えのきダイエットの効果を引き出す方法|摂るだけで脂肪が減る?


画像:pinterest.jp

えのきダイエットって、ご存知ですか? 少し前に流行しましたよね。
でも今回ご紹介するえのきダイエットは、それとは違うんです。

えのき氷を使う方法ではなく、新たな方法がダイエット効果が高いと言われているんです。
えのきを使ったダイエット方法としては、最強のやり方だと思います。

どんな方法でえのきダイエットをすれば良いのか。また、どんな効果が期待できるのかご紹介しましょう。

えのきダイエットの効果とは?

えのきダイエットの効果をご紹介します。ダイエット効果以外にも、美容や健康にも効果が期待できます。

コレステロールを下げる

えのきダイエットの効果は、コレステロールを下げることです。
えのきに含まれている「βグルカン」は、他のキノコにも含まれている成分です。

このβグルカンが、腸内の脂肪を排出する効果にすぐれていると言われています。
またβグルカンは免疫力アップの効果があり、ガン予防も期待できると言われています。

脂肪の吸収をおさえる

えのきダイエットの効果は、脂肪の吸収をおさえることです。
えのきに含まれている「キノコキトサン」は、キノコの中でも「えのき」に最も多く含まれています。

キノコキトサンは、腸内で脂肪が吸収されるのを防ぐはたらきがあります。
そのため脂っこい食事を食べる時は、えのきを一緒に食べるようにすると良いでしょう。

すでにある脂肪を減らす

えのきダイエットの効果は、すでにある脂肪を減らすことも可能です。
えのきに含まれている「エノキタケリノール酸」という成分は、えのきにしか含まれていません。

このエノキタケリノール酸は、内臓脂肪を減らす効果があると言われています。
毎日摂り続けることで、脂肪の面積が減ったという報告もあります。

ただし細胞壁をこわさなければ、成分を吸収することはできません。
そのためには、どのような食べ方をするかが重要です。

便秘解消効果もすごい

えのきダイエットの効果は、便秘解消効果がスゴイことです。
えのきには食物繊維が含まれていますが、「不溶性食物繊維」がほとんどを占めています。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を含みふくらみます。
そして腸のぜん動運動を活発にして、排泄しやすいようにうながしてくれるんですね。

デトックス&美肌効果もある

えのきダイエットの効果は、デトックスや美肌効果も期待できます。
えのきに含まれている「グアニル酸」という成分が、体内の老廃物を排出してくれるんです。

つまりデトックス効果が高いということですね。
干しシイタケにも多く含まれていて、食後の満足感を与えてくれるそうです。
ストレスによる空腹感や過食を防止してくれる効果も期待できます。

体内の老廃物が排出されてキレイになると、当然お肌もキレイになりますよね。
ターンオーバーも正常になり、美肌効果が期待できます。

えのきダイエットの効果を引き出す方法とは?

えのきダイエットの効果を引き出す方法は、どんなやり方をすれば良いのでしょうか。

最大のダイエット効果は「天日干し」にある

今回のえのきダイエットの効果を最大限に引き出す方法は、えのきを天日干しすることです。
えのきを天日干しすると、ビタミンDが2~4倍にもなります。するとカルシウムの吸収を助けるんです。

カルシウムはダイエットとは関係ないように思いますが、じつは脂肪の吸収をさまたげる作用があることがわかっています。

えのきをそのまま食べるよりも、はるかにダイエット効果が高いことがわかります。

えのきは細かく刻んで食べる

えのきダイエットの効果を引き出す方法は、細かく刻んで食べるのも効果的です。
天日干しにはかないませんが、細かく刻むことで細胞壁がこわれます。

するとダイエットに必要な成分が吸収しやすくなるんです。
またえのきを煮たりした場合の煮汁にも、えのきの成分が溶け出しています。

そのため鍋をした時などは、最後に雑炊などをつくって、汁まで全部たべることが大切です。

えのきを煮詰めてから冷凍して「えのき氷」をつくる

一時期話題になった「えのき氷」にしても、ダイエット効果は充分に得られます。
やはり天日干しにはかないませんが、細かく刻んで煮て凍らせるという段階で、多くのえのきエキスが生まれています。

炒め物や煮物などの料理に入れて使っても良いですし、炊き込みご飯にしても良いでしょう。
そのまま味噌汁に入れて使うのが、いちばん簡単ですね。

えのき氷は作り置きが可能なので、いちばん使いやすい方法だと言えるでしょう。
保存までの手間はかかりますので、干しておくだけの天日干しのほうが楽チンでダイエット効果も高いということです。

ダイエット効果バツグンの「えのき茶」をつくる方法

ダイエット効果バツグンの「えのき茶」とは、天日干ししたえのきにお湯を注ぐだけの簡単な方法です。

  1. 乾燥したえのきを5g(細かく刻んであるもの)をポットに入れて、そこへ90℃くらいのお湯を500ml注ぎます。
  2. 沸騰したお湯だと、えのきの成分がこわれてしまう恐れもあるそうです。
  3. 30分おいてから飲むことで、えのきのエキスが存分に味わえます。
  4. これを1日かけて、ゆっくりと飲めばOKです。

 
えのきは高温で調理すると、やはりえのきの成分が壊れる可能性があるそうです。
そのため熱湯ではなく、90℃くらいのお湯がベストです。

飲みにくい人は、スープや味噌汁に入れても良いですね。
塩分の摂りすぎは向くますので、ご注意ください。

えのきダイエットには注意点もある?

えのきダイエットの注意点をご紹介します。どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

生のえのきで1日150gが目安

えのきダイエットで食べる1日分のえのきの量は、150gが目安です。
これは、生のえのきの量です。

天日干しで乾燥したえのきなら、5g程度が目安です。
量を間違えないようにしましょう。

食べ過ぎると下痢や腹痛になる

えのきダイエットの注意点は、食べ過ぎないようにすることです。
えのきを食べ過ぎると、下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。

適量を毎日たべつづけることで、ダイエット効果が期待できると言われています。

えのきダイエットは1~2ヶ月続けるつもりで取り組んでみよう

えのきダイエットの効果とやり方をご紹介しました。天日干しは必須条件ですね。
えのき茶なら、簡単に取り入れられそうです。

えのきダイエット効果があらわれてくるのは、1~2ヶ月くらいかかる人が多いようです。
即効性のあるダイエット方法ではないので、気長に続けてみましょう。

スポンサーリンク