デトックスウォーターのダイエット効果|簡単でキレイになるレシピを紹介

デトックスウォーターの効果とキレイになるレシピ!

美容や健康、ダイエットに良いと言われている「デトックスウォーター」をご存知ですか? デトックスウォーターとは、海外セレブの間で人気になり、日本でも話題になっている「果物や野菜、ハーブを入れた水」のことです。

人気が高まった理由は、何といっても見た目がオシャレで可愛いから。

こみち
オシャレだし、可愛いし、ビタミンカラーで元気が出そうだわ。

そこで今回は、デトックスウォーターの効果とレシピをご紹介します。美味しくて可愛くて、キレイになれるデトックスウォーターを飲んで、女子力をアップさせちゃいましょう!

デトックスウォーターとは?

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜、ハーブなどを入れて数時間置いた飲み物のことです。砂糖などの甘味料は入れないので、果物や野菜本来の風味を存分に味わうことができます。

デトックスウォーターは、食材を切って水に漬けるだけなので手間がかからず、忙しい現代女性でも手軽に飲めるのがメリット。果物や野菜の栄養が水に染み出してくるので、栄養補給と水分補給が同時にできて、美容やダイエットへの効果が高いドリンクです。

また、デトックスウォーターは見た目も可愛く、さらに飲んでいる姿もオシャレなので、ダイエットへのモチベーションを高めてくれます。天然素材のカラフルなビタミンカラーを見ているだけで、心も体も元気にしてくれそうですね。

では、そんなデトックスウォーターには、どのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

デトックスウォーターの効果

デトックスウォーターは、さまざまな果物や野菜を入れることができるので、その効果も多岐にわたります。どの食材を入れるかによって微妙に効果は違うのですが、大きく分けて5つの効果が期待できます

デトックス効果

デトックスウォーターは、その名前からもわかるように、「十分な水分補給」と「果物・野菜の栄養素」によって高いデトックス効果があります。果物や野菜には食物繊維やカリウムが豊富に含まれていて、体内の余計な水分の排出を促したり、老廃物を排出したりすることで便秘やむくみを解消してくれます。

そんなデトックスウォーターを水分補給として飲めば、尿や汗の量が増えることで新陳代謝が活発になり、その結果、痩せる効果がアップしますよ。

ダイエット効果

前述のデトックス効果によって体内の老廃物が排出されると、血行が良くなることで代謝が活発になります。代謝がアップすれば脂肪が燃焼しやすい状態になるため、ダイエット効果が期待できます。

また、血行が良くなるということは、冷え性が改善されて体が温かくなるということ。体温が高くなれば基礎代謝がアップして、痩せやすい体質に近づくことができるでしょう。

美肌効果

デトックス効果によって体の中から老廃物が排出されると、新陳代謝が高まることで肌の「ターンオーバー」が活発になり、美肌効果が期待できます。体の中に老廃物がたまっている状態では、ニキビなどの肌荒れや、シミやシワなどの肌老化が悪化してしまいますが、デトックスウォーターを飲むことで新陳代謝が活発になり、肌荒れや肌老化を改善しやすくなります。

また、ビタミンCは熱に弱い成分ですが、デトックスウォーターならフレッシュな果物をそのまま使うことができるので、水に溶けだしたビタミンCを効率よく摂ることができ、高い美肌効果を実感できるでしょう。

アンチエイジング効果

体のサビと呼ばれる「酸化」は老化現象の1つですが、デトックスウォーターには抗酸化作用の高い果物や野菜が多く使われているため、いつまでも若々しい肌を保つ「アンチエイジング効果」が期待できます。

抗酸化作用が高いポリフェノールは、果物や野菜の「皮」に多く含まれているので、デトックスウォーターでは、皮ごと使用することが大切です。

デトックスウォーターダイエットのやり方は?

デトックスウォーターを使ったダイエットのやり方はとても簡単です。では、どのようなやり方をすれば良いのか見ていきましょう。

1日に1.5~2リットルのデトックスウォーターを飲む

デトックスウォーターダイエットは、1日あたり1.5~2リットルのデトックスウォーターを飲むだけの簡単な方法です。朝飲めば高いデトックス効果を得られ、食事の前に飲めば満腹感をもたらすことで食べ過ぎを防いでくれます。

「1日2リットルの水を飲むと痩せる」と言われていますが、これは飲み物だけでなく、みそ汁などの汁物や食材の水分も含まれるので、実際にはもうチョット少なめの量でOKです。1回あたり200mlを目安に、8~10回に分けて飲みましょう。

ミネラルウォーターか炭酸水で作る

デトックスウォーターを作るときは水道水ではなく、ミネラルウォーターか炭酸水で作りましょう。炭酸水の場合は、もちろん甘い炭酸飲料ではなく、無糖の炭酸水を使うことがポイントです。ミネラルウォーターよりも炭酸水のほうがお腹がふくれるので、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

食前に飲む

デトックスウォーターを飲むタイミングは、食前がベストです。それ以外の時間にも小まめに飲むことが効果的ですが、食前にデトックスウォーターを飲むことで空腹感が緩和され、食べ過ぎを防ぐことができます。また食前の水分補給によって、血糖値の上昇を抑える効果も期待できます。

デトックスウォーターのレシピ

デトックスウォーターの美味しいレシピをご紹介します。あなたが欲しい効果のあるデトックスウォーターを選んで、作ってみてくださいね。

もっともシンプルなデトックスウォーター「レモンウォーター」

もっともシンプルなデトックスウォーターは、ミネラルウォーターにレモンを入れた「レモンウォーター」です。美肌・ダイエット・疲労回復の効果が期待できるため、簡単なのに効果の高いデトックスウォーターと言えるでしょう。

輪切りにしたレモンを水に入れて、冷蔵庫で2~4時間くらい置いておけば完成です。爽やかな香りと味で、心も体もスッキリさせてくれるでしょう。
ではここからは、それぞれの効果別のレシピをご紹介します。

むくみ解消「きゅうり+レモン」

  • きゅうり 1本
  • レモン 1/2個
  • 水 500ml

 

  1. きゅうりは縦にスライスします。
  2. レモンは薄く輪切りにします。
  3. ボトルに水とすべての材料を入れて、冷蔵庫で2時間ほど置いたら完成です。

 

ダイエット効果「グレープフルーツ+キウイ+ミント」

  • グレープフルーツ 1/4個
  • キウイ 1/2個
  • ミント ひとつかみ
  • 水 300ml

 

  1. グレープフルーツの皮をよく洗います。
  2. 輪切りにしてから、扇形になるように1/4等分に切ります。
  3. キウイは皮を剥き、輪切りにします。
  4. ミントは洗って適当にちぎります。
  5. ボトルに水とすべての材料を入れて、冷蔵庫で4時間ほど置いたら完成です。

 

便秘解消「バナナ+ブルーベリー+ミント+リンゴ+シナモン+生姜」

  • バナナ 1/2個
  • ブルーベリー 50g
  • ミント ひとつかみ
  • 炭酸水 300ml

 
【プラスα材料】
リンゴ・シナモンスティック・生姜を適量

  1. バナナの皮を剥いて輪切りにします。
  2. ブルーベリーをよく洗っておきます。
  3. ボトルに上記の材料とミントを入れて、氷をボトルの半分くらいまで入れます。
  4. 炭酸水を入れて、冷蔵庫で4時間ほど置いたら完成です。

 

美肌効果「オレンジ+レモン+ライム+ミント」

  • オレンジ 1/2個
  • レモン 1/2個
  • ライム 適量
  • ミント 適量
  • 水 500ml

 

  1. すべてのフルーツを輪切りにします。
  2. ボトルにフルーツとミントを入れます。
  3. 水を入れて冷蔵庫で2時間ほど置いたら完成です。

 

アンチエイジング効果「イチゴ+ブルーベリー+ローズマリー+きゅうり」

  • イチゴ 5~6個
  • ブルーベリー 100g
  • 水 300ml

 
【プラスα材料】
ローズマリー・きゅうりを適量

  1. 材料を洗って、イチゴはヘタを取ります。
  2. イチゴを縦に4等分に切り、ブルーベリーはそのままor半分に切ります。
  3. ボトルに水とフルーツを入れて、冷蔵庫で4時間ほど置いたら完成です。

 

デトックスウォーターダイエットの注意点

デトックスウォーターを使ったダイエットには、ちょっとした注意点があるのでご紹介しておきます。

水道水を使わない

デトックスウォーターを作る際には、水道水を使わないようにしましょう。なぜなら水道水には、不純物が多く混ざっている可能性があるからです。

せっかく体の中からキレイになるためにデトックスウォーターを飲んでいるのに、不純物を摂り入れてしまったら、美容やダイエットの効果が半減してしまいます。そのため水道水は使わず、市販のミネラルウォーターや炭酸水を使うようにしましょう。

なるべく皮ごと入れる

デトックスウォーターを作る際には、なるべく皮ごと入れるようにしましょう。皮にはポリフェノールが含まれているので、その成分を摂取するためには皮ごと使うことがポイントになります。ただし、皮には農薬がたくさん付着しているので、無農薬の野菜や果物を選ぶことをオススメします。

どうしても無農薬がむずかしい場合には、しっかりと皮を洗ってから使うようにしてください。それでも農薬が心配な場合は、皮を剥いて使ったほうが良いかもしれません。

4時間くらい漬けておく

野菜・果物の味や成分が水に溶けだすまで、だいたい4時間くらいかかります。そのため最低でも4時間は冷蔵庫に入れて置いておくようにしましょう。味が薄いようなら、もっと長い時間漬けておいてもOKです。

腐りやすい飲み物なので、常温ではなく、冷蔵庫で保管するのがポイント。前夜に作っておいて、翌朝に飲むとちょうど良いでしょう。

1日で飲みきるようにする

デトックスウォーターの注意点は、1日で飲みきることです。デトックスウォーターは生ものなので、腐りやすいのがデメリットです。そのため、水に食材を漬け始めてから24時間以内くらいに飲み切るようにしましょう。

使い終わった果物の利用方法は?

デトックスウォーターで使い終わった果物は、味や香りが抜けているのでそのまま食べても美味しくありませんよね。とはいえ、栄養成分はまだたっぷりと残っているので、捨ててしまうのはもったいないです。そこで、使い終わったフルーツの利用方法をご紹介しましょう。

料理などに利用して食べる

デトックスウォーターで使い終わった「きゅうり」や「柑橘類」は、サラダなどの料理に利用して食べることができます。また、甘みが抜けているのでハチミツをかけて食べるのも良いでしょう。小腹が空いたときのおやつや、朝食などに食べても良いかもしれませんね。

スムージーに利用する

甘みが抜けてしまった果物は、きゅうりなどの野菜類と一緒にスムージーに利用するのがオススメです。ローズマリーやミント、シナモンなどのハーブ類は取り除くことがポイント。牛乳や豆乳、ヨーグルトなどと一緒にミキサーにかけてスムージーを作って飲んでみましょう。

ヨーグルトに入れて食べる

デトックスウォーターで使い終わったフルーツ類は、ヨーグルトに入れて食べるのがオススメ。フルーツの甘みが抜けているので、加糖ヨーグルトに入れても良いですし、無糖ヨーグルトにハチミツをプラスして食べても良いでしょう。

デトックスウォーターがあれば、心も体もスッキリ爽快!

デトックスウォーターの効果とレシピについてご紹介しました。デトックスウォーターはダイエットや美肌に効果があるので、毎日飲んで美味しく美容や健康管理に役立てていきましょう。

こみち
こみちの一言コラム

デトックスウォーターは、簡単に作れて効果抜群。しかも見た目が可愛いからテンションもアップ!

余計なものを排出して、ココロもカラダもキレイにデトックスしていきましょう。

スポンサーリンク