朝カレーダイエットの痩せるやり方|朝から元気になる効果もある

朝カレーダイエットって、朝からそんな高カロリーなものを食べて本当に痩せられるんでしょうか?
カレーを朝に食べるのには、ちゃんとした理由があります。

その効果がすごいんです。
何がすごいって、ダイエット効果だけじゃなく、人生を変えちゃうほどの効果が期待できるんです。

その理由と痩せるやり方をご紹介します。

朝カレーダイエットで痩せやすい人の特徴

朝カレーダイエットは、痩せやすい人に特徴があります。
人によっては逆に太ってしまう場合もあります。

食事制限をしても、なかなか痩せない人

日頃から食事制限で低カロリーな食事をしている人は、逆に太ってしまう可能性もあります。
しかし食事制限をしているのに痩せられない人は、朝カレーダイエットで痩せる可能性が高いです。

その理由は、低下している代謝をアップさせて、脂肪燃焼を促進できるからです。
またダイエット中の停滞期に突入している人は、朝カレーを食べることで代謝がアップする可能性があります。

朝が苦手で午前中はボーっとしてしまう人

朝カレーダイエットで痩せやすい人の特徴は、朝が苦手な人です。
朝カレーを食べることで、交感神経が優位になり、朝から活動的になれます。

そのため午前中はボーっとして仕事の効率が悪かった人も、サクサク動けるので、代謝もアップします。
また体内リズムが整うことで、痩せやすい体質に変化すると考えられます。

冷え性で運動不足の人

朝カレーダイエットで痩せる確率が高い人は、冷え性で運動不足の人です。
朝カレーを食べることで、血行が良くなり代謝がアップします。

そのため冷え性が改善されるのはもちろん、運動不足で代謝が低下していた人も、エネルギーが消費しやすくなります。

食べるのが大好きな人

朝カレーダイエットで痩せやすい人の特徴は、食べるのが大好きな人です。
普段から食べる量が多く、なかなか痩せられない人は、朝カレーダイエットをしてみてください。

朝から満足できるうえに、代謝がアップして痩せやすくなります。
しかも極端な食事制限がないので、簡単に続けられるでしょう。

朝カレーダイエットの効果

朝カレーダイエットの効果は、どんなことがあるんでしょうか。
ダイエット効果以外の人生を変えちゃう効果が気になりますよね。

頭が冴えて、朝から元気になる

朝カレーダイエットの効果は、朝から頭が冴えて元気になることです。
すると、どうなると思いますか?

朝からパワフルに活動できるので、仕事は効率よく片づき、時間に余裕ができます。
時間に余裕ができると、精神的にも落ちつき、自信も湧いてきます。

また定時で帰宅できることも増えるため、好きなことに費やす時間が増えます。
すると趣味を楽しんだり、夢を実現できたりすることでしょう。

冷え性を改善して、代謝アップ

朝カレーダイエットの効果は、冷え性を改善して代謝がアップすることです。
冷え性はむくみを引き起こすことも多く、ダイエットの大敵ですよね。

カレーにはスパイスが豊富に含まれているので、血行を促進して代謝をアップしてくれるんです。
カレーを食べると体が温まるので、その意味でも冷え性を改善できるでしょう。

発汗作用でデトックス効果

朝カレーダイエットの効果は、発汗作用でデトックス効果が期待できることです。
カレーに含まれるスパイスには、発汗作用のあるものが多いです。

そのため毛穴から汗を出すことで、デトックス効果が期待できます。
また血行を促進することで、便秘解消効果も期待できますので、Wのデトックス効果です。

脂肪が燃焼しやすくなる

朝カレーダイエットの効果は、脂肪が燃焼しやすくなることです。
カレーに含まれるスパイスは、脂肪燃焼効果のあるものも多いです。

そのためウォーキングなどの有酸素運動をプラスすると、更なるダイエット効果が期待できます。
毎日でなくても良いので、適度な運動を取り入れることをおすすめします。

朝カレーダイエットの基本的なやり方

まずは、朝カレーダイエットの基本的なやり方をご紹介します。

「市販のカレールー」でも「レトルトカレー」でもOK

朝カレーダイエットの基本的なやり方は、「市販のカレールー」でも「レトルトカレー」でもOKということです。
これなら忙しい朝でも、簡単に取り入れられそうですね。

カレーなら作り置きもできますので、とっても便利なダイエット方法です。

ご飯200g・カレー200g

朝カレーダイエットの基本的なやり方は、ご飯200gとカレー200gを食べることです。
ご飯は抜いたほうが痩せそうですが、ご飯のブドウ糖がエネルギーを消費する火付け役となります。

そのため代謝をアップするためには、ご飯も食べる必要があります。
ただし食べ過ぎると太りますので、ご注意くださいね。

毎朝カレーを食べなくても週3~4日でOK

朝カレーダイエットのやり方は、毎朝カレーを食べなくても良いということです。
週に3~4回でOKです。

カレーのスパイスは、胃腸に負担をかける場合がありますので、胃腸の弱い人は間隔を空けてやると良いでしょう。
胃腸の強い人は、毎日食べてもOKですよ。

昼食と夕食は好きな物を食べてOK

何という素晴らしいダイエット方法でしょう。
朝カレーダイエットは、昼食と夕食は好きな物を食べてOKなんです。

その代わり、腹八分目までがルールです。
食べ過ぎると、朝カレーを食べている意味がなくなってしまいます。

朝カレーダイエットの痩せるやり方

朝カレーダイエットの基本がわかったところで、次に痩せるやり方をご紹介します。

カレールーではなく、カレー粉を使う

朝カレーダイエットの痩せるやり方は、カレールーではなく、カレー粉を使うことをおすすめします。
市販のカレールーには、糖質と脂質が多めに含まれているからです。

原料には小麦粉や砂糖が使われていて、油も多く含まれています。
そのためカロリーを考えると、カレー粉を使ったカレーがおすすめです。

とくにスープカレーにすると、脂質を減らせて痩せやすくなります。

ニンニクとショウガで美味しく代謝アップ

朝カレーダイエットのためにカレー粉からスープカレーを作ったけど、どうも味が薄いという時ありますよね。
そんな時には、ニンニクとショウガを使うことで味にパンチが効くようになります。

またニンニクとショウガは代謝をアップする効果があるので、朝カレーダイエットには最適ですね。
またカレー粉を使って作る場合、どんなスパイスを入れれば良いのか迷いますよね。

そんな時は「ガラムマサラ」がおすすめ。ガラムマサラとは、「シナモン」「クローブ」「ナツメグ」を基本として、さまざまなスパイスが混ざっています。

簡単に多種類のスパイスを摂れるので、手作りする人にはおすすめです。
カレールーを少なめに使って、ガラムマサラを足す方法なら簡単に作れますね。

ご飯を工夫して脂肪をつきにくくする

朝カレーダイエットの痩せるやり方は、ご飯を工夫することです。
白米だと糖質が多く、血糖値が上昇して脂肪がつきやすくなります。

そのため白米を玄米に換えるのがおすすめです。
また白米と「しらたき」を混ぜて、しらたきご飯を作るとカロリーを抑えられます。

さらにご飯の量を少なくして、豆腐をくずして使えば、タンパク質も摂れますね。

肉を入れるなら「鶏肉」か「牛赤身肉」

朝カレーダイエットの効果を高めるには、使う肉を厳選することです。
低カロリーにしたいなら「鶏肉」、脂肪燃焼効果を狙うなら「牛の赤身肉」がおすすめです。

牛肉の赤身肉には「カルニチン」が含まれていて、脂肪燃焼効果が高いと言われています。
肉を入れないで、野菜たっぷりカレーでも良いでしょう。

その場合は昼食と夕食でタンパク質の摂取をするようにしてください。

「野菜」と「キノコ」を多めに入れる

朝カレーダイエットで痩せる方法は、具材に「野菜」と「キノコ」を積極的に使うことです。
野菜やキノコには食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消など高いダイエット効果が期待できるからです。

できれば肉も少量入れて、バランスの良いカレーにすると良いでしょう。
ダイエットの基本は、栄養バランスの良い食生活ですからね。

朝カレーダイエットは集中力を高めて人生が好転する

朝カレーダイエットの効果とやり方をご紹介しました。
あなたは、朝カレーダイエットで痩せやすい人でしたか?

朝カレーダイエットは、あなたの人生をも変えてしまうかもしれません。
朝から集中力を発揮して、有意義な時間の使い方ができるようになるでしょう。

そうすれば、あなたがやりたかった事ができるようになり、夢を叶えることもできますよ。

スポンサーリンク