1ヶ月で痩せる方法とは?食事と運動でダイエットを成功させる

1ヶ月で痩せる方法は、食事と運動がポイント!

 

こみち
1ヶ月後に同窓会があるんだけど、それまでに絶対に痩せたいな。

1ヶ月で痩せたいという人は、何か特別な予定がある人が多いのではないでしょうか?
それまでに効率的にダイエットを成功させて、思い通りの自分を手に入れたいですよね。

では、1ヶ月で痩せる方法は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

それは、おもに「食事」と「運動」です。
意外と普通だと思いましたか?

そうなんです。1ヶ月で痩せる方法は、普通のことをするのがいちばん効果的なんです。
でも意外と普通のダイエットが何なのか、わからない人も多いのではないでしょうか?

ごく普通のダイエットを正しく実践することで、効率的に痩せることができます。
1ヶ月は、長いようで短いので、着実にダイエットを進めていきましょう。

なぜ痩せないの? 痩せるメカニズムとは?

そもそも自分は、なぜ痩せないのか? これをちゃんと理解していない人が多いと思います。
そのため、どうしたら痩せるのかもわからないのです。

ダイエットのメカニズムがある程度わかれば、どうしたら痩せるのかわかります。
では、そのメカニズムを簡単に説明しましょう。

「消費カロリー > 摂取カロリー」にするのが鉄則

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。
つまり食べる量よりも、動く量のほうが多ければ痩せるということ。

ごく当たり前のことですよね。
消費カロリーは運動によるカロリーだけでなく、基礎代謝量という生きているだけで消費されるカロリーも含まれます。

たとえば息をする、眠る、心臓を動かすなど、体はつねにカロリーを消費しています。
そのため摂取カロリーを減らしすぎると(食べる量を減らしすぎると)、体の機能が正常に働かなくなりますのでご注意ください。

体脂肪1キロ減らすのに、7200キロカロリーの消費が必要

痩せるということは、体脂肪を減らすことですよね。
この当たり前のことを、しばしば忘れてしまう人が多いようです。

体脂肪を落とすことよりも、体重を減らすことのほうを重視してしまう人はいませんか?
体重を気にし過ぎると、正しいダイエットができなくなりますので、くれぐれもご注意ください。

体脂肪を1キロ減らすためには、7200キロカロリーも消費しなければいけません。
ランニング1時間の消費カロリーは、約500キロカロリーです。

そう考えると、1ヶ月で痩せるためには、運動を取り入れることが効率的だと考えられます。

体重を減らすことに、何の意味もない

ダイエットは、体重を減らすことには何の意味もないのだと考えるようにしましょう。
体重ではなく、体型を変えることに重点を置くことです。

仮に体重が少なくなっても、じつは体の水分が減っただけで、脂肪は減っていない可能性があります。
そのため痩せたのではなく、すぐに体重が戻ってしまうことも考えられるのです。

もはやこれは、リバウンドとは言いません。そもそも初めから痩せていないのですから。
だから脂肪を減らすことに集中して、体重は気にしないダイエットをしてみましょう。きっと成功しやすいと思いますよ。

1ヶ月で痩せるには、何を見直したらいいの?

1ヶ月で痩せるには、現状を何か見なおす必要があります。どんなことを見直せば良いのでしょうか?

便秘しないための食事と水分補給をする

1ヶ月で確実に痩せるには、便秘は絶対にしないように注意することです。
便秘してしまうと代謝が悪くなり、体の中に老廃物がたまってしまいます。

すると痩せにくいばかりか、体調も悪くなることがあります。
1ヶ月で痩せるためには、便秘しないための食事と水分補給をしっかりとするようにしましょう。

たとえば朝起きて白湯を飲むとか、ヨーグルトを食べるとか、食物繊維が豊富な食べ物を食べるなどです。
ちょっとした心がけで、体調が劇的に変わる場合もありますよ。

血行を良くして、むくみをつくらない

1ヶ月で痩せるためには、全身の血行を良くすることが大切です。
そして、むくまない体をつくることが、痩せやすい体をつくることに繋がります。

たとえば血行を良くするには、以下のような方法があります。

  • 入浴中に、ふくらはぎをマッサージする
  • お風呂上がりにストレッチをする
  • 寝起きに白湯を飲む
  • 体を冷やさない
  • 軽く運動をする

 
どれもちょっとしたことですが、血行を良くするために大切なことです。
血行が良くなるということは、代謝もアップするので、ダイエットに大きく関係してきます。

健康を保つためにも、血行を良くしておきましょう。

睡眠不足やストレスが、太りやすい体をつくってしまう

仕事やプライベートでストレスがたまると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりしませんか?
睡眠不足になると、太りやすくなると言われています。

なぜ太りやすくなるのかと言えば、「レプチン」という満腹ホルモンに関係しています。
人は食べ物を食べ始めて20分くらい経つと、レプチンというホルモンが分泌されて、満腹感を感じるようになります。

しかし睡眠不足になると、このホルモンの分泌が少なくなり、満腹感を感じられなくなると言われています。
そのため食べ過ぎになり、結果的に太ってしまうことが多くなるのです。

睡眠不足とストレスがダイエットの大敵と言われる理由は、このようなことが原因なのです。

1ヶ月で痩せるには、○○ダイエットが効果的

では1ヶ月で痩せるには、具体的にどのような方法が効果的なのでしょうか?

1ヶ月で痩せるには、食事ダイエットが効果的

1ヶ月で痩せるには、食事によるダイエットが効果的です。
食事と言っても、カロリー計算をするわけではありません。

ある程度はカロリーも頭に入れておいたほうが良いですが、細かく計算する必要はありません。
まず大前提として、無駄に食べすぎないことと、余計なものを食べないことです。

これをするだけで、かなり痩せられる人もいると思います。
でもさらに痩せたい人は、血糖値をなるべく上げない食事をすると良いでしょう。

◆血糖値を上げない食事のポイントは?

食べ物を食べると血糖値が上昇しますが、急激に上昇するとインシュリンが大量分泌されて、それが脂肪へと変わってしまいます。
そのため、なるべく血糖値を急激に上昇させないようにすることが大切なのです。

では、血糖値の急激な上昇を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

  • ゆっくり、よく噛んで食べる
  • 食前にサラダかヨーグルトを食べる
  • 遅い時間・寝る前には食べない
  • 糖質を摂り過ぎない

 
以上のようなことに気をつければ、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。
1ヶ月で痩せるには、このようなことに気をつけて食事をしましょう。

1ヶ月で痩せるには、運動ダイエットが効果的

1ヶ月で痩せるには、食事のほかに運動も効果的です。
運動することで消費カロリーを増やすことができるので、単純計算では痩せていくはずですよね。

では、体重ではなく、体脂肪を減らすための運動のポイントをご紹介しましょう。
どのようなことに気をつけて、運動すれば痩せられるのでしょうか?

◆体脂肪を減らす運動のポイントは?

体脂肪を減らす運動は、時間を設けて運動する必要はありません。
むしろ時間を決めないほうが、続けやすいのです。

人はやる気がある時は頑張れますが、疲れている時には怠けてしまうものです。
それでは痩せられないので、毎日継続する必要があります。

継続するためには、時間を決めて「よし、やるぞ!」ではなく、「ちょっと向こうから帰ってみようかな」と歩いてみたり、「床に何か黒い汚れがある」と掃除してみるくらいがちょうど良いのです。

  • 小まめに動く
  • ながら運動をする
  • 姿勢を良くする
  • 時間が空いたら歩く

 
このように何となく運動をすることで、日常的に体を動かすクセがつきます。
体を動かすクセがつくと、つねに消費しやすい体になります。そのため痩せやすい体質になれるのです。

痩せやすい体質になれれば、1ヶ月で痩せるのはもちろん、一生太らない体をつくることもできるでしょう。
この機会に、習慣を変えてみてはいかがでしょうか?

1ヶ月で痩せたら、新しい自分に会える!

1ヶ月で痩せる方法をご紹介しました。
とくに「食事」と「運動」にポイントがありましたね。

やり方を間違えなければ、わりと簡単に1ヶ月で痩せることができます。
ダイエットが成功すれば、自分に自信が持てるようになり、毎日が楽しくなりますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム
1ヶ月後の自分は、理想の自分。
今まで手に入れられなかった全てを持っている人。

早くそこに、たどり着こう!

スポンサーリンク