幕の内食べダイエットは運動なしで9割が痩せた|医師がすすめる肥満治療

幕の内食べダイエットは運動なしの肥満治療

幕の内食べダイエットとは、医師がすすめる肥満治療法です。
運動なしで食事法だけで、なんと9割もの人が痩せたそうです。

この方法は、一生の食生活に活かせるので、一時的なものとして終わらせるのはもったいないです。
では具体的にどんな方法なのか、じっくりご説明しますね。

幕の内食べダイエットって、そもそも何?

幕の内食べダイエットとは、そもそも何のことなのでしょうか?

幕の内弁当のように、少しずつ種類を多く食べる

幕の内食べダイエットとは、幕の内弁当のように、少しずつ種類を多く食べる方法です。
おかずの種類を多くすれば、栄養バランスがとれるという理論です。

幕の内弁当には、メイン料理がない場合も多いですよね。
そのため1品の量は少ないんです。

でもいろいろな種類のおかずを食べられるので、満足感は意外とあると定評があります。
このダイエット方法を推奨している医師は、1日に何と23種類ものおかずを食べていました。

「そんなに食べて太らないの?」と心配に思うでしょうが、総カロリーはたったの2200kcal。
これは成人男性の1日のエネルギー摂取量目安を下回っています。

カロリーが少ないほど良いというわけでもありませんよ。
肉体労働や運動をしている人は、目安のエネルギー量は摂取しなければ健康は保てませんのでご注意を。

運動をしないで9割の人が痩せた肥満治療法

幕の内食べダイエットを推奨している医師は、ダイエットのエキスパートと呼ばれています。
この方法でなんと9割もの人が、運動なしで肥満治療に成功しているのです。

しかも我慢するようなダイエットではなく、満足感も得られるのですから理想的です。
体重が多い人がいきなり運動をはじめると、体を痛めてしまうことが多く、結局つづけられません。

そのため、まずは幕の内食べダイエットをして肥満を解消してから、適度な運動を取り入れていきましょう。

炭水化物抜きダイエットは危険だからダメ!

幕の内食べダイエットでは、炭水化物を抜くようなことはしません。
「糖質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」は、健康被害が多く、決しておすすめできません。

しっかりと医師の指導のもとにやるなら別ですが、独自の判断でやるのはとても危険なんです。

  • 一時的には痩せるけど、確実にリバウンドする
  • 糖質を抜くと脳の栄養が不足して、うつ病になるリスクがある

 
ひどい場合には、生命の危機さえある炭水化物抜きダイエットは、できればやらないでください。
糖質を抜けば一時的には痩せますが、確実にリバウンドするダイエット方法なんです。

糖質も人間の体に必要な栄養で、糖質が太るのではなく、糖質の摂りすぎが太るんです。
また糖質は脳の栄養になりますから、糖質を減らすことでうつ病になるリスクもあります。

だから炭水化物を抜くのではなく、幕の内食べダイエットで痩せましょう。

医師がすすめる「幕の内食べダイエット」のやり方とは?

医師がすすめる「幕の内食べダイエット」のやり方をご紹介しましょう。

小皿や仕切りプレートで少量ずつ食べる

幕の内食べダイエットのやり方は、小皿や仕切りプレートを使うことです。
これが実は、かなり重要なポイントなんです。

少量のおかずを盛る時、大きな皿に盛るよりも、小さな皿に盛るほうが多く見えます。
つまり視覚の効果でも、満足感を得られるんです。人は目で食べると言いますからね。

仕切りプレートとは、ホテルバイキングなどで使うようなお皿のこと。
細かく9つくらいに仕切ってありますよね。

このような皿を使うことで、少量のおかずを多種類たべることができるんです。
これが幕の内食べダイエットの極意です。

5~6種類のおかずを食べる

幕の内食べダイエットのやり方は、5~6種類のおかずを食べることです。
いくら少しずつのおかずでも、少なすぎると栄養不足になってしまいます。

最低でも1食あたり5~6種類のおかずを用意しましょう。
「そんなに作るの大変!」と思うかもしれませんが、意外と簡単にできますよ。

  1. 味噌汁
  2. 納豆
  3. 酢の物
  4. ポテトサラダ
  5. 野菜炒め
  6. 煮物

 
こんなメニューはいかがでしょうか。
酢の物や煮物、ゴマ和えやナムルなどを作り置きしておけば、簡単に用意できますよね。

揚げ物や肉など量に気をつければ何を食べてもOK

幕の内食べダイエットでは、揚げ物や肉など、何でも食べてOKなんです。
ただし1品ごとの量に気をつけることが大切です。

高カロリーな食べ物でも、食べる量が少なければ栄養になります。
食べ過ぎると肥満になります。

この境界線を決めるのは、あなたなんですよ。
好きな物を少量で我慢するのだけ大変かもしれません。でも食べちゃいけないわけではありませんから、頑張りましょう。

幕の内食べダイエットの注意点と成功するコツ

幕の内食べダイエットの注意点と成功するコツをご紹介したいと思います。

丼物や単品料理には注意しよう

幕の内食べダイエットで注意することは、「丼物」と「単品料理」には注意が必要です。
「牛丼」「カツ丼」「親子丼」「まぐろ丼」などは、低価格でサクっと食べられるので便利ですよね。

仕事中のランチには最適かもしれません。
でもこれが、栄養バランスが悪くなる原因です。もちろん太る原因にもなります。

また「単品料理」は洋食に多いですよね。
「パスタ」「ドリア」「グラタン」などの洋食、また「チャーハン」「ラーメン」「うどん」などもそうですね。

なるべく品数を多くするように心がけましょう。
でも腹八分目にすることは大切ですよ。

肉メインの定食も注意が必要

肉メインの定食とは、たとえば「ハンバーグ定食」「生姜焼き定食」などのことです。
このような肉メインの定食だと、1品の量が多すぎるんです。

そのため高カロリーになり、栄養バランスも崩れがちになってしまいます。
ここが幕の内食べダイエットの一番つらいところでしょうか。

なるべく和食にする

幕の内食べダイエットに成功するコツは、なるべく和食中心の食事にすることです。
言うまでもありませんが、和食のほうが栄養バランスがよく、太りにくいです。

でも現代人は和食離れがひどく、食の欧米化が進んでいますよね。
こればかりは意識的に気をつけるしかありません。

せっかく世界でも注目の「ヘルシー食」がある日本なのですから、健康的な食生活を心がけたいですよね。

幕の内食べダイエットは副菜の作り置きがキモ!

幕の内食べダイエットのやり方と注意点をご紹介しました。
おかずが多くなると、食事の準備が大変だと思うかもしれません。

でも「副菜」を増やすことで、比較的カンタンに品数を増やすことができます。
とくに「ほうれん草のお浸し」や「きんぴらごぼう」、「ゴマ和え」や「漬け物」などは、作り置きが可能です。

毎日ちょっとずつ食べれば、いい具合に食べ切るはずですよ。
運動なしの肥満治療で、確実に痩せていきましょう!

スポンサーリンク