着圧レギンスを履いて入浴するだけ!レギンス入浴のダイエット効果とは?

着圧レギンス入浴でダイエット効果をアップする!

脚やせ効果のある「着圧レギンス」。
このレギンスを履いて入浴するだけのダイエット方法があるんです。

その名も「レギンス入浴」。
 

こみち
足って、なかなか痩せないから、効果があるならやってみたいわ。

足は、体の中でも痩せにくい場所。
筋トレやエクササイズをしなければ、なかなか細くなってくれませんよね。

でも「レギンス入浴」なら、レギンスを履いてお風呂に入るだけ。
運動や食事制限もないし、とっても簡単なダイエット方法です。

そこで今回は、「レギンス入浴」の効果と方法をご紹介しましょう。
季節を問わず、いつでもできるのがメリットですよ。

着圧レギンスを履いて入浴するだけで痩せるの?

着圧レギンスを履いて入浴するだけで痩せる効果があるとウワサの「レギンス入浴」。
モデルも実践していることで、テレビで紹介されたこともあります。

レギンスは、外で履くのは季節によってムリですが、お風呂でなら、季節を問わず履くことができますよね。

そのため、いつからでも始められるし、運動も食事制限もないで、簡単にダイエットできるのが嬉しいところ。

「それだけで本当に痩せるの?」と感じる人もいると思いますが、じつは、意外とレギンス入浴の効果が高いのです。

レギンス入浴のダイエット効果とは?

では、レギンス入浴には、どのようなダイエット効果があるのでしょうか?

水圧と着圧のW効果で、足を引き締める

レギンス入浴のダイエット効果は、お風呂の「水圧」と、レギンスの「着圧」で、足を引き締める効果があります。

そのためレギンス入浴では、ふつうのレギンスではなく、着圧レギンスを着用しましょう。

なぜ着圧レギンスを履いて入浴すると、足を引き締める効果があるのかというと、入浴中にマッサージをしているのと同じ効果が得られるからなのです。

これなら簡単で、毎日でもできそうですね。

セルライトやむくみ解消で脚やせ効果

レギンス入浴のダイエット効果は、脂肪がデコボコになった「セルライト」を解消したり、足太りの原因である「むくみ」を解消する効果があります。

セルライトは、脂肪が長期間ついていたことにより、老廃物がたまっている状態。
これを解消するのは、なかなか大変なのですが、レギンス入浴なら効果的に解消することができるのです。

足にたまった老廃物を揉み上げるような効果があるため、頑固なセルライトもスッキリ解消できますよ。

血行を促進して代謝アップ

レギンス入浴のダイエット効果は、血行が悪くなりがちな足の血行をよくして、代謝をアップすることです。

ダイエットでは、全身の血行をよくすることが大切ですが、運動不足などで足の筋肉がおとろえていると、足の血行が悪くなり、全身の血行が悪くなってしまいます。

そこでレギンス入浴をすれば、足にたまった血流を押し上げて、心臓に戻しやすくしてくれます。

レギンス入浴の方法

では、レギンス入浴の方法をご紹介しましょう。基本的には、レギンスを履いて入浴するだけなので、とっても簡単ですよ。

着圧レギンスを履いて、15~30分入浴する

レギンス入浴の方法は、ふつうのレギンスではなく、着圧レギンスを履いて入浴することです。

レギンスを履いたまま入浴するのは、最初はちょっとだけ違和感があるかもしれませんが、これが効果的なのです。

そして入浴時間は、だいたい15~30分程度が目安。あまり無理せず、苦しくなったら休憩しましょうね。

38~40℃くらいのぬるめのお風呂に入る

レギンス入浴の方法は、38~40℃くらいのぬるめのお風呂に入ることです。

入浴するのは夜が多いので、熱いお風呂に入ってしまうと、交感神経が優位になり、安眠できなくなってしまいます。

交感神経とは自律神経の1つで、昼間のやる気が出ているときに優位になる性質があります。
それに対して夜は、副交感神経が優位になることで、リラックス効果があり、安眠効果がアップするのです。

安眠できると、寝ている間に「レプチン」というホルモンがが分泌されて、食欲を抑える効果が期待できます。
睡眠とダイエットには、深い関係があるのです。

レギンス入浴をしながら脚やせマッサージをする

レギンス入浴の方法は、入浴しながらマッサージをすると、脚やせ効果がアップします。

本来は、レギンス入浴そのものが足のマッサージ効果があるので、マッサージしなくてもOKです。

でも、さらにダイエット効果を高めたい人には、入浴中にマッサージすることがオススメです。

レギンス入浴のダイエット効果を高めるマッサージ方法

レギンス入浴の方法をご紹介しましたが、ダイエット効果をアップするには、入浴中にマッサージするのが効果的。

では、どのようなマッサージをすれば、脚やせ効果がアップするのでしょうか?

足裏のツボ押しをする

レギンス入浴のダイエット効果を高めるマッサージ方法は、足裏のツボ押しから始めましょう。

足裏には無数のツボがあり、どこを押しても何らかの効果が期待できます。
足裏全体をまんべんなくツボ押しすることで、足先にも血流が巡るようになります。

ついでに足指も揉んだり、回したりすると効果的ですよ。

足首を回す

レギンス入浴のダイエット効果を高めるマッサージ方法は、足首を回すことです。

寝ているときに足先が冷たいという人は、「末端冷え性」になっている可能性があります。

末端とは、手や足のような体の先端部分のこと。
末端は血流が巡りにくく、冷えやすいのが特徴です。

入浴中は血流が良くなっているので、そのタイミングで足首を回すと、全身の血の巡りが良くなりますよ。

リンパマッサージをする

レギンス入浴のダイエット効果を高めるマッサージ方法は、リンパマッサージです。

リンパは全身に張りめぐらされていて、リンパの流れが滞ると、むくみが生じやすくなります。

入浴中は、血流とともにリンパの流れも良くなっていますので、このタイミングでマッサージをすると効果的です。

リンパマッサージのやり方は、足首から足の付け根に向かって、こぶしを滑らせていく方法。

レギンスを履いているので、肌に負担をかけることなくリンパマッサージができますよ。

セルライト解消のマッサージ

レギンス入浴のダイエット効果を高めるマッサージ方法は、セルライト解消マッサージです。

女性はセルライトができやすく、足の細い人でも意外とセルライトができているもの。

とくに太ももにできやすいので、太ももを中心にマッサージをしましょう。

セルライト解消マッサージのやり方は、太ももを絞るようにして揉みほぐすこと。
また、手のひらで押したり、太ももの肉を痛くない程度につまんだりすると効果的です。

レギンス入浴の注意点

レギンス入浴のダイエット効果と入浴方法についてご紹介しましたが、注意点もいくつかあるのでご紹介します。

レギンス入浴は、半身浴でも全身浴でもOKですが、15~30分も入っていれば、汗がかなり出ます。
そのため、入浴前、入浴中、入浴後には、しっかりと水分補給をしましょう。

また、レギンス入浴によって血行をよくすることは、心臓への負担を減らすことにつながります。

とはいえ、急激に血流がアップすることが考えられるので、心臓に負担がかかる場合もあります。

苦しくなったり、異変を感じたらすぐに中断し、お風呂からあがって様子をみましょう。

このように、体に多少なりとも負担がかかる可能性があるので、「飲酒後」や「食後」の入浴は避けてください。

食後は、2時間くらいあければ大丈夫でしょう。

レギンス入浴で効果的に簡単ダイエット!

レギンス入浴のダイエット効果と、レギンス入浴の効果的な方法をご紹介しました。
レギンスを履いて入浴するだけの簡単ダイエットなので、毎日でもできるが嬉しいメリットです。

脚やせ効果が高いので、ダイエットをしても、なかなか足が細くならない人にオススメの方法ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

レギンス入浴は、脚やせ効果抜群!
マッサージをすれば、全身のダイエット効果もアップしますよ。

スポンサーリンク