着圧ソックスを履くだけで足が細くなるの?ダイエット効果と正しい履き方

着圧ソックスの効果は、正しい履き方がポイント!
 

こみち
着圧ソックス履くだけで、本当に足が細くなるのかしら?

着圧ソックスは足のむくみを解消して、細くなるとCMでも言っていますよね。
1日の仕事を終えてパンパンにむくんだ足が、確かに気持ち良さそうに見えます。

でも、本当に細くなるんでしょうか?

そもそも、足がむくんでいるというのは、どんな状態なのか?
それは、「血行」と「代謝」が悪くなっている状態。

血行を良くするには、「マッサージ」や「運動」が効果的だと言われています。
でも忙しくて、なかなかやる時間が取れない人も多いですよね。

そこで活躍してくれるのが「着圧ソックス」なんです。
でも正しい使い方ができていない人もいるようです。

そのため、これから着圧ソックスの効果と正しい履き方・使い方についてご紹介します。

着圧ソックスとは?

着圧ソックスで痩せたという芸能人や、モデルでも愛用している人がいると聞いたことがあるかもしれません。
そもそも着圧ソックスとは、どんな物なんでしょうか?

着圧ソックスとは足に適度な圧力をかけて、ムダな水分がたまらないようにする効果があるソックスのこと。
ハイソックスやタイツなど、いろいろなタイプがあります。

もともとは医療用に開発されたもので、現在は医療用のものを「弾性(だんせい)ストッキング・ソックス」と呼んでいます。
病気が原因で足がむくんでしまうのを改善する効果があり、市販の物より圧力が強めに作られています。

「じゃぁ市販品は、あまり効果がないの?」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
なぜなら着圧ソックスは、圧力が強ければ効果が高いというわけではないからです。

大切なのは、自分に合った適度な圧力であり、強すぎても弱すぎても良くないんです。
そのため着圧ソックスの選び方や、使い方も重要なポイントとなります。

着圧ソックスで、本当に足が細くなるの?

着圧ソックスのおもな効果は、足の血行を良くして、むくみを解消することです。
でも、履くだけで本当に足が細くなるのでしょうか?

デスクワークで血行が悪い人に効果的

1日中座っているデスクワークの人は、足の血行が悪くなっていると考えられます。
座っている姿勢を想像してみてください。

足の付け根の部分で折れ曲がっているので、血管を圧迫している状態です。
そのため血流が妨げられて、足に血液が溜まってしまうんです。

これが、いわゆる「むくんでいる」状態です。
この溜まった血液を上に押し上げるために、足に圧力をかけて血流を改善してくれるのが「着圧ソックス」なんです。

血流が改善されると、むくみが解消されて、足が細くなりますよね。
足太りの原因は、この「むくみ」が大きな原因になっていることが多いでしょう。

立ち仕事でパンパンになった足に効果的

立ち仕事の人は、デスクワークと違って、動くことも多いですよね。
とはいえ長時間立っているということは、重力によって、血流が下に下がってしまうと考えられるんです。

すると足のむくみがひどくなり、パンパンに腫れあがってしまうこともあるでしょう。
そんなツライ症状を改善してくれるのが、着圧ソックスなんです。

着圧ソックスを履くことで、むくみを予防・改善することができ、足がスッキリしますよ。

立ち仕事の人は、翌日に疲れを残さないことも大切ですよね。
足がだるくて重いというような症状も、着圧ソックスが改善してくれます。

着圧ソックスの効果は、ダイエットと冷え性改善

「足のむくみをどうにかしたい!」「ムチムチの足を細くしたい!」と思っている人には、着圧ソックスが効果的です。
では、どのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

むくみ解消して、血行促進

座ったままの状態が長く続く時、また立ち仕事で足がむくみやすい時などは、着圧ソックスを履くことで血行を促進してくれます。

血液は、心臓から全身を巡り、心臓へと戻っていきます。
でも足がむくんで血行が悪くなると、心臓まで戻ることができなくなってしまうんです。

そんな血行不良を改善するには、血液を下から押し上げる作用のある「着圧ソックス」が効果的です。
着圧ソックスを履くことで、足のむくみが解消されると、とっても気持ちいいですよ。

代謝アップでダイエット効果

「ダイエットしても足だけ痩せない」「食事を減らしてるのに、なかなか痩せられない」という人は、代謝が悪くなっている可能性があります。

代謝が悪くなる原因として考えられるのは、血行が悪いこと。
体の中でも足は血行が悪くなりやすい場所であり、足の血行が悪くなると、全身の血行も悪くなります。

そのため代謝が悪くなり、痩せにくい体質になってしまうんです。
着圧ソックスを履いて足の血行を良くすると、全身の血行も良くなります。

全身の血行が良くなると代謝がアップして、ダイエット効果もアップするというわけなんですね。

冷え性を改善

足だけ冷えやすい人や、体温が低い人など、女性は冷え性に悩んでいる人が多いですよね。
冷え性になってしまうのは、やはり血行が悪いことが原因なんです。

着圧ソックスを履いて足の血液を押し上げることで、全身に血液が巡りやすくなります。
全身の血行が改善されれば、足のつま先まで血液が循環しやすくなります。

そのため冷え性が改善されて、体がポカポカになるんです。
食欲がなく、気分も落ち込みがちだった人も、元気に毎日を過ごせるようになることでしょう。

だるくて重い足の疲労が回復

とくに立ち仕事をしている人は、仕事が終わると、足がだるくて重いと感じることがあるのではないでしょうか?
それは足の血行が悪くなり、疲労がたまっている証拠なんです。

疲労物質は血液中を流れて、老廃物として排出されます。
でも血行が悪くなると、血液中に溜まってしまうんですね。

それを改善してくれるのが、着圧ソックスなんです。
着圧ソックスを履くと、足に溜まっていた血液が流れはじめて、疲労物質を排出しやすくなります。

そのため「何だかだるい」「疲れが取れない」と感じていた体がスッキリして、疲労が回復されるというわけです。

着圧ソックスは、こんな人にもオススメ!

足のむくみを解消して、ダイエット効果もある着圧ソックスですが、次のような人にも効果的です。

妊婦さん

妊婦さんはお腹が大きくなってくると、子宮が静脈を圧迫してしまうことがあります。
すると血流がストップして、足の血行が悪くなると考えられます。

足の血行が悪くなると、むくみが出てくるのはもちろん、静脈に血栓ができてしまうこともあるんです。
これを「下肢静脈瘤」と言います。

妊娠中は血栓ができる確率が5倍にもなると言われていて、血栓によって、肺や心臓への血流が悪くなることがあります。
そうなると、ひどい場合には命に関わる状況になることも考えられます。

この危険な状況を改善してくれるのが、着圧ソックスなんです。
着圧ソックスを履いていれば、足で血行がストップすることもなく、血栓ができるリスクを最小限に食い止めることも可能です。

飛行機で長時間のフライトをする人

飛行機で長時間のフライトをする場合、席から立つこともなく、同じ体勢でいることも多いですよね。
たびたびトイレに行く人ならセーフですが、座りっぱなしの状態だと、やはり血栓ができるリスクがあると言われています。

この症状を「エコノミー症候群」と呼びます。
妊婦さんの場合には子宮が静脈を圧迫しますが、フライトの場合には足の付け根の血管が圧迫されて、血流がストップする可能性があります。

この状況を改善してくれるのも、着圧ソックスなんです。
フライト中に着圧ソックスを履いていれば、足に血液がたまるのを防ぐことができます。

ある実験によると、着圧ソックスを履いてフライトした人の中で、血栓ができた人はいなかったという結果が出ています。
長時間のフライトをする場合には、着圧ソックスを持っていると安心ですね。

着圧ソックスの選び方のポイント

着圧ソックスの効果を最大限に発揮させるためには、自分に合ったものを選ぶ必要があります。
では、着圧ソックスを選ぶときには、どんなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

最適な圧力のソックスを選ぶ

着圧ソックスは、商品によって圧力のレベルがちがいます。
強すぎると血行を圧迫しすぎてしまい、弱すぎると効果がありません。
そのため自分に合った圧力のものを選ぶ必要があります。

着圧ソックスは、足の部位によって圧力のレベルがちがいます。
一般的には、足首が20~30hPa(ヘクトパスカル)、ふくらはぎが10~20hPa、太ももが5~15hPaとなっています。

はじめて着圧ソックスを使う場合には、圧力が弱めのものから試してみると良いかもしれません。

ソックスやタイツなど、種類を選ぶ

着圧ソックスには、さまざまなタイプのものがあります。

膝下までの「ハイソックス」や、太ももまでの「ニーハイソックス」
また、お尻まで隠れる「ストッキングやタイツ」もあります。

さらに「5本指ソックス」や、つま先がないタイプの「オープントゥ」などもあります。
どんなシーンで使うのかや、どんな効果が欲しいのかによって選ぶと良いでしょう。

  • 寝る時にオススメなのは「オープントゥ」
  • つま先が冷えやすい人は「5本指ソックス」
  • 長時間のフライトなら「ハイソックス」
  • 足痩せ効果が欲しいなら太ももまでの「ニーハイソックス」

 
一例ですが、参考にしてみてください。

夜用か昼用か、使う時間で選ぶ

着圧ソックスの間違った使い方の1つとして、寝る時に「昼用」の着圧ソックスを履いている場合です。
着圧ソックスには「夜用」と「昼用」があり、昼用のほうが圧力が強く作られています。

そのため寝る時に昼用を履いてしまうと、圧力が強すぎて、安眠のさまたげになる恐れがあります。
着圧ソックスを選ぶときには、それを使う時間帯も考えるようにしましょう。

夜用と昼用を1足ずつ持っていると便利ですね。

着圧ソックスの正しい履き方

着圧ソックスは、正しい履き方をしないと効果が半減してしまうことがあります。
そこで、正しい着圧ソックスの履き方をご紹介しましょう。

かかとを合わせれば、足首がちょうど良くなる

着圧ソックスの構造は、足首にいちばん圧力が強くかかるように設計されています。
そのため足首の位置が正しくなるように履けていないと、効果がないのです。

足首の位置を正しく合わせるためには、かかとの場所をしっかり合わせないといけません。
そのため、足のサイズがちゃんと自分に合っている着圧ソックスを選ぶ必要がありますね。

たぐり寄せて、少しずつ履く

着圧ソックスはキツイので、ふつうの靴下と同じように履くことはできません。
たとえばハイソックスタイプの着圧ソックスの場合、ゴムの部分をつかんで、そのまま足を入れても入らないのです。

着圧ソックスの正しい履き方は、まず靴下をたぐり寄せて、つま先から少しずつ足を入れていく必要があります。

そうしないと場所がズレてしまい、正しい場所に、正しい圧力がかからなくなってしまいます。
慣れれば簡単に履けますから、最初は面倒でも、慣れるまではゆっくり正確に履くことが大切です。

シワが寄ったら、効果が半減

着圧ソックスは足の正しい部位に、正しい着圧がかかっていないと、最大限の効果が発揮できません。
そのためシワが寄っていると、効果が半減してしまうんです。

正しい履き方をマスターして、キレイに履けるように心がけましょう。
着圧ソックスの効果は、ちゃんと履くことで、最大限まで引き出されるのです。

着圧ソックスの使い方の注意点

着圧ソックスの効果と履き方がわかったところで、使用上の注意点をご紹介しましょう。

寝る時に昼用を履かない

着圧ソックスには、「昼用」と「夜用」があります。
夜用よりも昼用のほうが、圧力が強く作られています。

そのため寝る時には、昼用を履かないようにしましょう。
寝る時に昼用を履くと、安眠をさまたげるだけでなく、血流を止めてしまうことがあります。

寝ている時に血行が悪くなると、体にも何らかの悪影響があると考えたほうが良いでしょう。

24時間履かない

着圧ソックスの効果は絶大ですが、24時間つづけて履くのはやめましょう。
「早くむくみを解消させたい」「早く足痩せをしたい」という気持ちはわかりますが、逆効果になる恐れもあります。

24時間、足に圧力をかけて締めつけると、逆に血行が悪くなって、むくみが悪化することも考えられます。
昼用と夜用があるので、ずっと履いていたいところですが、少し足を休ませた方が良いでしょう。

毎日履かない

着圧ソックスは毎日履いたほうが良いという意見も見かけますが、それはオススメできません。

着圧ソックスを毎日履くことは、体が本来もっている回復力を使っていないことになります。
体の機能は、使わないとどんどん衰えていきますので、自力でむくみを解消できなくなり、回復力が衰えてしまうんです。

そのため着圧ソックスを履くのは毎日ではなく、むくみがひどい時だけにしましょう。

持病がある人は、医師に相談してから使う

着圧ソックスは、誰でも使えるわけではありません。
何らかの持病がある人は、医師に相談してから使うようにしましょう。

とくに糖尿病の人、心臓や肺に疾患がある人、血流に問題がある人などは、安易に使用しないようにしてください。
症状が悪化して、重症化する恐れもあります。

素材による「蒸れ」と「かゆみ」に注意

着圧ソックスは機能上の理由から、綿などの通気性・吸汗性の良い素材で作れない場合があります。
そのため肌の弱い人はかぶれて「かゆみ」が出てきたり、足が蒸れてしまうこともあります。

なるべく体質に合った素材を選んだり、肌に合わない場合には、使用を中止することをオススメします。
着圧ソックスは種類がたくさんありますから、他のメーカーの素材なら、問題なく使用できる場合もあるかもしれませんね。

着圧ソックスの効果を倍増させる方法

着圧ソックスの使い方などを、ひと通りご紹介しました。
では最後に、着圧ソックスの効果を倍増させる方法をご紹介しておきましょう。

食生活で、むくみを解消する

着圧ソックスの効果は絶大ですが、これは一時的な改善として考えたほうが良いでしょう。
着圧ソックスを履くことでむくみを改善できますが、体質が変わったことにはならないからです。

そのため日頃の食生活で、むくみを解消することが大切なんです。
むくみを解消するサプリを飲むのも、効果的かもしれませんね。

着圧ソックスは、生活習慣を改善しながら使うことで、効果的にむくみを解消できるという商品です。

適度な運動で、血行促進

着圧ソックスの効果は、足にたまった血流を改善してくれるというもの。
でも体質的にも血行を良くするためには、適度な運動をしながら、着圧ソックスを使用することが効果的なんです。

本格的なウォーキングを始めなくても、日常的に歩く時間を増やすだけでもOKです。
運動と着圧ソックスの相乗効果で、あっという間に代謝が良くなり、痩せやすい体質を手に入れることができるでしょう。

着圧ソックスを上手に使って美脚になろう!

着圧ソックスの効果と、正しい使い方をご紹介しました。
上手に利用すれば、簡単に美脚を手に入れることができるでしょう。

体調も良くなり、疲れにくい健康な体になることもできます。
足痩せ効果だけでなく、体のためにも着圧ソックスを取り入れてみたいですね。

こみち
こみちの一言コラム

美脚になるには、むくみ解消がいちばん大事!
忙しくて時間がなくても、履くだけならカンタンよ。

スポンサーリンク