チューブトレーニングで脚やせ効果|インナーマッスルを鍛えて引き締めよう


https://www.pinterest.jp

インナーマッスルを鍛えて効率的に脚やせダイエット

ゴムチューブを使った「チューブトレーニング」で、脚やせができるんです。

筋肉を鍛えたら、足が太くなるんじゃないの?
と思う人もいることでしょう。

でも、ご安心ください。
チューブトレーニングはインナーマッスルを鍛えるので、足を引き締める効果が期待できるんです。

では、チューブトレーニングで脚やせする方法をご紹介します。

チューブトレーニングで脚やせ効果がある理由

チューブトレーニングをすると、なぜ脚やせ効果が期待できるのでしょうか。

インナーマッスルを鍛えると引き締まる

チューブトレーニングで脚やせできる理由は、インナーマッスルを鍛えられるからです。
インナーマッスルとは、カラダの内側にある筋肉のことです。

目では見えませんが、関節を動かす時に不可欠な筋肉です。
そのため、しなやかな動きをするのに役立つ筋肉のことです。

アウターマッスルはムキムキに大きくなりやすい外側の筋肉のこと。
でもインナーマッスルはムキムキにならずに、カラダを引き締める効果が期待できるんです。

下半身の筋肉を鍛えると全身の代謝がアップする

チューブトレーニングで脚やせすると、下半身の筋肉を鍛えることができます。
下半身を鍛えることで、全身の代謝アップが期待できるんです。

下半身には大きな筋肉が多いので、筋肉量が増えることで代謝がアップするんですね。
とっても効率のよいダイエットが可能になります。

カラダの歪み矯正ができ、血行が良くなる

チューブトレーニングで脚やせすると、骨盤などのカラダの歪みを矯正することができます。
歪みがあることで血行の妨げになることが多いので、歪みを矯正すると血行が良くなります。

血行が良くなると、代謝がアップしますよね。
ダイエットの大敵である冷え性の改善にもなりますし、むくみの解消にも効果的です。

さらに歪みが治ると、姿勢が良くなりダイエット効果がアップします。

チューブトレーニングで脚やせダイエットをする方法

チューブトレーニングで脚やせダイエットをする方法をご紹介します。

ゴムチューブを使って足パカ体操

「足パカ体操」って、ご存知でしょうか?
脚やせ効果のあるエクササイズとして人気になりました。

寝ながらできる体操なので、簡単なうえに脚やせ効果が期待できるんです。
この足パカにゴムチューブを取り入れることで、さらに脚やせ効果がアップします。

  1. 仰向けに寝ころがります。
  2. 両足の足首にゴムチューブを引っかけます。
  3. 両足を上に伸ばして、脚を開いたり、閉じたりを繰り返します。

 
10回を3セットやってみましょう。
2種類の足パカがあり、「横に開閉する」「前後に開閉する」の両方やってみてください。

座ったまま太もも痩せ

座ったままできるチューブトレーニングは、太もも痩せに効果が期待できます。
テレビを観ながらもできますし、デスクワークなら仕事中もアリかもしれませんね。

  1. イスに座って、膝のあたりにゴムチューブを引っかけます。
  2. 膝を開いたり、閉じたりを繰り返しましょう。

 
10回を3セットやってみてください。

ヒップアップ効果で下半身痩せ

チューブトレーニングで脚やせするなら、ヒップアップ効果も期待できます。
ゴムチューブの負荷を上手に利用しましょう。

  1. 四つん這いになり、両足にゴムチューブを引っかけます。
  2. 右足を斜め後ろに引き上げます。
  3. お尻と太ももの後ろ側が効いているのを感じながらやりましょう。
  4. 10回くり返したら、左足も同じようにやってみましょう。

 
呼吸を止めないようにやってみてくださいね。
ゆっくりと動かすのがコツです。

内ももを鍛えて引き締め効果

内ももを鍛えるチューブトレーニングなら、バランスよくキレイに脚を引き締めることができますね。

  1. 立った状態で、両足にゴムチューブを引っかけます。どこかに固定して、片足にだけ引っかけてもOKです。
  2. 右足を内側に10回引っ張りましょう。
  3. 左足も同じように内側に引っ張ります。

 
ふだんの生活で内ももは、あまり使うことがありませんよね。
だからこそチューブトレーニングで鍛えることで、太ももの間にスキマをつくることも可能です。

チューブトレーニングで効率よく脚やせするコツ

チューブトレーニングで効率よく脚やせするには、ちょっとしたコツがあります。

反動を使わず、ゆっくりと動かす

チューブトレーニングで効率よく脚やせするコツは、ゴムチューブの反動を使わないことです。
伸びたゴムチューブを戻すときに、反発しながらゆっくりと戻しましょう。

この動きが、まさにインナーマッスルを鍛えている瞬間です。
ゆっくり動かすことで、じわじわと内側の筋肉にはたらきかけることができます。

呼吸をしっかりすることで代謝アップ

チューブトレーニングで効率的にダイエットするなら、呼吸を止めないでしっかりと息を吸いましょう。
呼吸をすることで有酸素運動の効果も期待できるので、全身の代謝アップにつながります。

脚やせ効果だけでなく、全身痩せもできるのが効率の良いポイントなんです。

やり過ぎは禁物!アウターマッスル強化になる場合も

チューブトレーニングは、やり過ぎるとアウターマッスルの強化になってしまう場合があります。
インナーマッスルを鍛えるためには、呼吸がしっかりとできるくらいの負荷が適当です。

ハードにやり過ぎると、単なる「筋トレ」状態になってしまい、アウターマッスルがムキムキになってしまいますよ。
引き締め効果を得るためには、「ゆっくり」そして「呼吸を止めないこと」がポイントです。

チューブトレーニングは効率的なダイエットができる

チューブトレーニングで脚やせする方法をご紹介しました。
下半身のインナーマッスルを鍛えることで、全身のダイエット効果も高めることができます。

そのためチューブトレーニングで脚やせするのは、とっても効率的なんです。
脚を引き締めることもできて、しかも全身の代謝もアップするのですから。

毎日ではなくてもOKなので、テレビを観ながら気ままにダイエットしてみてくださいね。

スポンサーリンク