お風呂ダイエットの効果的なやり方|汗がふき出る入浴剤と痩せるコツ

お風呂ダイエットで汗を出すとダイエット効果アップ!

1日の終わりのバスタイムは、リラックスできる至福の時間ですよね。
そんなお風呂にダイエット効果があるとしたら、嬉しいと思いませんか?
 

こみち
でもお風呂に入っても、なかなか汗が出ないのよね~。

女性は冷え性の人が多いので、汗出し効果のある半身浴をしても、なかなか汗が出ない女性もいるかもしれません。
そこで今回は、汗がだくだく出てくると評判の入浴剤をご紹介します。

またお風呂ダイエットで効果的に痩せるコツもご紹介していきますね。
では、なぜお風呂にダイエット効果があるのでしょうか?

お風呂ダイエットの効果とは?

お風呂に入ると汗が出るので、何となく痩せそうなイメージはありますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

汗が出るのでデトックス効果がある

お風呂ダイエットをすると汗をたくさん出すことができ、デトックス効果が高まります。
汗が出ると、体内の老廃物や毒素が排出され、血行が促進されます。

血行が促進されると汗が出やすくなり、痩せやすいサイクルをつくることができるのです。
また汗が出ることで毛穴がキレイになり、美肌効果も期待できますよ。

血行が促進されて「代謝アップ」と「むくみ解消」

お風呂に入ると体がポカポカに温まり、血行が促進することで「代謝をアップ」と「むくみ解消」の効果があります。
体温が上昇すると基礎代謝量がアップして、運動をしなくても消費カロリーが増えるというメリットがあります。

また血行が促進されると汗が出やすくなるため、体内に溜まった水分を出し、むくみを解消することができます。
お風呂ダイエットは脂肪を燃焼することはできませんが、代謝がアップすることで、脂肪が燃焼しやすくなるのです。

冷え性が改善されて痩せやすい体質になる

お風呂ダイエットの効果は、体が温まる「温熱効果」と「血行を良くする」ことです。
この2つの効果により、冷え性が改善されて、痩せやすい体質になることができます。

痩せやすい体質になれば、特別なダイエットをしなくても、理想体型をキープすることが可能になります。
体温が上昇することで基礎代謝も上がるので、さらに効果的ですね。

熱めのお風呂に入ると空腹感が減る

ダイエットで一番つらいこと。それは「空腹感」ですよね。
じつはお風呂には、空腹感を減らす効果もあるのです。

熱めのお風呂に入ると、自律神経の1つである交感神経が優位になり、胃酸の分泌が減ります。
胃酸の分泌が減ると胃腸の活動が弱くなり、空腹感を減らすことができるのです。

逆に、ぬるめのお風呂に入ると副交感神経が優位になり、胃酸の分泌が増えるため、空腹感が増す場合もあります。
ただし空腹時の入浴は、貧血になりやすいので注意しましょう。

リラクゼーション効果でホルモンバランスが整う

「ホルモンバランスとダイエットに関係があるの?」と不思議に思っている人もいることでしょう。
女性ホルモンには「女性らしい体型を維持する効果」があり、太り過ぎを防ぐことができるのです。

お風呂ダイエットにはリラクゼーション効果があるので、ストレスを解消することで、ホルモンバランスを整えることができます。

またストレスがたまると太りやすくなるため、お風呂でリラックスすることは、ダイエットにも良いと考えられます。

お風呂ダイエットのメリット

お風呂ダイエットには、3つのメリットがあります。

  • 食事制限も運動もしなくてOK
  • お風呂は毎日入るので、続けやすい
  • ダイエット以外のメリットが多い

 
お風呂ダイエットは、つらい食事制限や運動をする必要がありません。
そのため簡単で苦にならないダイエット方法であると言えます。

そもそもお風呂に入るのは意外と体力を消耗するため、むしろ食事を減らすのはNGなのです。
そのため食事を減らすダイエットと併用しないようにしましょう。

またお風呂ダイエットをすることで基礎代謝量がアップして、運動をしなくても脂肪が燃焼しやすい状態になります。
しかもお風呂は毎日入るので、ダイエットを続けやすいというメリットがあります。

さらにお風呂ダイエットには、疲労回復やリラックス効果など、ダイエット効果以外にもメリットがあります。
意外とたくさんのメリットがあるお風呂ダイエットですが、どのようなやり方で入浴すれば良いのでしょうか?

お風呂ダイエットの効果的なやり方

お風呂ダイエットは、ふつうにお風呂に入っても、あまり痩せる効果は得られません。
では、どのようなやり方で入浴すれば良いのでしょうか?

冷え性を改善して、痩せやすい体質になる「半身浴」

お風呂ダイエットの効果的なやり方は、「半身浴」です。
半身浴は冷え性を改善する効果があり、体温が上がることで痩せやすい体質になることができます。

◆温度設定は38~40℃

半身浴での温度設定は、38~40℃が目安になります。
半身浴は、ぬるめのお風呂に長時間入ることで、体の芯まで温まることができます。

そのため冷え性が改善され、痩せやすい体質になる効果が期待できるのです。

◆継続時間は20分まで

半身浴の継続時間は、1回につき20分までが目安です。
また半身浴は心臓への負担を軽減するため、浸かるのは心臓の下までにしましょう。

つらい場合は無理をせず、途中で休憩を挟みながら入浴してください。

消費カロリーを増やし、代謝をアップする「全身浴」

お風呂ダイエットの効果的なやり方は、「全身浴」です。
全身浴には代謝をアップする効果があり、ダイエット効果を高めることができます。

◆温度設定は40~42℃

全身浴での温度設定は、40~42℃が目安になります。
全身浴は比較的熱めのお風呂に入ることで、汗を出す「デトックス効果」と「代謝アップ」の効果が期待できます。

◆1回の継続時間は5分まで

全身浴は熱めのお風呂に入るため、1回の継続時間は5分までにしましょう。
また全身浴は肩まで浸かるため、心臓に負担がかかりやすくなります。

数分ごとに休憩を挟み、何度か入浴するのが効果的です。

消費カロリーを増やす「高温反復浴」

お風呂ダイエットで最もダイエット効果の高いやり方は、「高温反復浴」です。
高温反復浴とは、熱めのお風呂にくり返し入ることで、消費カロリーを増やす効果が期待できます。

また「体を温めて(入浴)、冷やす(休憩)」をくり返すことで、心拍数を上げ、「体温上昇」と「血流アップ」の効果があります。
いちばん心臓に負担がかかる入浴法のため、心臓に疾患のある人はやらないでください。

◆高温反復浴のやり方

  1. 肩からかけ湯をして、熱いお湯に体を慣らします。
  2. 肩まで湯船に浸かり、3分間。
  3. 5分間休憩して、体などを洗いましょう。
  4. また肩まで湯船に浸かり、3分間。
  5. 再び5分間休憩します。
  6. 最後にもう一度、3分間湯船に浸かって終了です。

 
心臓に負担がかかるので、くれぐれも無理をしないでください。

汗がふき出るオススメ入浴剤をご紹介

お風呂ダイエットの効果は、汗をたくさん出すことが1つの目安となります。
でも、なかなか汗が出にくいと感じている女性も多いかもしれませんね。

そのため発汗作用のある入浴剤を使用すると、効果的にお風呂ダイエットを実践することができます。

こちらの入浴剤は温熱効果が非常に高く、しかも入浴後も保温効果が持続するため、代謝アップの効果も持続します。
また発汗作用が高いので、デトックス効果が高まり、体の中からキレイに痩せることができます。

お風呂ダイエットで痩せるコツ

お風呂ダイエットの効果を高めて、痩せるコツをご紹介していきます。

冬の寒い時期は、浴室を温める

冬の寒い時期はお風呂場が寒いため、体が温まりにくく、ダイエット効果が半減します。
またお風呂のお湯も冷めやすく、ダイエット効果が半減するため、浴室を温めておくのが効果的です。

とはいえ温めすぎると、のぼせやすくなるため、様子を見ながら調整してください。

半身浴で汗が出ない人は、全身浴にしてみる

冷え性の女性は、半身浴をしても汗が出にくい人がいるかもしれません。
その場合は半身浴ではなく、全身浴にしてみると良いでしょう。

とくに動脈がある首までお風呂に浸かることで、体全体が温まりやすくなります。
血流もアップして、痩せやすい効果が得られるでしょう。

有酸素運動をセットでお風呂ダイエットをする

お風呂ダイエットで痩せるコツは、有酸素運動をプラスすることです。
朝か昼に有酸素運動をして、夜はお風呂ダイエットをすることで、1日を通して代謝がアップした状態を持続することができます。

お風呂には疲労回復の効果もあるため、運動で疲れた体を癒したり、筋肉痛を改善することもできます。
ただし運動直後の入浴は疲労が残りやすくなるため、30分~1時間は時間を空けるようにしましょう。

お風呂ダイエットの注意点

ダイエット効果の高いお風呂ダイエットですが、注意点もあります。

食後30分は入浴をひかえる

食後は胃腸に血流が集中し、消化活動をおこなっています。
その状態でお風呂に入ると、血流が全身に分散されてしまい、消化不良を起こす場合があります。

そのため食後30分くらいは、入浴を控えるようにしましょう。

食事を減らさず、栄養バランスを重視する

お風呂ダイエットの注意点は、食事制限ダイエットと併用しないことです。
お風呂はリラックス効果がありますが、意外と体力を消耗しています。

そのため食事を減らしすぎたり、空腹時に入浴すると、貧血を起こしやすくなると言われています。
お風呂ダイエットをするなら、食事量を減らすのではなく、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

アルコールを飲んだ後にお風呂ダイエットをしない

お風呂ダイエットの注意点は、アルコールを飲んだ後にはやらないことです。
アルコールを飲むと血圧が上昇して、お風呂に入ると動悸やめまいを起こす恐れがあります。

最悪の場合は意識を失ったり、命の危険もありますので、飲酒後の入浴は控えるようにしましょう。

脱水症状にならないように、水分補給をする

お風呂ダイエットでは汗をたくさん出すため、脱水症状になりやすいです。
そのためお風呂の前後や入浴中にも、水分補給をするようにしましょう。

水分不足の状態では血液がドロドロになり、代謝も低下するので、ダイエット効果が半減してしまいます。
また脱水症状は危険な状態でもあるため、水分補給はしっかりするようにしてください。

無理すると心臓に負担がかかるので注意

お風呂ダイエットは、心臓に負担がかかる方法です。
そのため心臓が弱い人にはオススメできません。

また普通の人でも体調が悪い時は、お風呂ダイエットをお休みするようにしましょう。

お風呂ダイエットでリラックスしながら効果的に痩せよう!

お風呂ダイエットの効果とやり方、痩せるコツなどをご紹介しました。
お風呂ダイエットは食事制限も運動も不要なので、簡単で効果的なダイエット方法です。

しかも汗を出してデトックスすることで、体の中からキレイに痩せることができます。
毎日のリラックスタイムを有効に使い、効果的にダイエットをしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

汗出し効果を高めるには、発汗作用のある入浴剤がオススメ。
汗だくになって、体の中も見た目もスッキリしちゃいましょう!

スポンサーリンク