

ふつうのレトルトカレーをかけてもOKなんですが、ダイエットと健康のことを考えるなら、本格的なカレーにすると良いかも。
作り方は、この記事を見てみてください。

グラノーラにはヨーグルトが定番ですが、カレーというのも満足感がアップしますね。
またグラノーラも満腹感があると評判なので、ダイエットに最適と言えるでしょう。

ジム飯は栄養バランスを考えた健康管理に最適

ダイエットを成功に導く「ジム飯」についてご紹介しました。
ジム飯はダイエットだけでなく、健康管理にも最適です。

単なる食事制限ではなく、栄養バランスを考えてあるところがポイントですね。
自宅で作るのはなかなか大変ですし、健康的なメニューって、どうしても美味しく作れなかったりします。

またレパートリーもあまり多くできずに、飽きてしまうこともありますよね。
そんな時は、ぜひジム飯を利用してみてください。

スポンサーリンク