ミネストローネダイエットの効果|やり方とレシピのポイント

ミネストローネダイエットの効果は、脂肪燃焼スープダイエットと同じ?

ミネストローネダイエットと聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?
そうなんです。脂肪燃焼スープダイエットと似ている部分ががたくさんあるんです。

ということは、ミネストローネダイエットには、脂肪燃焼効果があると考えられます。
脂肪燃焼スープダイエットは1週間という短期間のダイエット方法。

では、ミネストローネダイエットはどうなのでしょうか?
「リバウンドなし」と「空腹感を少なくする」に焦点をしぼって考えていきます。

ミネストローネと脂肪燃焼スープのちがい

脂肪燃焼スープダイエットの場合には、入れる具材・食べ方・一週間のメニューなどが厳密に決められています。
ただしミネストローネダイエットは、それほど細かく決められていません。

ミネストローネダイエットなら肉を入れてもOKですし、いつの食事で置き換えるかなども自由です。
脂肪燃焼スープダイエットをミネストローネでやる人もいるようですが、それはもはや「ミネストローネダイエット」と呼ぶべきでしょう。

トマトベースの野菜スープという意味では、脂肪燃焼スープもミネストローネも同じ食べ物と思ってかまいません。
食べ方やダイエット方法がちがうというだけです。

ミネストローネダイエットの効果

ミネストローネダイエットの効果は、どのようなものなのでしょうか。

痩せる効果は、トマトと野菜の効能が大きい

ミネストローネダイエットの効果は、トマトと野菜の効能によるものが大きいです。
そこは脂肪燃焼スープと同じですね。

とくにトマトに含まれる「リコピン」による、脂肪燃焼効果が高いと考えられます。
他の野菜にも食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消効果が期待できます。

さらに野菜にはカリウムが多く含まれているので、むくみ解消やデトックス効果にも優れています。
これだけ見ても、ミネストローネのダイエット効果が高いことがわかりますね。

カロリーは具材によるが100gで50キロカロリーと低カロリー

ミネストローネのカロリーは、100gあたり約50キロカロリー程度です。
一皿のミネストローネでも、70キロカロリーもないくらいです。

とはいえ、入っている具材によってカロリーは大きく変動します。
肉が入ると、当然カロリーは上がります。しかし肉ナシのほうが良いというわけでもありません。

ミネストローネダイエットの効果を踏まえつつ、どのようなミネストローネを作るのか考えてみてください。
あとで肉を入れるメリットと注意点を順番にご紹介していきます。

コレステロールを下げたり、代謝がアップする

ミネストローネダイエットの効果は、コレステロールを下げたり、代謝をアップする効果が期待できることです。
ミネストローネに入っているトマトは、ダイエット効果が高いのです。

トマトに含まれる「リコピン」は抗酸化作用が高く、コレステロールを下げて、血行を良くするはたらきがあります。
すると、どうなるか? 血液がサラサラになり血行が良くなることで、代謝がアップしますね。

これがミネストローネダイエットのおもな効果です。

満腹感があるので、食べ過ぎ防止になる

ミネストローネダイエットの効果は、食べ過ぎを防ぐことです。
食事にミネストローネを取り入れると、ミネストローネの野菜によって満腹感がアップします。

これは野菜に含まれている「食物繊維」により、お腹の中でふくらんで満腹感を得られるのです。
つまり食事にミネストローネを取り入れると、お腹がいっぱいになりやすく食べ過ぎることがないということです。

ミネストローネダイエットのやり方

ミネストローネダイエットのやり方は、1つではありません。多くの人がやっている方法と、リバウンドを防ぐやり方をご紹介しましょう。

夜スープダイエットにミネストローネを利用する

夜スープダイエットとは、夕飯を野菜スープに置き換えるという方法です。
この方法は比較的短期間で痩せられると評判ですが、リバウンドする可能性があります。

期間は1週間~10日間で終えたほうが良いでしょう。
長期的にやると、体調を崩すおそれがあります。

脂肪燃焼スープと同じ1週間の短期ダイエットにする

ミネストローネダイエットのやり方は、脂肪燃焼スープダイエットと同じやり方でやる人もいます。
脂肪燃焼スープには、基本的に肉が入っていません。

でも肉も取り入れたミネストローネで、1週間の短期ダイエットを決行する人がいるようです。
やり方としては、朝食と夕食の主食をミネストローネに置き換えるという方法が多いようです。

一食そのものをミネストローネに置き換えるよりは空腹感も少なく、比較的ゆるやかにダイエットできるでしょう。
痩せる効果は高いと考えられますが、リバウンドの危険もないわけではありません。

長期ダイエットにして、痩せやすい体質を作っていく

ワタシがおすすめする「ミネストローネダイエットのやり方」は、夕食の主食をミネストローネに置き換えるという方法です。
夜は糖質をひかえたほうがダイエット効果が高くなります。そのため炭水化物を極力ひかえ、ミネストローネに置き換えると良いでしょう。

ただし「絶対に夕食で糖質はNG」というわけではなく、ほんのチョットだけミネストローネにパスタを加えたり、じゃがいもなどの糖質を含む野菜を取り入れても良いでしょう。

無くてもOKですが、長期的にダイエット効果を出していくためには、夕食でも糖質を多少は摂りましょう。
短期ダイエットのほとんどは確実にリバウンドするので、いかにリバウンドせず、夜の空腹感を減らせるかは、満足感にかかっています。

ミネストローネのレシピのポイント

ミネストローネダイエットをするなら、ミネストローネのレシピがポイントになります。
作り方は決まっていませんし、具材にもルールはありません。
ただレシピのポイントだけお伝えしたいと思います。

調理油は不飽和脂肪酸のオリーブオイルにする

ミネストローネダイエットをするなら、できるだけ痩せやすいスープを作りたいですよね。
野菜などを炒める時は、不飽和脂肪酸のオリーブオイルを使うようにしましょう。

不飽和脂肪酸は血液をサラサラにして、脂肪になりにくい性質があります。
そのためダイエットには最適な油です。

肉を入れると美味しいし、満足感もアップする

ミネストローネダイエットをするなら、お肉を入れてもOKです。
お肉を入れるか入れないかによって、味が大きく変わります。それはもうビックリするくらいの差です。

ベーコンを入れると味が出やすく、美味しいミネストローネになります。
ベーコンやウィンナーはダイエットに不向きな食材ですが、絶対に食べてはいけないわけではありません。

ほんの少し入れるだけで良いのです。味が劇的に変わりますよ。
それに人間には脂質も必要で、脂質を摂ると脳が満足感を感じやすくなります。

つまり結果的に、少ない量でも満足できるということです。
この性質を上手にダイエットに利用しましょう。するとリバウンドを最小限に防げます。

ミネストローネダイエットの注意点

ミネストローネダイエットの注意点はあるのでしょうか。

低カロリーにこだわり過ぎると失敗する

脂肪燃焼スープは、低カロリーにこだわったスープですよね。
肉は別で摂りますので、スープには入っていません。でも、これが何といっても飽きる。

低カロリーにばかりこだわり過ぎると、「味が美味しくない」「満足感がない」という理由で失敗しやすいです。
そのためカロリーばかりにこだわらず、美味しく続けられるミネストローネを作りましょう。

糖質と脂質が多すぎるとダイエット効果が下がる

ミネストローネダイエットの注意点は、糖質と脂質が多くなりすぎないように注意しましょう。
ミネストローネには、肉を入れても、パスタを入れてもOKです。でも多すぎると太ります。

また野菜によっては糖質が多い種類があります。じゃがいもやかぼちゃなどですね。
そこに肉もパスタも入れるとなると、糖質の摂りすぎになる場合もあります。

また肉を入れ過ぎると、脂質の摂りすぎになる場合があります。
糖質も脂質も、適量をバランスよく入れてダイエット効果を最大限に発揮させましょう。

ミネストローネダイエットは、できるだけ長期間で考えよう

ミネストローネダイエットの効果とやり方、脂肪燃焼スープとのちがいなどをご紹介しました。
ミネストローネは栄養満点で、トマトのリコピンでダイエット効果も高まります。

ただし脂肪燃焼スープダイエットのように短期間でやると、リバウンドする確率が上がります。
そのため長期間でミネストローネダイエットをすることをおすすめします。

これから一生食べ続けても良いと思えるようなダイエット方法が、いちばん効果的なダイエットへと繋がるのです。
そのためには低カロリーであることばかり意識せず、栄養バランスを考えましょうね。

スポンサーリンク