【楽やせ】お風呂上がりにストレッチダイエット!リラックス効果も

お風呂上がりのストレッチダイエットで痩せやすい体を手に入れる!

1日頑張った体を癒してくれるお風呂。
そんなお風呂上がりにストレッチをすると、ダイエット効果が倍増するのをご存知ですか?
 

こみち
お風呂上がりにストレッチするだけで、痩せる効果があるならやりたいわ。

ダイエットには運動が必要だとわかっていても、忙しくて時間がなかったり、続けるのがつらくてやめてしまうことも多いですよね。

でもお風呂上がりのストレッチなら、毎日のリラックスタイムに気持ちよく続けることができるので、続けることでダイエット効果がアップします。

そこで今回は、お風呂上がりのストレッチでダイエットできる理由や、効果的なストレッチ方法をご紹介します。
今日から気持ちいいストレッチで、楽ヤセ効果を手に入れましょう!

お風呂上がりのストレッチによる5つのダイエット効果とは?

お風呂上がりのストレッチは、ダイエット効果が高まる絶好のタイミングです。
では、お風呂上がりのストレッチで、どのようなダイエット効果が期待できるのでしょうか?

①体が温まると血行がよくなり、代謝がアップする

お風呂上がりは体がポカポカと温まっているので、ストレッチをするには最高のタイミングです。

体が温まることで血行がよくなり、さらにストレッチすることで代謝がアップします。

お風呂とストレッチのW効果でダイエット効果が高まり、痩せやすい体をつくることができます。

お風呂上がりのストレッチは、とくべつな運動をしなくても、心地よいストレッチをするだけで痩せる効果を手に入れることができるのです。

②体の柔軟性が高まり、痩せやすくなる

お風呂上がりにストレッチをすると、筋肉が伸びることで筋肉の緊張がほぐれていきます。
体が硬いと太りやすいと言われていますが、これは血行が悪いことで代謝が悪くなるからです。

お風呂上がりにストレッチすることは、体の柔軟性を高め、血行がよくなることで痩せやすくなる効果が期待できるのです。

③安眠効果で成長ホルモンが分泌され、痩せやすい体になる

お風呂上がりにストレッチをすると、安眠効果がアップして、ぐっすり眠ることができます。

ぐっすり眠ると何が良いかというと、寝ている間に分泌される「成長ホルモン」によって痩せやすい体になることができるからです。

成長ホルモンは体のあらゆる不調を修復して、体の機能を正常に保つはたらきがあります。
ストレスを解消したり、疲労を回復させる効果もあるので、体の調子がよくなり、健康的に痩せる効果があります。

また、成長ホルモンには「食欲を抑える」効果も期待できるので、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができるのです。

ダイエットにおいて、食欲を我慢することはつらいですが、お風呂上がりにストレッチをすることで、自然と食欲を抑える効果があるのは大きなメリットですよね。

④老廃物を排出するデトックス効果でむくみを解消する

お風呂に入って血行がよくなると、体内の老廃物を排出する「デトックス効果」が高まり、体のむくみを解消してくれます。

女性はとくに足がむくみやすく、「ダイエットしてもなかなか足が細くならない」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

お風呂上がりのストレッチダイエットには、痩せにくい足を細くする効果も期待できるのです。

⑤関節が柔らかくなり、消費カロリーがアップする

お風呂上がりにストレッチをすると、関節が柔らかくなり、消費カロリーがアップする効果が期待できます。
関節が硬くなっていると、血行が悪くなり、代謝が低下してしまうのです。

そこで関節をほぐすストレッチをすれば、血液やリンパの流れがうながされ、代謝をアップすることが期待できます。

また、関節が柔らかくなることで可動域が広がり、体を動かしやすくなります。すると消費カロリーがアップし、ダイエット効果が高まるのです。

お風呂上がりのストレッチには、健康効果もある

お風呂上がりのストレッチには、健康効果もあるのがうれしいポイントです。
日頃のストレスや疲れによって、体調を崩してしまったら、ダイエットを続けられなくなってしまいますよね。

では、お風呂上がりのストレッチには、どのような健康効果があるのでしょうか?

  • 肩こり解消
  • 疲労回復
  • 自律神経を整える
  • リラックス効果

 
つらい肩こりに悩まされている人は多いと思いますが、なかなかスッキリ解消することができませんよね。

お風呂上がりのストレッチダイエットは、肩のストレッチをすることで血行がよくなり、肩こりを解消することができます。

また、お風呂とストレッチでリラックスすれば、自律神経を整える効果もあります。

自律神経が整っていると、体温調節をはじめとする体の機能が正常になり、メンタル面での安定も期待できるのです。

お風呂上がりのストレッチは、ダイエット効果だけでなく、心身ともに健康を保つ効果も期待できます。

お風呂上がりにやるストレッチダイエットの方法

では、お風呂上がりのストレッチには、どのようなものがあるのでしょうか?
ストレッチダイエットの方法について、ご紹介していきます。

足のむくみを解消し、美脚効果のあるストレッチダイエット


参照:ストレッチ1.2.3
 

  1. 床に座り、片足を曲げて、もう片方の足を後ろに伸ばします。
  2. 片足につき、20秒くらいキープして、しっかりと股関節を伸ばしましょう。

 
これはヨガにもある動きなので、ストレッチ効果が高く、痩せやすい体になることが期待できます。

はじめは体が硬くてつらいかもしれませんが、毎日つづけることで、少しずつ柔らかくなっていきますよ。

肩甲骨を刺激して、痩せやすくなるストレッチダイエット

  1. 頭の後ろでひじをつかみ、そのまま上体を横に倒します。
  2. ひじをつかむのがつらい人は、両手を上に伸ばした状態で横に倒してもOKです。
  3. 片側10秒間キープして、反対側も同じようにやってみましょう。
  4. つぎに手を変えて、同じようにやってみましょう。

 
これは肩甲骨を刺激するストレッチなので、肩甲骨周辺にある「褐色脂肪細胞」を刺激し、代謝を高める効果が期待できます。

また肩甲骨を柔らかくほぐすことで、肩こり解消の効果も期待できますよ。

便秘を解消する効果のあるストレッチダイエット

  1. 足を伸ばして床にすわり、片膝を立てます。
  2. 立てた足と反対の手を膝の外側にあて、そのまま腰をひねります。
  3. 20秒くらいキープしたら、足を変えて反対側も同じようにやってみましょう。

 
腰をひねることで胃腸を刺激し、胃腸のはたらきを活発にする効果があります。

胃腸のはたらきが活発になれば、ダイエットの大敵である「便秘」を解消することができます。

便秘をすると老廃物が体内にたまるだけでなく、血行を悪くして、代謝を低下させてしまうことにつながります。

痩せやすい体をつくるためにも、効果的なストレッチ方法です。

血流アップで代謝がよくなるストレッチダイエット

ストレッチダイエットは、筋肉の緊張をほぐすことが大事ですが、関節を柔らかくすることも大切です。

全身の血流をアップして、代謝を良くするためには、「股関節をほぐすストレッチ」が効果的です。
先ほどとは違うストレッチなので、ぜひ両方やってみてください。

  1. 足裏同士をくっつけて床に座ります。
  2. ヒザが床につくように、足を開きます。
  3. そのまま上体を前に倒すことで、より股関節を柔らかくすることができます。

 
股関節が硬くなっていると、下半身全体の血行が悪くなります。
下半身の血行が悪いということは、全身の血行も悪くなり、代謝が低下してしまうのです。

そのため股関節をほぐして柔らかくすることで、代謝をアップし、ダイエット効果が高まります。
また、骨盤の歪みを解消する効果もあり、下半身の血流アップに効果的なストレッチです。

太もも痩せの効果があるストレッチダイエット

お風呂上がりのストレッチダイエットで、太もも痩せの効果があるのは、「開脚ストレッチ」です。
太ももは脂肪がたまりやすく、落ちにくいのが特徴です。

そのため、日頃からストレッチをしておかないと、なかなか細くならないんですよね。
お風呂上がりにこのストレッチをすることで、太ももが痩せやすくなることでしょう。

  1. 床に座り、足を広げます。
  2. 無理のないところまで足を広げ、そのまま上体を前に倒していきます。
  3. 倒した状態で10~20秒くらいキープしましょう。
  4. 次に、仰向けに横になり、片足のヒザを曲げて、太ももの前面をストレッチすます。
  5. 10~20秒間キープしたら、反対の足も同様におこないましょう。

 
太ももを中心として、下半身痩せに効果のあるストレッチ方法になります。
下半身の血行をうながすと、安眠効果がアップして、むくみ解消の効果も期待できますよ。

お風呂上がりのストレッチダイエットの注意点

お風呂上がりのストレッチダイエットは、寝る前におこなうことが多いですよね。

寝る前のストレッチには、注意点がいくつかあるのでご紹介します。

①入浴前後には水分補給をしっかりと

ストレッチダイエットでの注意点は、入浴前と入浴後には水分補給をしっかりすることです。

お風呂に入る前に水を飲むことで、入浴中も血行を促進することができます。
入浴中は汗をかくので、血行が悪くなりやすく、代謝をうながすことができなくなります。

そのため入浴前に水分補給をしっかりしておきましょう。

またお風呂上がりは体の水分量が減っていて、血液がドロドロになりやすい状態です。

この状態でストレッチをしても、あまり血行を良くすることができないので、お風呂上がりはとくに水分補給をしてからストレッチをやりましょう。

②激しいストレッチは安眠効果をさまたげてしまう

お風呂上がりのストレッチダイエットでは、あまり激しいストレッチをしないことです。

お風呂上がりにストレッチをすることで、リラックス効果が高まり、安眠効果がアップします。

安眠できれば、「成長ホルモン」の分泌が増え、食べ過ぎを防ぐなどのダイエット効果が高まります。
そのため、ゆったりとした気分で無理せずストレッチをしましょう。

「痛い」と感じるまでストレッチをすると、自律神経のバランスが乱れて、安眠できなくなります。
「気持ちいい」と感じるところで、やめておきましょう。

寝る前のストレッチは、体のこりをやさしくほぐすイメージで、そのまま眠くなったら寝てしまうくらいの負荷でOKです。

③夕食は入浴の3時間前までに済ませておく

お風呂上がりのストレッチダイエットの注意点は、食後すぐの入浴やストレッチは避けることです。

食後すぐの入浴やストレッチは、胃腸に集まっている血流が分散されてしまい、消化不良をおこす恐れがあります。
そのため、入浴するのは食事の3時間後くらいがベストです。

そしてお風呂上がりのストレッチをしたら、入浴後1時間くらいで眠るのがちょうど安眠できるタイミングとなります。

お風呂上がりのストレッチダイエットで痩せやすい体を手に入れよう!

お風呂上がりのストレッチダイエットの効果や、効果的なストレッチ方法をご紹介しました。
ダイエットは単純に摂取カロリーを減らせば良いというものでもなく、体の機能を改善することがいちばん重要なのです。

ダイエットには運動も効果的ですが、ストレッチなら楽に続けられるので痩せる効果も高まります。
何事も継続が大事ですね。
 

こみち
こみちの一言コラム

お風呂上がりのストレッチダイエットは、楽して痩せやすい体を手に入れられるのが、うれしいポイント。
気持ちよくストレッチをして、ダイエット効果をグングン高めていきましょう。

スポンサーリンク