ランニングタイツの効果|初心者にオススメな理由と選び方

ランニングタイツの効果と選び方
 

こみち
ランニングタイツって、なにか意味があって履いてるの?

ランニングタイツを履いて走っている人を見かけますが、「上級者向けのウエアなのかな?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

じつはランニングタイツには、上級者よりも初心者に効果的な機能がたくさんあるのです。
それはどんな機能なのか、またランニングタイツの選び方についてもご紹介していきます。

ランニングを今まで以上に楽しむためにも、ぜひランニングタイツの機能を理解して、上手に利用してみてくださいね。

ランニングタイツが初心者向きで、上級者に向かない理由

ランニングタイツを履いていると上級者っぽく見えますが、初心者こそ履いたほうが良い理由があります。
一方で、上級者には向かない理由もありますので、併せてご紹介します。

初心者は筋肉量が少ないので、タイツでサポート

ランニングタイツは、筋肉量がまだ少ない初心者にこそオススメです。
ランニングタイツの機能には、筋肉の働きをサポートする効果もあります。

ランニングタイツが足を圧迫して、筋肉をあまり使わずに走れる効果があるのです。
そのため、まだ筋肉が充分にでき上がっていない初心者は、足を痛めることなく、快適にランニングを楽しむことができるでしょう。

上級者はタイムに支障をきたす恐れがある

ランニングタイツは、意外にも上級者にはあまりオススメできない理由があります。
それはランニングタイツを履くことで足の動きが悪くなり、タイムに支障をきたす恐れがあるからです。

ランニングタイツは足を圧迫して、関節や筋肉をサポートする働きがあります。
そのため足の動きがいつもと違くなり、かえって走りにくくなる場合があります。

ランニングタイツには、どんな効果があるの?

初心者におすすめのランニングタイツですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

「コンプレッション=着圧」による疲れにくい効果

ランニングしていると、足の筋肉が揺れて、疲れやすくなる(体力を消耗する)と言われています。
この足の揺れを軽減して、疲れにくくするのが「コンプレッション機能」なのです。

コンプレッションとは、着圧(圧力)のこと。
ランニングタイツを履くことで、適度に足の筋肉を圧迫し、揺れを防ぐことで疲労を軽減してくれるのです。

普段はあまり考えたことがありませんが、筋肉や脂肪が揺れることで、体は疲れやすくなるんですね。
ということは、ランニングタイツだけでなく、ソックスやトップスも良いかもしれませんね。

段階着圧による血流改善と疲労回復の効果

ランニングタイツは、段階的に着圧の強さが変わっているタイプがあります。これを「段階着圧」と言います。
段階着圧のランニングタイツを履くと、血流改善と疲労回復の効果があり、疲れを翌日に残さないメリットがあります。

血流は心臓から出て、全身を巡って心臓にもどりますが、足は心臓から遠いため、血流が滞りやすいと言われています。
しかも筋肉量が少ないと、血液を心臓に戻す力が少ないと考えられています。

ランニングタイツがふくらはぎや太ももを締めつけることで、筋肉が足りなくても、着圧がポンプの役割をしてくれます。
それにより血流を心臓に戻す働きが強くなり、血流が改善され、疲労が回復しやすくなるのです。

また、ランニングタイツによって筋肉の揺れが軽減し、ランニングフォームが安定して、ケガ予防などにつながります。

テーピングの効果で関節を守る「ケガ予防」

ランニングタイツを履いて走ると、テーピングの効果で関節を守ることができます。
関節を守ることでケガを予防し、ランニングを快適に続けることができますね。

テーピングはスポーツ選手が良くつけているのを見ると思いますが、関節の動きを助ける「サポート機能」があるのです。
ランニングをしていると関節が痛くなることがありますが、これは関節に負荷がかかりすぎて炎症を起こしている可能性が高いです。

関節が炎症を起こすと痛くて走れない場合もありますが、関節への負担をテーピング効果のあるランニングタイツが軽減してくれます。
足が痛いときはランニングをお休みしたほうが良いですが、どうしても走る場合にはランニングタイツを履くと良いでしょう。

肌を守る「UVカット」&「防寒」

ランニングタイツは体を守る機能性が高いですが、紫外線や寒さから、肌を守る効果もあります。
夏のランニングは日焼け予防にもなりますし、汗を吸い取って乾きも速い「吸湿速乾性」にすぐれています。

また冬のランニングは空気が冷たく、肌に刺激になる場合もありますよね。
そんな寒い冬の防寒対策としても、ランニングタイツは重宝します。

どんなランニングタイツを履けば良いの?

ランニングタイツには、体を守る様々な機能があることがわかりましたね。では、どのようなランニングタイツを選べばよいのでしょうか?

下着メーカー「ワコール」のランニングタイツは機能性抜群

ランニングタイツは肌にぴったりフィットする特徴があるため、下着メーカーである「ワコール」から販売されています。
ワコールのランニングタイツは肌ざわりが良く、1枚は持っておきたいオススメのランニングタイツです。

関節を守る「サポート機能」や、段階着圧で足の疲れを防ぐ「コンプレッション機能」にもすぐれているため、初心者にオススメです。
ただし、1万円以上するものが多く、ちょっと高いのがデメリットです。

スポーツブランド「ナイキ」「アシックス」は動きやすい

ランニングタイツは、スポーツブランドである「ナイキ」や「アシックス」からも販売されています。
さすがスポーツブランドだけあって、動きやすいのが1つの特徴です。

色々なタイプのランニングタイツがあるため、欲しい機能によって選ぶと良いでしょう。
ナイキはデザイン性が高く、アシックスはコスパが良いのが特徴です。

「ユニクロ」のランニングタイツは防寒とUVカット機能

初めてのランニングタイツだから、できるだけ安いものが欲しいという人には、ユニクロなどのファッションブランドはいかがでしょうか?
価格が安いため、サポート機能やコンプレッション機能はついていません。

防寒とUVカット目的なら、ユニクロのランニングタイツでも良いでしょう。
でも本当は、初心者だからこそ機能性の高いランニングタイツがオススメです。

ランニングタイツは履いたほうが良い人と履かないほうが良い人がいる

ランニングタイツの効果と選び方についてご紹介しました。
機能性の高いランニングタイツですが、履いたほうが良い人と、履かないほうが良い人がいます。

初心者は筋肉ができ上がっていないので履いたほうが良いですが、上級者はタイムに影響が出る場合があります。
また関節や筋肉に痛みを感じる時は、テーピング代わりにランニングタイツを履くことをおすすめします。

スポンサーリンク